このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

奥さんと二人でお孫さんのプレゼントにと読み聞かせが出来る絵本を買いに来てた。すると次の日、その本を返品しに若い女性と、泣いて嫌がる子供が来た・・・

412: 名無しさん@HOME 2011/07/14(木) 18:36:01.41 O
書店員の私が書きますよ

常連さんに優しそうなおじいさんがいるんだけど、去年のクリスマス、奥さんと二人でお孫さんのプレゼントにと読み聞かせが出来る絵本を買って行った
すると次の日、その本を返品しに若い女性と、泣いて嫌がる子供が来た
半分ヒスっていたので意味不明だったが、詰まるところ
「昨日、うちの舅たちが買って行ったが、こんな本を家に置いて毎日のように来る魂胆見え見え。目障りだから返品したい」
と言う内容だった
子供が隣で「読みたい!じいじの本、読む!!」と泣いていても叱り飛ばし、持っていたバッグで子供の頭を叩いていた
そこに件の常連さんが本を手にレジに来た。途端にあたふたする母親
常連さんは静かにレジの光景を見ると、泣きじゃくる子供の手を取り
「じいじのお家に帰ろう」
そう言うと、反論しようとした母親を今まで見たことのない形相で睨み付け、
「もうこの子は家で引き取る。文句は言わせない!」
そう言って、私たちに「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げると去って行った

その後、別の常連さんの情報で分かったんだけど、その常連さんは常々、嫁の孫への虐待を疑っていて、何かあったらすぐにでも引き取るつもりでいたようだ
プレゼントは別にそのためと言う訳ではなかったが、目の前で頭を叩かれ泣く孫の姿に計画を実行したらしい
(ご近所故に分かる情報なんだけど)

今は毎日のようにおじいちゃんと二人で手をつないで来るその子を見ていると、本当に幸せそうでよかった、と思う
にしても怖かった
まさに大魔神のようだった

続きを読む

母が仕事で忙しいので弁当は兄弟で頑張って作っていた。だが、兄に持たせた弁当はトイレに捨てられていた・・・

664: 名無しさん@HOME 2011/07/21(木) 20:02:44.01 0
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた)
ずっと雇われでやっていました。
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

そんな母を尊敬していたし恥ずかしいと思うことはなかったんだけど
兄が中学生になってからお弁当という問題に直面した。
遠足なんかのときは母もはりきって作ってくれてたんだけどさすがに毎日は難しい。
兄と弟と私とでなんとかがんばって、
・米を炊く
・たまごを焼く(スクランブルエッグ的ぐちゃぐちゃ)
・ウインナーをチン
・プチトマト、きゅうり
という体裁だけでもなんとか整えられるようになりました。

続きを読む

葬式に元奥さんが子供を連れて参列、そこにDQN気味のおっさんが、元奥さんに駆け寄り「帰るぞ!」と強引に腕を引っ張って・・・

732: 名無しさん@HOME 2011/07/22(金) 15:55:23.23 0
遠巻きに見ているしかなかった修羅場

親友の弟さんが若くして亡くなり、近所だったこともあって、その告別式に参列した時のこと。
弟さんは×イチで、子供は母親が引き取ったと聞いていたが(離婚の理由は知らん)
告別式にはその別れた奥さんと子供もなぜか来ていた。特に険悪な雰囲気でもなかったし、
まぁありかと思ってそれは詮索せずにおいた。他人のことだしね。

式は粛々と進んで、出棺の前に花を入れて故人と最期のお別れを・・・という時にも
元奥さんは子供を連れて棺に取りすがらんばかりの勢いで号泣し、本当に悲しそうだった。
もしかしてヨリを戻す話でも出てたんかなあ、それにしてもお気の毒に、と見ている我々ももらい泣き。
ところが、さて棺に蓋を、というところでいきなり外から怒号が。一同びっくり。
会場に駆け込んできたのは、どう見ても参列者に見えない普段着のおっちゃん、しかもDQN風味。
それがなんか訳解らないことをわめきながら元奥さんに駆け寄り、「帰るぞ!」と腕を強引に引っ張り始めた。
元奥さんは必死で抵抗して棺にしがみつく、棺が落ちそうになってスタッフやら周囲の人が慌てて押さえる、
男がわめき元奥さんがわめき返す、もうカオス('A`)
「いい加減にしてください!お葬式ですよ!!」と年かさのスタッフが一喝して、とりあえずその場にいた
全員で男と元奥さんを引き離した。ただでさえ泣ける状況なのにこの有様で、親友もご両親も違う意味でまた号泣・・・
その後、男は別室に押し込まれたようで、出棺はなんとか無事終わったものの、ある意味ブチ壊れた雰囲気は元に戻らず
悲しみの傷口にカラシをぶつけられた状態の我々は呆然と見送るしかなかった。

あとでオカンネットワーク経由で聞いた話:
・弟さんと元奥さんの離婚理由は、元奥さんの元彼の嫌がらせ(ストーカー)が度を超していたから。乱入男はその元彼
・乱入男は離婚した元奥さんをほとんど監禁状態にして結婚(勝手に婚姻届を出したらしい)
・元奥さんがこっそり抜け出してお葬式に行ったのを立腹して乱入

最終的に、元奥さんと子供はシェルターに逃げたらしいと聞いた。

続きを読む

【恐怖】家庭環境やら学校環境のせいでお互いかなり病んでいた兄が無表情で私の首を締めていた、母その状況を見ているだけ・・・

421: 名無しさん@HOME 2011/07/14(木) 20:30:45.03 O
プチ修羅場だけど
携帯からだから見にくかったらごめん。

長男29、私15の時の話。
自他ともに認めるシスコンブラコン兄妹の私達は当時、家庭環境やら学校環境のせいでお互いかなり病んでいた。

ある日、体調不良のため病院に行ってから登校することになった私。
しかし、病院から帰ってきたら立てないくらい体調が悪化したため、自室で寝ていた。
少し休憩してから登校しようとしていたら、母が「お兄ちゃんに学校まで送ってもらいなさい」と、フリーターで暇があった兄を連れてきた。
学校までは車で1時間掛かるし、兄に申し訳ないので「電車で行くから大丈夫。少し休憩させて」と断るが、母は譲らず「いいから送ってもらいなさい!」と怒る。
私は反論する気力もなく、ぐったりと寝たまま母の言葉を聞いていたら、黙っていた兄がキレた。
「早く行くぞ!」と怒鳴り私の腕を掴むも、私は立てずに引きずられる。
本当に抵抗する気力もやめてと言う気力もなく、そのまま引きずられていたら、兄が更にキレた。
気づいたら首を絞められてた。
兄は無表情。母は見てるだけ。
私も、大好きな兄に殺されるならいいかも、なんて思ってた。
不思議と苦しくはなくて、そろそろ意識がなくなるぞーって時に母が止めに入り、私は「学校に行け!」と家から追い出された。
結局学校には行けれなくて、近くの公園で休んでたんだけど、首はもちろん腕にも兄の手の跡が残ってた。

その後、母と兄がどんな話をしたかわからない。
兄を怒らせたことが申し訳なくて、数日間家には帰れなかった。
母に不信感もあったしね。
帰った頃には兄は怒ってなくて、母もその話を話題に出さなかったので、それっきり。
相変わらず兄とは仲良しです。

長くなってごめん。
今週末、兄が彼女連れてきた結婚の挨拶に来ると聞いたので、記念かきこ

続きを読む

二十代前半の時に結納して結婚式の日取りを決めるところまで進んでいた婚約者と破談にした。理由は引きこもりの姉と弟の存在を隠していたことに不信感を持ったから・・・

543: 名無しさん@HOME 2011/08/17(水) 14:28:47.96 0
二十代前半の時に結納して結婚式の日取りを決めるところまで
進んでいた婚約者と破談にした。
理由は引きこもりの姉と弟の存在を隠していたことに不信感を持ったから。

勤務先の同僚として知り合った。家族構成は、両親と一人っ子だと言うから
信じていた。お互いの親の顔合わせも結納も勤務先のあるところでして
一度も彼の家に行った事が、無いのを不審がるべきだったが、彼のスペックが
高くて同僚に羨ましがられていたので、目がくらんでいたんだよ。
若いって愚かだよね。

それが彼と結婚式場めぐりをしていた時の、担当者が彼の同級生だった。
懐かしそうに「たまには帰ってこいよ。ねえちゃん元気か?家から出られる
ようになった?弟は、高校行けたか?」話しかけて来た。彼は真っ青な顔を
して、私を引きずるようにしてそこを出てきた。それから何を聞いても
返事をしないから、家に帰って親に相談して、親が興信所を頼んだ。

姉は小学校高学年か不登校。三十になる現在も部屋から出てこないで
暮らしている。弟はニートで中学こそ行ったが、進学する高校がなかった。
気にいらないと家庭内暴力で家中たたき壊し、母親を殴り飛ばす。
それで何時会っても母親は包帯でぐるぐるだったのだとわかりました。

アホな小娘のしょい込める家族じゃないと、弁護士を入れてました。
あちらも嘘をついていたので、結納を返して結納返しで渡した時計は
返さなくていいという事で納めました。

私は勤務先をやめて勉強をして、短大卒なので大学に編入しました。
今は資格を取って働いています。

最近その彼がお見合いで、結婚したと元の勤務先の人に聞いたので
書き込みしました。

続きを読む

両親が亡くなって以来、兄に引き取られたのだが、執拗ないじめに遭い、食べるものは兄家族の残飯、部屋は庭に建てたプレハブで地獄のような生活をしていた・・・

470: 名無しさん@HOME 2011/08/16(火) 12:35:59.95 0
話が盛り上がっているのに、割入ってすみません。
お盆休みで似た話を>>354で読んだので、昔の修羅場ってことで聞いて下さい。
自分は恥かきっ子で母親が四十過ぎてからの子です。
兄が一人いて十五離れています。この兄が長く一人っ子の跡取り息子で
大事にされ何でも独り占めの性格でした。(故人なので過去形です。)
年が離れて生まれた末っ子の自分が皆に可愛がれるのが、気に食わなくて
陰でそうとういじめられまいした。
親が病気で相次いで亡くなった時自分は小学生でした。兄は結婚して
所帯をもってました。子供もいました。財産を管理するからとの名目で
兄の家に引き取られましたが、地獄でした。食べるものは兄家族の残飯。
親に買って貰った服が小さくなっても、そのまま夏でも冬でも同じ服。
部屋は庭に建てたプレハブで、冬は寒く夏は暑く暖房器具も扇風機一つ無し。
風呂は外の水道を浴びるだけ。学校では、汚い格好で給食にがっつくので
嫌がられてのけものでした。
がりがりにやせて、目玉がぎょろぎょろするようになった小六の時の担任が
気づいてくれ施設に収容されました。

施設はいじめもありましたが、食べるものもあり寝るところもあり暖かく涼しく
過ごせ風呂にも入れて天国でした。
その後兄は保護責任者遺棄で刑事責任を問われて、前科が付き勤め先も退職になり
家を売り離婚してどこかに行ったようです。

自分が成人して働いていた時に、行政から兄の面倒をみるようにと連絡がありましたが
きっぱり断りました。今年になって亡くなったと知らせがあったので遺骨を
引き取り納骨をこのお盆に済ませてきました。


続きを読む

未練タラタラな新郎側の同僚が披露宴に呼ばれ、酒が入り新婦の悪口を大声で叫び始めた。そこに振袖姿の新婦姉登場で・・・

744: 名無しさん@HOME 2011/07/22(金) 16:45:24.63 0
のほほんと活きている私には十分な修羅場。
友人が結婚して私も披露宴に呼ばれた。
新郎・新婦とも同じ会社だったが、新郎側の同僚として、失言の多いダメ男の
A太郎も呼ばれていた。
A太郎は新婦に気があり、未練タラタラの様子で、酔うにつれ新婦の悪口を
大声で叫び始めた(尻軽、浮気者、自分も誘われた、などのいいがかり)
周りの男性同僚は、あ~あ、いつもの酒癖の悪さが出たって感じで知らん振り。
女性の同僚と、やばいよね?問題が起きる前に私達であいつを追い出そうか、と
相談してたら、振り袖姿の新婦のお姉様がお酌をしにA太郎に近づいて行った。
...と思ったらビール瓶をテーブルにドン!と置いて、A太郎のコメカミに
げんこつをゴリゴリと押し当て、
「ねぇ、せっかくの披露宴だから、もっと好意的にできませんかねぇ~」
「解った?お行儀よくできる?できないなら出てってもらうけど」
その間、痛みで悶絶するA太郎。
会場の目はこの二人に注目。
新婦のお姉さんは地元のミス◯◯に選ばれた事もある、しとやかな美人。
その美しい和装の女性が、A太郎が持ち上がりそうな勢いで、げんこつグリグリ。
結局A太郎は「ごべんなひゃい」と大人しくなり、披露宴が終わる前に自分から
新郎新婦に「申し訳ありませんでしたっ」と謝罪して出て行った。
奴のせいで新婦が何か疑われていないか心配だったが、後で聞いた話によると、
新郎両親は、両家の挨拶で新婦のお姉様をみて惚れ込み、あんな奇麗な子が娘に
なってくれたら良かったのに、と「悪気は無いが」時々嫌みを言ってたらしい。
でも披露宴の凶暴な姿をみて、その発言が消えたと喜んでいた。

続きを読む

被害者達に責められて、なぜか泥ママがブチ切れ「私だって傷ついてるのよ」と叫び静まり返った。静寂を破ったのは青年2人の「ぶひゅw」という笑い声w

149: 名無しの心子知らず 2010/06/14(月) 12:11:00 ID:Xt9ZvRI2
こないだ見た泥ママの話を。

とあるファミレスへ友人と行った。通された席の仕切りを挟んだ隣には30歳くらいの女性が4人。
こっちをチラチラと気にしながらコソコソ話していたし、
なんだか険しい顔をしていたから変だな、と思ってた。

友人とお喋りしていて気付いたけど、どうも泥ママ(以下A)と、その被害者三人が話し合いをしている様子。
なんだかヒートアップしてるみたいで、声を抑えなくなってきていた。

被「あと、私の子が持ってた××(何かわからなかった。多分おもちゃ)はどうしたの?あれは絶対返して」
A「A太が気に入らなかったからオクに出した。でも200円くらいにしかならなくて…」
被「信じらんない!○○がケガしないように、わざわざ削ってからプレゼントしてくれた物って知ってた癖に!」
A「そのせいで大した額にならなかったんだから!200円払うわよ!」
被「そういう問題じゃないでしょうが!!」
A「なんで200円で怒るの?千円じゃ怒らなかったのに!」
被「だから、そういう問題じゃないっつってんでしょ!」

私も友人も、下品だと理解しながらも耳ダンボ。
他にも細々とした被害について話す被害者三人。
盗られた物は使い差しのネイルとか、石鹸一つとか、ジャガイモ二つとか、雑誌の特集ページ数枚とか、
冷凍していたお肉の残りとか、なんともチンケなものばかり。
聞いてるだけのこっちがうんざりするくらいだから、被害者の方はもっとうんざりだったろうな。

Aもうんざりしてたようで、帰ると言い出した。まだ話は終わっていないという被害者達。
警察に突き出すにも、物が物だけに突き出しにくいよな~と思っていると、
Aバンッと大きな音をたててテーブルを叩いて立ち上がり、

「もういいじゃない!私だって傷ついているのよっ!!これ以上苦しめないで!!!」と叫んだ。
店内がシンとなり、私らメダマドコー ( Д ) ゜゜゜゜( △ )

続きを読む