このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

衝撃だった話

嫁が小学校の時、帰宅すると知らない男が家にいた。両親は男にごちそうを食べさせ、 酒を注いだり、世話をしたりする。しだいに男は嫁一家に暴力を振るうようになり・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
357: 名無しさん@HOME 2011/07/30(土) 15:41:02.05 0
嫁の修羅場。

小学校から帰ってきたら、知らない男が家にいた。
嫁は怖くて自分の部屋に隠れてた。
帰ってきた両親は男にペコペコして、ごちそうを食べさせ、
酒を注いだり、お世辞を言ったり、世話をしたりする。
嫁も呼ばれて、男の世話をさせられた。

そのまま男は家に居座り続けて、何日経っても帰らない。
次第に男は嫁一家に暴力を振るいだしたり、
物やお金を取り上げたりするようになったけど、両親は完全に言いなり。

一ヶ月ぐらいしたら帰ったけど、その後も男が家に数週間から数ヶ月滞在したり、両親が呼び出し受けたりしてた。
一家で旅行にいく時は必ず男がついてきてたし、
男が買い物に行く時に嫁や両親がお金を払わされたり荷物持ちさせられたりもしてたそう。

続きを読む

幼稚園の頃一人で留守番していると知らないおばさんと子供がやってきて、おばさん「あんた誰?ここは私の家だよ!早く出て行け!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
140: 名無しさん@HOME 2011/08/30(火) 22:41:20.62 0
子どもの頃の話。
前提としてうちは田舎で、当時は日中はどの家も鍵なんかかけてなかった。

当時私は(たぶん)幼稚園児で、夏休みだったから家で昼寝してた。
ぱっと起きたら横に知らないおばさんと、自分と同じくらいの年頃の女の子がいた。
「誰?」
って聞いたらおばさんが
「あんたこそ誰?なんでこのうちで寝てるの」
って言う。
「ここは私ん家だよ」
って反論したんだけど、おばさんは
「おまえなんか知らない!うちの子はこの子だけだ出てけ!」
と怒鳴った。
私はわけがわからなくて、親以外の大人に怒鳴られたのが怖くて家を飛び出た。

おうちがなくなってしまった。
おかあさんはどこにいったんだろう。
二度とおかあさんにも友達にも先生にも会えないかもしれない。絶望しながら遠くまで歩いた。

続きを読む

新聞屋が郵便受けに入れいていった粗品を盗み出そうした泥ママ。見つかるとファビョリながら逃げてったんだけど、お昼頃に「あんなゴミ押し付けやがって!」と凸してきた…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
601: 名無しの心子知らず 2010/06/21(月) 13:46:49 ID:QhFQV0cR
豚切りスマソ。今朝の話

ピンポーン「○○新聞です。いつもご購読ありがとうございます」要するに粗品を持って来た、と
インターホンにはカメラも付いているので、粗品を届けに来た女性が郵便受けに入れて帰るのを確認。外へ取りに出る
すると郵便受けを外側から開けてガサゴソしてる女性が。私と目が合って「あ、ちょっと上手く入らなくて」と言う
一瞬信じそうになったが、モニターで確認してるのでそれは違うだろうと。思わず「いやいやいやいや」と言ってしまった
届けに来た人より格段に若いし、と頭が少し冷静になった時、隣の家から○○新聞のおばさん(こちらは本物)が出て来た
で、この泥棒が「こいつが!盗んだ!」とかファビョりながら逃走。おばさんに粗品をもう1つ貰い(数合わせとか大丈夫なのかな?)、まあこの事は忘れるかと思っていた

しかしお昼頃

庭で物音がしたので行ってみると、先の泥棒が庭で暴れていた
「あんなゴミ押し付けやがって」とか「うちの子が飲み込んだ!慰謝料払え」とか騒いでた
なんだ泥ママだったのか、と思いつつ通報。「あいつを傷害罪で」とか喚きながらKに連れていかれました

続きを読む

友人がUFOキャッチャーにお金を入れた瞬間キチママに突き飛ばされた。「もっと金を出せ」と言い、友人のブランドバッグを寄越せと騒ぎ出した

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
496: 名無しの心子知らず 2010/06/19(土) 10:12:45 ID:MLzJdeWg
昔あった泥ママ話投稿しても大丈夫ですかね?

499: 名無しの心子知らず 2010/06/19(土) 10:37:53 ID:zp4vSNh+
>>496
おk

続きを読む

アパートで一人り暮らしを始めたら隣の奥さんが必死に下着を盗ろうとしていた。こちらに気づき、こんにちはとほほ笑む奥さんに何してんの!?と聞くと…

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
238: 名無しの心子知らず 2010/06/15(火) 23:51:01 ID:EtHBRuKg
これだけではなんなので投下。
職場のおばちゃんたちの会話を聞き耳頭巾w

アパートの二階で一人暮らしを始めた息子。
住み出して数ヶ月たった頃、ベランダに干していたパ○ツが無くなった。
風で飛んでいったのかと思っていたが、二度も続いたので盗まれたかも、と思っていた。

ある日平日の休みの日に、何気なくベランダを見たら、風も無いのにパ○ツが揺れている。
そぉっと窓を開けて近付くと、隣の奥さんが身を乗り出してパ○ツを盗ろうとしていた。
目が合って「こんにちわ」と微笑む隣奥さんに「何してんの?!」と聞くと、
「これってボクササイズパ○ツっていうのよね。家の旦那と息子に履かせたいの」と笑顔。

こりゃキチガイだと判断して、速攻110番。余罪もあり御用。
逆恨みされる可能性もあるから、とアパート引き払って実家に帰ってきたらしい。

息子が帰ってきてくれて嬉しいけど…とおばちゃんはちょっと複雑そうだった。

続きを読む

彼は妊娠を喜んでくれたのだが、どこかしら態度がおかしいような気がした。その後「ちょっと話がある。親も一緒に行く」と彼から連絡があり・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
857: 1/3 2011/07/23(土) 09:59:54.74 0
隠し事…で思い出した、個人的には修羅場だったこと。

金銭問題と旦那の性格(DVもないし、悪人ではないが家庭向きではない)が
原因で、特にもめることなくお互いの話し合いで離婚した。
金銭がらみで、恥ずかしながら離婚の少し前に自己破産もした。
子供が一人いたが、私のほうが育てる能力があったし(仕事の収入が良かった)
もちろん手放す気はさらさらなかったので母子家庭になった。

その後、彼と知り合い付き合いを深めていった。
はなから「子供がいる、×1」ということを隠さなかったし
真剣に付き合ってくれてるのがわかった時点で自己破産のことも話した。
それでも態度が変わらず、子も可愛がってくれていたし
「結婚したい」とも言われたので、彼の実家に顔見せ、というか
挨拶がてら、子を連れていったりもした。

結婚したらどこで生活しようか(彼の職場が私の現住所と離れていたため)
なんて話が持ち上がり始めた頃、私が妊娠してしまった。
彼は妊娠を喜んでくれたのだが、どこかしら態度がおかしいような気がした。
しかし話は進み、彼と結婚するには私が彼のほうに引っ越すのが妥当だろうと
勤めていた会社も退職し、後は引越し等の手続きをするまでになった時
「ちょっと話がある。親も一緒に行く」と彼から連絡があった。

急な連絡だったため「親も来るならもっと早く連絡してよ!」と
あわてて部屋を片付けたりして出迎えると、彼も両親も暗い顔をしていた。
何故そんな顔をしているのかまったく心当たりがなく不思議に思っていた。
「実は…」と彼が話し始めたのは、借金問題だった。

現時点で約300万の借金がある。理由は飲み屋がらみ。
(クラブのお姉ちゃんにプレゼントしたりだったそう)
夜の仕事でだまされたとか男女の仲狙いではなくて
単にプレゼントをあげる→ちやほやされるってのが嬉しかったらしい。

続きを読む

奥さんと二人でお孫さんのプレゼントにと読み聞かせが出来る絵本を買いに来てた。すると次の日、その本を返品しに若い女性と、泣いて嫌がる子供が来た・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
412: 名無しさん@HOME 2011/07/14(木) 18:36:01.41 O
書店員の私が書きますよ

常連さんに優しそうなおじいさんがいるんだけど、去年のクリスマス、奥さんと二人でお孫さんのプレゼントにと読み聞かせが出来る絵本を買って行った
すると次の日、その本を返品しに若い女性と、泣いて嫌がる子供が来た
半分ヒスっていたので意味不明だったが、詰まるところ
「昨日、うちの舅たちが買って行ったが、こんな本を家に置いて毎日のように来る魂胆見え見え。目障りだから返品したい」
と言う内容だった
子供が隣で「読みたい!じいじの本、読む!!」と泣いていても叱り飛ばし、持っていたバッグで子供の頭を叩いていた
そこに件の常連さんが本を手にレジに来た。途端にあたふたする母親
常連さんは静かにレジの光景を見ると、泣きじゃくる子供の手を取り
「じいじのお家に帰ろう」
そう言うと、反論しようとした母親を今まで見たことのない形相で睨み付け、
「もうこの子は家で引き取る。文句は言わせない!」
そう言って、私たちに「ご迷惑をおかけしました」と頭を下げると去って行った

その後、別の常連さんの情報で分かったんだけど、その常連さんは常々、嫁の孫への虐待を疑っていて、何かあったらすぐにでも引き取るつもりでいたようだ
プレゼントは別にそのためと言う訳ではなかったが、目の前で頭を叩かれ泣く孫の姿に計画を実行したらしい
(ご近所故に分かる情報なんだけど)

今は毎日のようにおじいちゃんと二人で手をつないで来るその子を見ていると、本当に幸せそうでよかった、と思う
にしても怖かった
まさに大魔神のようだった

続きを読む

母が仕事で忙しいので弁当は兄弟で頑張って作っていた。だが、兄に持たせた弁当はトイレに捨てられていた・・・

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
664: 名無しさん@HOME 2011/07/21(木) 20:02:44.01 0
うちの父は私が物心ついた頃から鬱病で入退院を繰り返していました。
当然まともな職につけるはずもなくずっと無職。

私と兄と弟を食べさせて学校にも行かせてくれたのは母だった。
母は美容師でしたが開業資金がなかったため(全部父の治療費と、私たちの学費で消えた)
ずっと雇われでやっていました。
美容師は若い子優遇で、店長でもない限り長くはやっていけない業界なのに
母は私たちのため、同僚に笑われながらもずっと働いてくれていた。

そんな母を尊敬していたし恥ずかしいと思うことはなかったんだけど
兄が中学生になってからお弁当という問題に直面した。
遠足なんかのときは母もはりきって作ってくれてたんだけどさすがに毎日は難しい。
兄と弟と私とでなんとかがんばって、
・米を炊く
・たまごを焼く(スクランブルエッグ的ぐちゃぐちゃ)
・ウインナーをチン
・プチトマト、きゅうり
という体裁だけでもなんとか整えられるようになりました。

続きを読む