このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

ウトメコトメ「こんな女うちに相応しくないけど、息子ちゃんがどうしてもと言うから貰ってあげるわせいぜいうちに尽くしなさいよpgr」

778: 名無しさん@HOME 2010/02/08 12:32:44
うちは母子家庭(父死亡)で、妹が結婚することになったとき
妹義実家の要望で行きつけの料亭とやらで顔合わせ食事会をした。面子は妹婚約者、両親と姉、こっちは母妹私

ウトメコトメ「母子家庭じゃこんないいところで食事したことないでしょpgr母子家庭pgr
こんな女うちに相応しくないけど、息子ちゃんがどうしてもと言うから貰ってあげるわせいぜいうちに尽くしなさいよpgr」
してくれて、妹と母は泣きそう。私は頭沸騰していたが妹のためだと我慢してた。
妹婚約者はぼーっとした顔で聞いてたんだけど、いきなり口を挟んできた。
婚約者「うちの親と姉はそういうつもりらしいんです。妹ちゃんがうちの嫁に相応しくないって。
で僕考えたんですけど、僕が婿に行けば問題ないと思うんです。あ、もちろんお母さんとお姉さんが迷惑じゃなかったらなんですけど」
ウトメコトメぽかーん。でその後長男が婿に行くなんてとんでもないと喚いてたんだけど
婚約者「なんで?みんな妹ちゃんがお嫁に来るのいやなんでしょ?でも僕は妹ちゃんと結婚したいんだよ」
で、私と母に頭を下げて「そういうことなのでふつつか者ですが、婿として迎えていただけますか?」
もちろんOKだよ!で、その日はぐだぐだで終ったんだけど、一週間後に妹婚約者が身の回りのものをまとめてうちに来たwww
「親不孝者は出ていけ、もう親子の縁を切るといわれたので・・・」と困った顔をしていて、そのままうちの実家に住み着いてしまったwww
今は妹夫婦+母でそこそこうまくやってるらしい。
母から「○くんのテンポなんかくるうわー」とメールがあったので「わんこみたいでかわゆす」と返しておいた。
研究職の変人だと聞いていたけど、いいやつじゃんと思った。
うちも嫁いびりがひどい姑だが、夫が姑に妹の話をして「俺も婿入りしたらみんな丸く収まると思う」と言ったら、
私トメがあわあわしてて、それ以降微妙に優しいwww

続きを読む

何十年も前に家を出て行った弟の嫁の陰口を未だに言うコトメに対し、旦那がキレた

739: 名無しさん@HOME 2010/02/06 13:49:14
読みづらかったり、ぬかっとしたらごめんなさい。

先日、トメのところにトメ妹が遊びに来たので挨拶に出た。
部屋に入って行ったとき
二人は、もう何十年も前に家を出て行った弟の嫁の話をしていた。

トメ弟が若い時に亡くなった後も嫁子は義実家と同居を続けたが
長男の就職に伴って母子皆上京し、地元へはほとんど戻っていないらしい。
トメ父母が亡くなってからはほぼ音信不通だ。

旦那情報(従兄弟経由)では、トメ父母との関係はそう悪くなかったのに
コトメ二人が実家に入り浸り嫁いびりしまくった模様。
「うちのお父さんの買ってやったものだから」と嫁や子の私物を黙って持ち出したり、
とにかくひどかったらしい。

しかしそんなことはそっちのけで
「お父さんがせっかく養ってやってたのに~」
「連絡も寄越さないなんて無礼ね~」
「あの人、何か言いつけると変な目で見返してくるのよ~」
「結局言うこと聞くんだったらはじめから素直に動けばいいのよね~」
などと●コトメモード全開で陰口を叩きまくっていた。

こっちも気分が悪くなって「もどる?」と旦那に耳打ちした。
旦那も頷いて引き揚げようとしたら、
どっちの婆が言ったのか忘れちゃったけど
「飼い犬に手を噛まれるってこういう気分?」というセリフが耳に飛び込んできた。

自分はすごく嫌な気持ちになったけど、落ち込んだだけで何も言えなかった。
でも、同時に旦那が瞬間的にキレてくれて
「犬はないんじゃないの?犬は!」と婆二人を叱ってくれた。

大したことない話だけど、自分はすごく嬉しかった。

続きを読む

うちの義兄はウトメの自慢の息子さん。ところが私から見たらすっごい変わり者で、突然姫扱いしたかと思えば、私の細かい行動を観察してるみたいで...

678: 名無しさん@HOME 2010/02/02 21:37:59
うちの義兄(30歳代独身、超秀才)はウトメの自慢の息子さん。
エリートコースだったが「通勤だるい」で仕事辞め、自宅にこもって
株やら何やらで億単位稼いでいるらしい。
(ウトメは義兄の建てたお手伝いさん付き豪邸に同居している)
私から見たらすっごい変わり者で、「○○姫、ご機嫌いかがですかな?」
と突然姫扱いしたかと思えば、私の細かい行動を観察してるみたいで
「腹黒い」だの「要領良い女」だの突っ込み入れて喜んでいるような人。
ウトメは義兄が私を気に入っていると判断したみたいで、義兄の前では
絶対に私を虐めない。
陰で嫌みを言ったり、理由もなく見下したりするが、滅多にない事なので
スルーして夫にも黙っていた。

先日義実家訪問したときに、義兄の結婚話になった。
いい人はいないの?そろそろ身を固めてもいいんじゃない?嫁子さん誰か
紹介してやってよ、というウトメに
「いやいやいや。○○姫を見てたらとても結婚する気にはならないよ。僕が
どんな良い人を連れてきても、貴方達は○○姫みたいにいびり倒すんでしょ」
としれっと言い放った。
ウトメは「そんな!」「嫁いびりなんてしてません」と反論していたが
「ぼくは色々知ってるんですよ?この家建てる時にあちこち仕掛けを
しておきましたからね。はっはっは」
ウトメ真っ青。
夫が言うには仕掛けってのは多分冗談で、昔からあんな風で、人の痛い所
をずばっと突いては去っていく人らしい。
ウトメに釘を刺してくれたのはありがたいが、私も正直気味悪いw

続きを読む

トメ「酷い風邪をひいてるから来ないで。でも来たいなら来てもいいのよ」 私「わかりましたー、いきませーん」 トメ「来たいなら来ても良いのよ!?」

776: 名無しさん@HOME 2006/12/31(日) 13:38:50
年末恒例トメの自爆劇場。
クリスマス、トメが「酷い風邪で寝込んでるから今日は来ないで」って言ってきた。
その数時間後に「でも来たいなら来てもいいわよ」と言ってきたのを皮切りに
「まだ具合は悪いけど、来たいなら来てもいいのよ」と昨日まで毎日毎日…。

仕方ないんで「こっちは気にしないでゆっくりしてください
子供達にもちゃんと言い聞かせたんで行くの我慢してますから」って言ってあげた。

トメ「来たいなら来ていいのよ~!」って繰り返し言ってたけど
「無理しないでくださいゆっくりしてください」って電話切ったw


毎年年末に、わけわからん自爆してくるんで反撃してるけど
(去年は私が実家に帰省しないと思い込んで、うちの親に
「会えなくて残念ですね~今うちに来てるんですよ~」と電話かけた。
一昨年は「孫も連れて帰省するの?預かってあげるから置いてったら?」とか言った)
今年は一段と意味不明な自爆でしたわ。

続きを読む

ウト「今年の抱負を言ってみろ!」私「育児の害になる人はたとえウトメさんであっても抵抗できるように強くなります」旦那「嫁を全力でサポートする」

71: 名無しさん@HOME 2007/01/05(金) 10:49:27
昨日近距離義実家から長い長い正月を終えて帰ってまいりました。
(普通行き来できる距離なのに親戚が来てるから泊まらないといけなかった…)

うちのウトメは完全に孫を自分の子供だと思っているらしく、
まだ5ヶ月のうちの子の育児方法をいちいち私に訂正しては
神経質呼ばわりしたり、やめてくれと言ってることを
「いいじゃな~い、だってやりたいんだもーん」みたいな甘えた声出してくる。
(口と口でチューしようとしたり、蜂蜜与えようとしたり、
育児板の確執系の手本となるようなことばかりしようとします。)

ワイワイガヤガヤやっている時に急にウトが仕切りだし、
「よし、今年の抱負を順番に言っていけ」と偉そうに。

私の番がやってきたので
「ウトメさんたちの間違ってたり古い育児方法をどんなに押し付けられても
私は私のやり方でこの子を育てていきたいと思います。
去年のように気を使うことなく、今年からはこの子の成長の
妨げになるような発言や行動をされた時は相手がたとえウトメさんであっても
ビシバシ抵抗できるよう、強い人間、強い母親になります。」
と言った。

酔っ払ったウト兄が
「おお!よう言った!○○さんのやり方で立派に育ててみぃ!成長楽しみにしてるで!」
と大きな声で言ってくれて、そのあとに旦那が「全力で嫁をサポートしていきます」と続いて抱負を言った。
トメが「やぁねwそんな決意して言うほどのこと、私たち別にしてないしwほんと嫁子さんはしんけ・・」
「ほらね、そうやって言うのが嫌なので、今年はそういう嫌なことを嫌とはっきり言うといってるんです。」と妨げてやった。
ウトは酒で赤かった顔をさらに赤くして沈黙(ハゲ頭に血管浮いてたからかなりキレてたかも)。

他の親戚の人たちも「苦労してたんだね・・・」とか
「ジジババの言うことなんぞほっとけほっとけ」とフォローしてくれたので助かりました。
その後トメは怒って台所から一切出てこず。
でも誰もトメを呼ばず。

今まで阻止するのが精一杯だったヘタレなので、自分の中ではスカッとしました。

続きを読む

義兄は40過ぎて年収が一千万になったのが自慢のリーマン。極悪な性格のせいで見合いできても片っ端から断られる

621: 名無しさん@HOME 2010/01/31 01:29:43
義兄は40過ぎて年収が一千万になったのが自慢のリーマン。
それでも嫁が来ない上に彼女もできないのはテメエの極悪な性格のせいだ、
見合いできても片っ端から断られる理由を気づけバカ、を
オブラートに包んで言っても酔ってるせいで気づきもしないバカ義兄。

従弟も従弟親もウチのウトメも必死で割って入ろうとするのに
しつこく絡む義兄を、従弟嫁さんはニコニコとひたすら笑顔で相手して、
聞くに堪えない悪口をうんうんと聞いていた。

バカ義兄がトイレに立った隙に、従弟嫁さんに頭を下げて謝りまくる従弟とその両親。
制する従弟嫁さんに、「無理するな、怒ってるだろ?」と誰かが言った時の
彼女の回答が以下の通り。

「ううん。だってさあ、もし、ママの居ない子供がママと一緒の友だち見て、
『あんな不細工なママなら居なくてもいいね。俺なら、美人で何でもできて
頭のいいママしかほしくないよ。あんなママじゃ、お前も可哀想だよな』
って言ったら、怒る?私は怒れないよ。叱ることはできるけど、腹は立たない。
その子は本気かもしれないし、同情なんて失礼かもしれないけど、
私が哀しくなっちゃうから」

思わず流れる、「あ――――」みたいな空気。
そして戻ってきた義兄に注がれる生暖かな目。
しかし義兄は黙って別の場所に座り、二度と従弟嫁さんに話しかけなかった。
嫌にトイレが長かったのは、一度戻ってきて従弟嫁さんのセリフを
聞いてしまったのでは?と思うが確かではない。

うちの夫にも「兄貴より先に結婚か、しかもそんな女と」的なことを
言って絡んだアホ義兄。少しは堪えたか。

続きを読む

コトメ至上主義のウトと、図に乗りまくりの毒コトメ。義兄夫婦と私たち夫婦で義実家に行き、外食してたらまたコトメが嫌味を言ってきた...

612: 名無しさん@HOME 2010/01/30 21:05:40
コトメ至上主義のウトと、図に乗りまくりの毒コトメ(トメは鬼籍)。
義兄夫婦と私たち夫婦で義実家に行き、
外食してたらまたコトメが嫌味を言ってきた。

コトメ「義兄嫁さん(妊娠中)超デブになったねww女捨ててるww」
ウト「顔もパンパンだなぁわははは」

コトメ「揃いも揃ってブスだよねwあんたらホント女の趣味悪ww」
ウト「そこは俺に似たのかぁ?俺も苦労したもんだわはははは」

コトメ「やっぱ結婚すると老ける~www私年上だけど絶対私の方が若く見えるって~www」
ウト「ホントだなぁ、コトメはいつまでも奇麗だしなわはははは」

コトメ「幾ら妊娠したからって専業って…wwていのいいニートじゃんwww」
ウト「お前(私)は外で働いて旦那の世話もしないから子供も出来ないんだ」

その都度怒りそうになるが、義兄嫁さんが止めるのと、公共の場だからと我慢。
でもいい加減義兄が切れて、
「いい加減にしろよ!」と怒鳴ると、義兄嫁さんが
「何もそんなに怒らなくても。例えばだよ、お父さんに
「俺はここがフサフサだけどお前は禿げてるな」って言われて腹立つ?」
ウトはてっぺんハゲの後頭部にちょっと毛が残ってる。
「何言ってんだこの禿はって思って呆れて終わりでしょ?
それと同じでろくに仕事もしてない行き遅れブスにニートだデブだブスだって言われてもねぇ…
なーんか腹立たないんだよねぇ。お父さんなんて超メタボだし」
「確かに義兄嫁さんの方が美人でスタイル良いですよね~」
義兄も夫も妙に毒気の抜けた顔で「ああ、なるほど…」w
ウトが真っ赤になって「二度と来るな!」って叫んでたからもう二度と行かない事になったw
義兄嫁さん、切れ味が凄まじいなw

続きを読む

お正月に夫の実家で義両親と義妹夫婦とお茶を飲んでいた時。ウトが突然「私さんは(子供がいないから)受験とか心配ないし楽してるねー」と言いだした

553: 名無しさん@HOME 2010/01/26 02:12:53
お正月に夫の実家で義両親と義妹夫婦とお茶を飲んでいた時。
私達は結婚14年子なしで、
義妹の娘がもうじき受験で大変みたいな話をしていた。(夫は外出)

すると突然ウトが
「私さんは(子供がいないから)受験とか心配ないし楽してるねー」と言いだした。
ええっ?!と苦笑しながら私が「すみません…」と謝ると
「私さん謝ることないわよ!」とトメが助け船を出してくれた。

トメ「思うんだけど
   ○(夫)が淡泊すぎるんじゃない?
   そもそもあなただって若い時から淡泊だったじゃない!そうよ!
   あなたに似たのよ!あの頃ほんと物足りなかったんだから…ry」
ウト「…あ、ああ、そうだな…」

急に話が思わぬ方向に向かいしどろもどろになるウト。
義妹夫婦は爆笑してました。
(義妹にあとで父がごめんねって謝られた。)

ちょっとお酒が入ってたトメは言うだけいってからうふふって笑ってましたw

続きを読む