このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

キチ「○○ちゃんこれ売ってないんだって、でも欲しいよね~」 ○○「う、うん」 キチ「子供が欲しいって言ってるからくれませんか?良い思い出残してあげたいと思いませんか?」

686: 名無しの心子知らず 2011/09/24(土) 13:34:48.28 ID:uAB7ecF2
この前友人とTDL行ったとき、人生で初めてキチママに遭遇した。

アトラクションにスタンバイで待ってたんだけど、
前に並んでいた子連れママ(子供は女の子で幼稚園児くらい)に
「その首にかけてるネックレスって、どこのお土産さんで買えますか?」と声をかけられた。
その時着けてたのは、某アクセブランドとデ○ズニーがコラボしたもので
園内では売っていない上、数年前に買ったものだった。
なのでその旨を伝え、似たものだったらキャストさんに聞けばわかるかもしれません。と言い、
それで終わり…かと思った。

ところがどっこいこのママ引き下がらなかった。傍らの子に
「ティアラちゃん(仮名)、これ売ってないんだってぇ~でも欲しいよねぇ~」
と語りかけ、半ば無理やり同意させると
「あの、子供が欲しいって言ってるんでくれませんか?」
という斬新なアイデアを繰り出してきた。
今までの流れからまさかこんな恐喝をされるとは全くの予想外だったため、
とっさの切り返しができずに
「えっ…く、くれませんか…って、ただであげなきゃいけないんですか…?」
とどもりまくりで言ってしまった。

するとそのママン、
「見た目からするとそんなに高そうじゃないし、子供に良い思い出残してあげたいと思いませんか?」
ときた。すごい!基地外だ!
(ちなみにそのアクセは確かに見た目は安そうですが、値段は1万くらいします。)

すみません続きます。

続きを読む

キチ「あなたの小姑さん子供服ブランド店で働いてるんでしょ?服貰ってあげるわー」 小姑「ぎええええええええええええええ」

752: 名無しの心子知らず 2011/09/26(月) 21:52:47.55 ID:oEFyLQ7r
長文すみません。
この前同じマンションの有名なキチママに凸されました…。

コトメは子供服のブランドに勤めているので、
うちの娘にセール用のB品とかサンプル品をいろいろプレゼントしてくれる。
だもんですごく助かっているんだけど、ここの話を聞いててクレクレが怖いので周囲には内緒にしていた。

突撃されたのはちょうどコトメが遊びに来ていた時。
チャイムが鳴ったので出てみると、(これが迂闊でした…)
マンションで有名なキチママが。
ええ~何で…と思っていると、間髪いれずに
「また小姑さんがブランドの洋服持って来たんでしょう?
 そんなにたくさんあっても困るでしょうから貰ってあげる。
 うちのかわいい娘ちゃんが着てあげた方が嬉しいでしょ?」
と超絶理論を展開してきた。
しっかり者で気が強いトメは外出中だし、どうしようとあわあわしていると
不穏な空気を察知したコトメが心配そうに様子を伺いにきた。

コトメの顔を見てキチママヒートアップ!
「あらーあなたが小姑さんねはじめまして。
 うち○○(コトメが働いてるブランド)の大ファンなのー
 うちのかわいい娘にそちらのお洋服を着せたらいい宣伝になるわよー
 だから新作のお洋服頂戴☆えーとリスト作ってきたから参考にしてね!
 社員だったら格安で手に入るんでしょ?」
コトメこれを聞いてリアルに( ゚∀゚)←こんな顔

長いので分けます。

続きを読む

この間トラブルを起こして退園になったママがマジキチだった・・・

857: 名無しの心子知らず 2011/09/30(金) 15:47:15.04 ID:52Hhr4vw
幼稚園にキチがいて、ついに退園処分になったので記念に

キチママは旦那さんが大手製薬メーカー勤めで、家は結構裕福な方
目立ちたがりで、常に自分の子が一番じゃないと気が済まないタイプ

続きを読む

傘を持ってコンビニに入ったらキチママが「傘畳んで、傘立ておいてけよ。傘は天下の回りものなんだよ!!!」と叫んだ

658: 名無しの心子知らず 2011/09/02(金) 23:33:14.21 ID:MecQGOuD
某チェックブランドの傘を持って、コンビニまで歩いて行った。
私と娘がコンビニに入ろうとしたら、急にコンビニに入ろうとした親子連れが居た。

続きを読む

美大生の元彼に薦められほんの軽い気持ちでデッサンをやってみることに。1年後、賞を取ったのは元彼ではなく私だったwwww

301: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/25(月) 10:49:57.49 ID:r96CXsQz
十年ほど前、元彼が美大生で道具を洗ったり買出ししたり色々お世話焼きしてたけど
おうちデート中心で作業する彼にほったらかされるので退屈そうにしてたら
「デッサンやってみなよ」と言われて素描から始めた
「初々しくていい感じだよ」とか褒められたり指導してもらったりしながら1年ほど続けていた

元彼が不透明水彩でかなりの量をバンバン使うので「捨てといて」と言われて
持って帰っていたチョイ残り絵の具を水で溶いて透明水彩として使って描いた作品で
ある時、一緒に応募したコンクールだかコンペだかで賞を取ったのを元彼が知った時が修羅場だった

「発色に拘る俺が使ってる画材だからいい色が出るのは当たり前」
「素人っぽさのせいで目のきかない審査員のフィーリングにフィッティングした(原文ママ)」
「在学中に少しでも賞を取っておかなければならないのにその枠を潰された」などなど

以後、何を話しても普通には恋愛関係を維持できずに別れたけど
結婚した今でも旦那(≠元彼)と水彩は続けている
あの修羅場を絵で表わすにはどうしたらいいだろうかとか考えるときもある

続きを読む

「汚ない親父の入った後の風呂なんかには入れない」と吐き捨てた姉に母がぶちギレ、キッチンバサミを取り出して姉に掴みかかった・・・

286: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/23(土) 19:59:02.65 ID:7sC3tjr7
よくあるかもだけど、姉の反抗期が修羅場だった
高校生になったら急に態度がツンツンとして
私を無意味に叩いたりだとか帰りが遅くなったり
母にはババア、父にはジジイ、という風に言葉使いも悪くなった
で、その度に両親がたしなめたりしていたんだけど治まらず…
ある日、今日も今日とて夜遊び帰りだった姉が風呂上がりの父を見て
「汚ない親父の入った後の風呂なんかには入れない」と吐き捨てた
父は工場勤務で空調なんてのは意味のないような環境で
働いているからか、確かに少し臭いはしたけれども
父が汗水流して働いてくれてるからそうなんだって小学生の私にも理解できていた

続きを読む

地下鉄の階段で足を踏み外した女性が背中からで覆い被さってきた。このままだと俺は彼女をバックドロップしそうな体制になってしまう。俺の本能が「女を守れ!」と叫んだ!!

147: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/19(火) 13:47:32.54 ID:Ip7uy3nR
一ヶ月ぐらい前、通勤途中の地下鉄の階段を上っているときに
上の方から急いでる感じで駆け下りてくる女性がいた。
俺とぶつかりそうになって、あわてて身体を横に捻って避けようとしたらしいのだが
そこで足を踏み外したっぽく背中からで覆い被さってきた。
下りの勢いがついていたから、ものすごい力で
このままだと俺は彼女をバックドロップしそうな体制だった。
階段は確か10段ぐらいは登ってたと思うから、投げては人殺しになりかねん。
俺の本能が「女を守れ!」と叫んだ。
彼女を抱きしめたまま後ろ向きにズサ―――ッと落ちて行った。
柔道やってて良かった。たぶんそのおかげで大事なところは守りながら落ちたんだと思う。
背中一面、紫色のアザが浮かび上がったものの
骨には異常がなく、特にそれ以外の怪我はなかった。
いや、怪我はあった。
大きな怪我が・・・俺の心に。
そうまでして守った女は俺の身体をクッションにして立ち上がり
発車寸前の電車に駆け込んでいった。そして消えた。
一度も振り向きもしなかった。
残されたのは呆然と転がってる俺。
まぁいっか・・・人殺しになるよりは・・・。
紫色のアザから緑色に変わり、赤に変わり・・・
やっと消えたので記念パピコ。

続きを読む

曾祖母がこどもの面倒を見てくれていたのだけど、抱っこしたまま玄関に行ったと思ったら玄関から女性のわめき声が・・・

105: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/18(月) 12:07:38.96 ID:0BgeOG4+
田舎の曾祖父母の家にこどもの顔を見せに泊まりで行ったときの話
ちょうど夕飯時で皆手を離せないときに来客があった
曾祖母がこどもの面倒を見てくれていたのだけど
抱っこしたまま玄関に行ったと思ったら玄関から女性のわめき声が
驚いて駆けつけると女性が頭抱えて髪振り乱しながら叫んでた
と思ったらぱっと真顔になって
隅に避難していた曾祖母から娘を奪うような仕草で土足であがってきたので
危険を感じて思わず突き飛ばしてしまった
女性はよろよろと座りこんで最初はすすり泣いていたんだけど
だんだん泣き声が大きくなっていき最終的には過呼吸に
騒ぎを聞き付けた近所の人が集まってきて大騒ぎになった
自分はというと、大事にしてしまったあああ
これは正当防衛正当防衛と頭の中ぐちゃぐちゃになりながら
曾祖母とこどもと一緒に奥へ避難していたのでその後は伝え聞いただけなんだけど
呼ばれて駆けつけた女性の旦那さんと
騒ぎを聞き付けて帰ってきた私旦那で
「嫁になにをした!」「それはこっちの台詞だ!」と怒鳴り合いをしていたら
女性が立って、何事もなかったかのように一人で家に帰っていったらしい
ちなみにその女性の旦那さんというのが、夏休みの度に一緒に遊んでいた友達だったということも後で知った
友達(女性の旦那さん)から聞いたところによると
奥さんは自然には排卵できない体質で
こどもは欲しい、でも試験管ベビーはいやだ(治療は薬飲むだけでよかったらしいんだけど)と悩んでいたらしい
ただ、その騒ぎの当時で結婚から半年しか経っていなかったそうなので
そこまで思い詰めるものなのかなーと言う気はする
こどもに万が一のことがあってもいけないからと予定よりかなり早く曾祖父母宅を後にしたんだけど
その後曾祖父も曾祖母も立て続けに亡くなってしまったので
最後の思い出がアレか…と今でも思い出す度に悲しくなる
こどもは度胸があるのか鈍いのか、ぐっすり眠ったままだったのは不幸中の幸い

続きを読む