このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

修羅場

トイレの個室に忘れた私のサンダルを盗んだ泥ママ。店員が問い詰めても自分のだと譲らず、困っていたら泥子の一言で・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
233: 名無しの心子知らず 2010/06/28(月) 19:55:43 ID:olYi06pQ
泥ママってほんとにいるんだね。

今日イトーヨ○ドーの中のショップでサンダルを購入。
トイレの個室に置き忘れた。
手を洗ってすぐ気付いたので個室へ戻るもすでに使用中だった。

出てきた小さな女の子を連れたママの手に靴屋の袋があったので
ナチュラルに「あ、それ私が忘れたんです、すみませんー」と手を伸ばしかけたら
「あんた何?これは私のだけど!」って怒られた。
えええ?と思って個室を覗くが紙袋は見当たらず。
振り返ってやはり自分のだと思う、中身を確認させて?って言ったら逃げる。
トイレから走りながら大声で「泥棒ー!返してー!そのサンダル25.5センチ最後の一個だったの!!
返してくださぁああああああい!!!!!」って叫んでたら店員さん到着。
泥ママはふぁびょってたけど店員さんにレシート見せてと言われてママレシート出せない。
でも絶対自分のだと言って譲らない。
ずっとこっちを「キチガイばばあ!ムカつく!いい加減にしろよ!」って怒ってて怖かった…
店員さんと一緒に靴屋の店員さんのところに連れて行かれたとこで子供が「ママ23センチだよねー♪」と言い放ちママが
「こんなデカいサンダルいらねーよ!!!ドブスが!!!」
って叫んで紙袋投げつけられた。

そしてその隙にママ子供の手をつかんで逃走。

私もママも大声で騒ぎまくったもんで周囲はガン見状態…
恥ずかしかった。

続きを読む

忽然と姿を消した私のおしゃれ付け毛、中途半端なおだんご状態が恥ずかしくて必死に探してたら悲鳴が聞こえて・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
103: 名無しの心子知らず 2010/06/26(土) 22:45:56 ID:0xtBg5Od
児童館での出来事。
ダイソーで買った「おしゃれつけ毛」を付けてたんだけど、それが忽然と姿を消した。
どこで落としちゃったんだろう?とあちこち探すも、出てこない。
ママ友も一緒になって探してくれてたんだけど、どこにも落ちていない。
おしゃれつけ毛を失った私の髪の毛は中途半端なおだんごで、何となく恥ずかしいので、
一刻も早く見つけねば!と焦っていた。

その時、入り口のところで悲鳴が聞こえた。
何事ぞ!と皆で駆けつけると、何度か見かけたことのあるママさんが雨の中傘もささずに走り去っていった。
入り口のところには私の傘とおしゃれつけ毛が落ちていた。

目撃者によると、そのママさんは私の傘を持って行こうとしていたらしい。
児童館の外に出て傘を開いたところで悲鳴を上げ、傘を投げ捨てて走り去ったみたい。
で、ここからは推測なんだけど、おしゃれつけ毛は傘に引っかかって取れちゃってたのかなと。
知らずに傘を開いたら、おしゃれつけ毛が飛び出してビックリ!なのかなぁと。
傘を閉じるときに気づかないはずねーよ!とは思うんだけど、
たかだか105円の品を盗んで傘に隠しておく(しかも私の傘に)人がいるとも思えないし。

とりあえず傘が盗まれなくてよかった。
おしゃれつけ毛は雨に打たれて残念な感じになってたけど。

続きを読む

フードコートでポケーっとしてると私に向かって走ってくる若い女性が。すれ違いざまに財布を投げてきて、「あいつに命令されたのよ!あいつが犯人よ!」と叫んだ…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
767: 名無しの心子知らず 2010/06/23(水) 16:24:35 ID:3O4nB6Da
流れを無視してカキコ。
まだ興奮しているので、読みにくくても見逃しとくれやす。

フードコートで珈琲とドーナッツ食べつつ、ソファにもたれて
ボケーっとしてたら、ベビーカーを押した若い女性が
物凄い勢いでで私に向かって走ってきた。
そして、すれ違いざまに私に向かって財布をポーンと投げてきた。
財布はポテンと私の膝の上に落ち、何が起きたのか理解できず動けない私。
すると別の女性が警備員と一緒に走ってきた。
警備員は泥を取り押さえ、女性が私の財布、返して!と泣きながら叫ぶが、
泥は私は知らない。私関係ない!と大声で反論。
挙句の果てに私を指差し、あいつよ!あいつが犯人よ!!
あいつに命令されたのよ。私悪くない!と泣き出す始末。

勿論、直ぐに疑いは晴れたが、あんなのが母親だなんて
胸糞悪いったらありゃしない。


ムカツクので厄落としカキコ

続きを読む

警察が来た事に気づいた泥ママが突然家に来た。そのまま取り調べになったんだけど、途中でブチ切れた泥ママが灰皿で私の頭を殴り…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
738: 名無しの心子知らず 2010/06/23(水) 12:42:13 ID:4LNGVXjA
すみません、ちょっと混乱してるんですが相談に乗って下さい。
ママ友に某プロレスラーのシャツを盗まれたっいぽんですが、あぶり出しメール送っても大丈夫でしょうか?

いつもこのスレ見てるのに、今は混乱してどうしたら良いか分かりません。

続きを読む

AママとBママは仲良し。どこでも一緒に行くし、経済力も同じくらいでこの辺では上品な人たち。ところが子供同士は上下関係ができたいた、それを知ったBママがついにキレ・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
911: 名無しさん@HOME 2011/06/14(火) 17:45:08.62 0
ママ友グループの修羅場。
AとBは仲良し。どこでも一緒に行くし、経済力も同じくらいでこの辺では上品な人たち。
Aは戸建て派閥、Bは万村派閥で、2人とも顔が広かった。ママ同士はどちらが上という
ことはなかったけど、子供同士は上下関係ができた。
・体格の大きいAの子がジャイアン。
・気の弱いBの子がスネオ。

3歳同士そんな関係になりがちなんだけど、Bママがキレた。Aママの悪口&Aの子の
暴れっぷりを吹聴。無関係なご新規の公園来場者にまで吹き込んだ。
元々体格がいいからAの子は公園でも遠巻きにされがちだったんだけど、噂でさらに
遠巻きにされた。実際はAの子は女の子には優しかったし、男の子同士でもめても
しつこい子ではなかった。Bの子はしつこいし、すぐママに言いつけるし、まんまスネオ。

いつも人に囲まれていたAママは、ポツン。遠くの公園まで遊びに行くようになったが
そこで出会った見知らぬママにまで噂が及んだのを知って、そっと引っ越して行った。
その後私は転勤で引越しになったけど、噂ではBの子のスネオ→マザコン化が激しいらしい。

「あなたはどっちの味方なの!」とBママに聞かれたのが個人的修羅場w
味方も何も私は『派閥外pgr対象』だったのに、怖かったー。

続きを読む

ある教官が気が弱い女子生徒をさんざんいびって入院まで追い込んだ。彼女が入院してからも 彼女の容貌や家庭環境のことまで長々としていた・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
979: 名無しさん@HOME 2011/09/12(月) 07:41:27.92 0
ある大学での話。

ある教官が気が弱い女子生徒をさんざんいびって入院まで追い込んだ。
彼女が入院した時も、研究室のメンバーを全員呼び集めてから、
彼女の容貌や家庭環境のことまで含めた下品な罵倒を長々としていた真っ最中。
当然教授会で問題になって査問が開かれる。

教官は涙を流して、「どんな処分を受けても構わない。謝罪の機会をもらえたらそれでいい」と訴える。
その結果、女子生徒の退院を待って、その教官と女子生徒の間に話し合いの機会が持たれることに。
立会人として女子生徒の母親と、担当委員を務める教官が同席。
その席で教官は泣きながら土下座して謝罪。
その様子にうたれた母親は女子生徒に教官を許すように促し、担当委員ももらい泣き。
女子生徒は教官を許して、処分なしで決着が付いた。

それから2ヶ月後、研究室に復帰することなく女子生徒は退学した。
教官のことを思い出すだけで怖かったのに、毎日教官は激励の電話やメールを送ってくるわ、
家族も教官を褒めて早く復帰するように促すわで逃げ道がなくなったみたい。

これがなぜ修羅場かというと、その教官が彼の父で昨日紹介された時に、
いきなり差別発言も含めた強烈な罵倒をマシンガンのように吐き出してきて、
私が泣き出してしまったら、「自分は相手のことを思いやって心を鬼にしてるのに、わかってもらえなかった例の一つ」としてこの話をあげたから。
靴も履かないで走って帰った。やっと落ち着いたから吐き出す。

続きを読む

死ぬ間際のじい様が「姉妹で力を合わせてな、この家を頼むぞ」と残した結果、じい様の枕元で姉妹同士の口喧嘩勃発!

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
782: 名無しさん@HOME 2011/09/08(木) 23:45:51.18 0
じい様が倒れた時のこと。
病院の、危篤のじい様の枕元に集まったのは、長女とその娘、次女とその息子、独身三女。
ばあ様はすでに亡く、長女次女の夫は急なことでまだ仕事先から戻れない。
苦しい息の下、じい様は言った。
「姉妹で力を合わせてな、この家を頼むぞ」
長女は言った。
「安心して、長女の責任で家はしっかり私が守るわ」
次女は言った。
「男孫がいるウチがちゃんと継ぐで安心して」
三女が言った。
「姉ちゃんたちは嫁に行ったが、私はじい様の姓のままだし、婿取って家のこすから心配すんな」
そのまま、長女が継ぐのが当然、いや、男孫がいるウチが当然、跡継ぎいない三女は遠慮しろ、
何いうか、家を継ぐのはじい様姓の人間に決まっとる嫁に出た姉ちゃんたちじゃねえ、
などなどと、瀕死のじい様の枕元で口喧嘩。
眠りについたじい様の目元には涙が滲んでいた。

ドン引きしたし、それを見て、じい様の1周忌済んでから母と(巻き添えで父とも)疎遠になったけど。
今になって思うと、じい様、財産ボチボチあったんだから、ちゃんと遺言書いとけよ。
そうでなくても仲悪かった姉妹が相続時だけ一致団結するわけないだろう。
目下、遺産分割でまだ係争中らしい。

続きを読む

母が体験した修羅場、母が小学生だった頃トイレ行こうと一階までいくと、そこには血だらけのみたことない女性が倒れていた・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
232: 名無しさん@HOME 2011/08/31(水) 21:14:12.76 0
母が体験した修羅場。今から約50年前のことです。

母は当時小学生。母の実家は、大きな商家で住込みの弟子が常時15人以上はいた。
母を含め経営者一家は3階だての3階、弟子は2階、トイレや風呂などは一階。
そんな感じで住んでいたそうだ。

ある夜、小学生だった母が夜中に尿意を覚えてトイレにいこうと、1階までいくと血だらけのみたことない女性が倒れていた。
びっくりして叫ぼうとすると、後ろから手で口を塞がれて意識を失った。
ここで一端、母の記憶は途切れます。次に気付くと病院のベッドで目を覚ました。

母の口を塞いだ犯人は、当日住込みで働いていた弟子の1人で、母がみた血だらけの女性はその弟子の恋人で、別れ話のもつれから刺したそうです。
祖父は夜中に弟子が抜け出していないかみるために、真夜中に巡廻しており、ちょうどその時に口を塞がれて意識を失った母を発見。
そのまま、弟子と格闘し、祖父も刺されながらなんとか身柄を確保し警察につきだしたそうです。

女性や祖父を刺した包丁が、祖母のものであったことや弟子を監督できなかった責任者をとって、事業は縮小し、
預かっていた弟子は全員祖父の知人に託したそうです。
それ以降は一族だけで事業をすることになり今に至っています。

続きを読む