このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

修羅場

ママ友達と集まっていた時につい、知り合いのAママが頻繁にクレクレしてくる事を喋ってしまった。するとその日の夜にAママ本人が凸してきて大騒ぎ・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
287: 名無しの心子知らず 2010/11/26(金) 15:24:44 ID:ljs4AOpl
泥かセコか微妙なのを投下したいけど大丈夫かな?

288: 名無しの心子知らず 2010/11/26(金) 15:26:26 ID:kIEQIVtd
>>287
どうぞー

続きを読む

ゼミ生のお祝いの会があり、会場に移動中、後輩女2人がいなくなっていた。心配になって探してみるとチャラ男にナンパされていて助けに行くと・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
128: 名無しさん@HOME 2011/11/03(木) 21:32:21.74 O
大学生の時、ゼミの中でおめでたいことがあり、お祝いの会が池袋であった
ゼミ生と院生、教授たち全員で大学からその場所に移動したんだけど、その時の話
ゼミの後輩に2人、軽くイマドキな女の子がいたが彼女たちの姿が池袋駅で見えなくなった
心配になり、教授の許可を得て元来た道をたどると2人がチャラ男たちにナンパされていた
普通なら断るだろうが2人は「え~ど~しよっかな~」とかまんざらでもない様子
実はそれまでもこの2人がちんたらしていたせいで、約束の時間もかなりオーバーしており、急ぐのと2人の態度にカッとなり無言で2人の腕を引っ張った
すると「いった~い!」と1人が叫び
「先輩何するんですかぁ」と言って来た
「別に私たちがいなくてもいいじゃないですかぁ。ほっといて下さい」
そう言われてほっとけるはずがない
田舎者故の小心で彼女たちが心配だった(絶対に遊ばれて、何かクスリやらされて・・などなど)
「何言ってるの!先生たちも心配してるの。早く行くよ!」
と尚も腕を引っ張っると男たちは私に
「何なら先輩も来ない~?」
と言って来た
「お断りします」
と2人を連れて行こうとして、止める男たちと揉み合いになった

続きを読む

中学のときの授業参観でのこと、母親たちのあまりの香水臭さに酔ってしまった。席を立ってトイレに行こうとしたのだが・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
819: 名無しさん@HOME 2011/10/30(日) 22:24:57.41 P
空気読めず豚義理

中学のときの授業参観でのこと
母親たちのあまりの香水臭さに酔った
自分の母がまったく香水つけないってのもあって
免疫なかったのかもしれないけれど、あまりにも臭くて臭くて
窓際の席だったから先生に「窓開けてもいいか」と聞いたら
「だめ」といわれ、必死に耐えたけど
気持ち悪さがMAXになって、これは吐くと思い
席を立ってトイレに行こうとしたけれど
教室の後ろには香水臭いおばちゃん多数
そこを通り抜けないとトイレには行けない
息しないようにしたけど、無理で途中で力尽きて吐いた
午後一の授業だったから、昼ごはん全部吐いた
近くにいたおばちゃんが背中さすってくれたけど、この人も香水臭かった
だから、余計に吐いた
悲鳴があがる教室で「香水。。。気持ちわる。。。。」と言って吐きながら気絶した


次の授業参観から「過度な香水はご遠慮ください」の文字があった。

続きを読む

中学校の頃、たまたま部活休んで早めに家に帰ると家が燃えていた。原因はじいちゃんの寝タバコなんだが、警察に保険金殺人に疑われ・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
923: 名無しさん@HOME 2011/10/31(月) 18:27:56.34 0
919書いて、自分の修羅場思い出したんで書いてみる。
もう20年以上前の話だ。

当時俺は中学生、たまたま部活を休んでいたんだ。
そうしたら室内火災報知機がけたたましくなってじいちゃんの部屋がボヤになってた。
原因はじいちゃんの寝たばこ。
寝たばこが癖で何度言ってもやめないから(つーか体が動かなくなってたのに煙草
吸ってたからね)危ないってんで当時はまだほとんど知られていなかった室内火災
報知機をつけてた。

いろいろあって結局じいちゃんは無くなったんだが、その「いろいろ」のことを警察と消防に
何度も同じ質問受けたよ。

その日は親父もいたんだが動転して役に立たず、消火から救急車呼んで病院に付き添
ったのは俺だから、一番事情に詳しい同じ質問を日を変え場所を変え本当に何度も受けた。

その間はけっこう修羅場だった、葬式もあるし片付けもあるし事情聴取はあるし。
不幸中の幸いは建物、部屋は一切焼けなかったことだけど、それがまた憶測を呼んだ。

後から知ったんだが、どうも警察は状況から保険金殺人を疑ったらしい。
ただ、じいちゃんは昔保険屋さんと大ゲンカして生命保険一銭もかけてなかったそうで
それが決めてでようやく警察も事故と判断したんだそうだ。

ただ、中学生の俺にその容疑の一端がかけられてたことを知った時が一番の修羅場だった。

続きを読む

中学校の時友達2人とデパートで買い物してた。エスカレーターに乗ったんだけども、なんか友だち2人が私の方を向いて睨んでる、時々舌打ちまでしてた。後々話を聞いてみると・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
626: 名無しさん@HOME 2011/10/27(木) 19:40:27.52 I
結構昔の話だけど。
中学生の時、友達2人とデパートで買い物してた。
エスカレーターに友達2人が前、私がその後ろに1人で乗ったんだけども、
なんか友だち2人が私の方を向いて睨んでる。
時々舌打ちまでしてた。
私はとてもびびって、「え、なに2人とも何か私のこと睨んでない!?」というと
友達2人はニコッと「ううん、何でもないよー。」笑う。
でもそのあとまた睨む。舌打ち。
美人と可愛子ちゃんの睨み顔には迫力がある。
私はもうビビるビビる。長い付き合いだし嫌われてるという考えは頭になかったから余計にわけがわからなくて本当に困った。
そのあとエスカレーターを降りるまで何回かそのやりとりを繰り返した。

で、そのあとわかったこと。
2人が睨んでたのは私のことではなかったらしい。
本当の相手は私の後ろに乗ってた知らない女の子2人組。
何でもその赤の他人2人組はおデブな私の容姿について悪口をいっており、それを聞き怒った友達がその子達と睨み合っていたそうな。

睨み合う女の子達とその間で1人「え、何、どうしたの!?」と騒ぐおデブは結構滑稽な光景だっただろうけど、なぜか自分が睨まれていると勘違いした馬鹿な私にとってはそれが最大の修羅場だった。

続きを読む

コンビニでキチババアにお前の乗っているボードを寄越せと言われた。無視して帰ろうとするとキチババアにものすごい形相で追いかけられた

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
614: 名無しの心子知らず 2010/11/21(日) 22:43:41 ID:MG3te3b6
流れぶった切りでカキコミ

つい数日前のこと

夕方頃にボードに乗って近くのコンビニに行ったんだ
そしたらさ、コンビニ前でボードを降りた瞬間に、いきなり見知らぬおばさんが
「うちの子供がその板を欲しがってるからそれちょうだい」って言ってきた
もちろん、俺は断ったよ。
そしたらおばさんが「そんな板tくらいくれなさいよどうせ安物でしょ」
って言いながら足元のボードを取ろうとしやがった、
慌てておばさんを止めたがおばさんが少し早くボードの端っこを掴んで、ボードを持ち上げようとした

続きを読む

書店で働いているのだが、女性がやってきて本やCD、写真集等を売りに来ていた。査定をしていると「ババア!てめぇ、何、他人のものを持ってってんだよ」と男性が走ってきた・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
565: 名無しさん@HOME 2011/10/26(水) 21:14:22.05 O
買い取りもしている書店で働いているが今日あった修羅場を

カウンターで仕事をしていたら女性が
「買い取りやってると聞いたのですが」
と聞いてきた
「はい。ですが買い取りできないものもありますよ」
と言うと
「分かりました。お願いしたいのですぐに持って来ます」
と走って店を出て行った
その10分くらい後、さっきの女性が大きい紙袋二つ分を持って来た
中には本がぎっしり。「CDもあります」
との言葉にまずは必要事項を用紙に記入してもらい、すぐに査定にとりかかった
本はすべてハロプロの写真集、CDもミニモニや鈴木あみなど、今から見ると「懐かしい~!」と言いたくなるものばかり
全部で100冊はあったろうか。そのうち20数冊は買い取りできなかった
女性を呼びその後の査定価格など話している時だった
「ババア!てめぇ、何、他人のものを持ってってんだよ」
と男性が怒鳴りながらカウンターに走って来た
それに「黙りなさい!」と一喝すると「分かりました。それで結構です」と女性
「役に立たない本やCDに現を抜かしてないで仕事見つけなさい」と男性に言う
恐る恐る
「それでこちらは買い取り不能でして」
とできないものを見せると「じゃあ処分で」とあっさり
豪華版モーニング娘。初代メンバーの写真集もその中にはあった
「ファンにはたまらないよね」
と店奥で同僚が言っていたが、男性も(以下、会話の内容から息子とします)ファンだったようだ
「ふざけんなよ!処分って何だよ!」
そう言ってそれを引ったくろうとする手を女性がばしんと叩いた
「生きていくのに何の価値もないでしょ。そんなに嫌なら今すぐこれ全部を買ったお金を渡しなさい。全部自分じゃ買ってないのに甘えたことを言うんじゃない」
女性の息子への言葉と私への言葉のあまりの温度の違いが。「ぶっ殺すぞ!」
と息子が言えば
「そんな勇気もないくせに、何を偉そうに」
と笑ってもいた

続きを読む

彼女とドライブしていると農道を歩いている人影が。彼女に停められ近づいてみるとそこには女性で、片方裸足で足に血が滲んでいた。女性の話を聞いてみると・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
541: 名無しさん@HOME 2011/10/26(水) 15:28:13.88 0
10年ほど前の話だけど、転勤で郡部に行った。どちらかと言うと農村地帯。
休みの日にその当時の彼女とドライブしていた夕方に農道を歩いている人影が
あった。彼女が停めて!と言うので停めたら車を飛び出してその人影に
近づいて行った。
しばらくしてその人を連れてきた。その人は女性で片方裸足で足に血が滲んでいた。
エプロンして涙でぐちゃぐちゃでやせてひょろひょろの人だった。
彼女がこの人をこの人の実家に乗せて行ってと言うのでとまどいながら
隣県の県庁所在地まで三時間かけて乗せて行った。
後部座席で彼女と拾った人が、話していたが都会から農家に嫁いだが
奴隷のようにこき使われ実家に連絡すら出来ない。
今日はお客さんが見えるのでと朝から掃除に料理にとこき使われたが
夜はそのお客さんの寝床に行って夜伽するように言われて、辛抱たまらず
どび出して来たところを自分らが拾ったと言う訳らしい。
彼女はうんうんとうなずいて泣きながら拾った人の背を撫でていた。

拾った人の実家に着いて彼女が抱きかかえて家に連れて行ったら
家人全員が出てきて抱き合って泣いたそうだ。彼女は大反対を押し切って
嫁いだので帰れないと思っていたそうだが、連絡がとれないで家族は心配していたそうだ。
お礼を言われてお金を渡されそうになり固辞をして、連絡先だけ交換して
帰ってきた。

彼女(現妻)は、お姉さんが農家に嫁に行きいびられまくって心身壊して
戻って来たので、ああいう人は放っておけなかったそうだ。
その後拾った人は弁護士を入れ無事離婚できたそうだ。夜伽の話は仕事先で
この地区の最上のもてなしであると聞いた。普通は未婚の娘を差し出すのだが
そこは嫁を差し出すのだそうだ。子供が出来たらどうするんだろうと思ったよ。
転勤でそこからは離れたが、そんな土地柄がいまだにあるらしい。

続きを読む