前記事⇨女の子「ねえねえ、今日ウチ来なよ」俺「え、家行くって...おかしくね?」→断っちゃったのだが、この判断が間違いだった...【5/7】

483:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:09:11.22 ID:P1VUjXiJ0
そして、夏のコミケが来た。 
夏コミは青春って感じがして、ほんとうに楽しい。 
あくまで個人的感覚だが、
若さと情熱で溢れている。 

俺は友人のスペースで、
そに子と友人と一緒に、本を売った。 
前回同様、マッタリとだが本ははけてくれた。 

すると、予期せぬ人が訪ねてきたのだ。

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1323617346/
484:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:13:37.25 ID:P1VUjXiJ0
来たのは、石田さんだった。 
石田「よ、頑張ってるねー」 
友人「おっすー」 

俺「あーおつかれー」 
正直、ドキッとしてしまった。 
純粋に、来てくれたことを嬉しく感じた。 

この時、そに子はどんな風に思っていたんだろうか。

485:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:16:48.03 ID:P1VUjXiJ0
その後は特にイベントもなく 
コミケ終わった後 
石田さん含めて俺たち4人でメシを食べに行った。 

俺は、その最中も石田さんに
受験関連のことを聞き続けた。 
石田さんに少し惹かれていたのか、 
「美術の先生のなるんだ」
ってことばかり考えていたのか。 
両方だったと思う。 

そに子はどう思っていたのだろうか。

486:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:19:37.07 ID:P1VUjXiJ0
その後、定期的に
石田さんから連絡がくるようになった。 
俺はそれが悪い気はしなかった。 
もちろん、そに子への好意は全然生きていたし、 
石田さんとの関わりは
自分でもよく分からない感情だった。 

でも9月に入ると、
そんな寝ぼけたことを言ってられない 
大きな壁にぶち当たる。

487:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:23:24.35 ID:P1VUjXiJ0
母の体に癌が見つかった。 
元々俺の家は片親だった。 
母と、社会人の兄。
稼ぎ手も二人いたので、
経済的に困ったことはなかったが。 

兄に一度帰ってくるように言われた。 
母は入院したらしい。 

「これからどうなるんだ?」 
「母さんは、どうなるんだ?」 
混乱した。とりあえず実家に帰ることにした。

490:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:29:40.85 ID:P1VUjXiJ0
母は手術をした。 
手術は上手くいった。
しかしリウマチを発症した。 
リウマチとは、手足がかたまって、
時期に動かなくなる病だ。 
それに進行の早いものだったらしい。 

兄「母さんはなんとか大丈夫だったけど、分かってるよな?」 
俺「うん…もう働けないし、段々世話も必要になる、ね…」 

兄「お前大学辞めるとか言ってたけど」 
兄「今まで俺たち散々母さんに迷惑かけてきたんだから」 

俺「……」 

兄「諦めろ。母さん生きているウチに自立して、立派なとこ見せるんだぞ」 

この時俺は号泣していた。 
どうしてこんなことになってしまったんだろう? 
自分が世界で一番不幸なんじゃないか、って思うくらいだった。

491:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:36:48.85 ID:P1VUjXiJ0
夢が敗れた気がした。 
夢を追いたい、
でも今から大学に一から行き直したら… 
母が生きてるうちに、
立派な社会人になりたい… 

母にはどれだけ迷惑をかけたか。 
幼い頃から、
俺たち兄弟をずっと育ててくれた。 
いつか恩返しをする。 

そして、俺は人一倍人の死に敏感になってた。 
板尾を失った時のことを思い出して、
どうしようもなくなった。 

諦める。そして真面目に就活して、絵は趣味にする… 
そう、決心した。

492:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 20:38:03.72 ID:/qSLdoGG0
波乱万丈すぎわろた・・・

493:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:44:14.84 ID:P1VUjXiJ0
母が退院するまでしばらく俺は実家にいて、 
兄と協力して車を出したり、
病院に行ったりしていた。 

地元にいると大学の友だちと会えなくて辛かった。
もう授業も始まっていた。 
でも、俺はこの「諦める」と決心した時、 
まず最初に石田さんにメールした。
泣きながら。 

特に深い意味はなかったと思う。
今まで散々学芸受験の相談にのってもらったし、 
諦めるなら、はやくそのフシを
石田さんに伝えるべきだと思った。 
もちろんそに子とは電話とかたくさんしていたし。 

俺は石田さんに細かい経緯とかも伝えた。 
今思えば、石田さんには
そんなに込み入った事情まで
言うべきじゃなかったって反省してる。 

でもこういう時って、
本当に誰かに話したくなるんだよな。 
俺辛い、辛いんだよ〜って。

495:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:54:00.76 ID:P1VUjXiJ0
話ももう佳境です。
八割くらいきたと思います。 
今日中に終わることを目標にします。ごめん、長くて。 


それから数日経った日の夜、石田さんから、 
「〇〇駅に来て」とだけのメールが来た。 
その駅は俺の実家の最寄りだった。 

駅に行くと、
石田さんが笑ってベンチに座っていた。 
田舎の駅だから、平日夜でも人はまばらだった。

497:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 20:58:11.18 ID:P1VUjXiJ0
石田「ちょうど私も地元に帰ってきたからさー、元気かなと思って」 

明らかに嘘だった。
こんな時期に、大学生が帰郷なんかするか? 
まあ本当に何かあったのかもしれないが。 

俺「そうなんだ」 
石田「直接話したかった…元気かなって。無理してるんじゃないかって」 
石田さんはきまり悪そうに笑った。 

なんて言ったらいいか分からなかった。 
上手く話せなくて
何時間くらいそこに座っていたんだろう。

500:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:00:39.02 ID:2vWT++QeO
ハラハラしながらもみてるよ…!もうそろそろで終わりか…

501:名も無き被験体774号+2011/12/13(火) 21:02:31.72 ID:KYvDUGdY0
もうちょいで終わりか… 
結末を楽しみにしてる

502:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:04:06.78 ID:P1VUjXiJ0
今思えば、
石田さんは真っ直ぐな人だったんだろう。 
一瞬美保を想起したが、
それは考え過ぎだった。 

石田「華丸くんはさ…そに子ちゃんが大事だよね。」 
俺「誰よりも大事だと思うよ。」 

石田「わたしはさ…ダメかな、ダメかもね…」 
俺「……」 

嫌な予感はした。
告られたらリア充とか言われそうだが、 
この時の精神状態で、
誰かを振るというのは、きつかった。 
なにしろ石田さんとの関係性は失いたくなかった。

504:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:06:27.45 ID:KTrBpjk70
石田さんずるいぞーこのタイミングはずるいぞー

505:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:07:44.35 ID:sxn5ziRO0
ここらで焦らしてくれてもいいんだぜwwww 
アッサリ終わるには惜しい話だ

506:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 21:07:46.30 ID:P1VUjXiJ0
石田「あたしはね…華丸くんが好きなんだ…」 

嬉しいことである。とても嬉しい。 
でも、今言わないで欲しかった。
もっと別に仲良くやっていく方法もあったはずだ。 

俺「ありがとう…でも…俺は…」 

石田さんは強かった。
表情一つ変えなかった。
覚悟もしていたのかな。 

石田さんは笑って、 
石田「じゃあさ、儀式しようよ!」 
と言い出した。 

俺「儀式…?」

508:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 21:08:46.22 ID:P1VUjXiJ0
>>505 ありがとうwで
もなんやかんや言って実はまだけっこう長いから、 
今日中には終わらないかもw

509:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 21:14:21.47 ID:P1VUjXiJ0
石田「わたくし、石田ゆり子は、博多華丸のことが、大好きです。 
良かったら…付き合ってください!」 

俺「ありがとう、ごめんなさい…」 

石田「ふられちゃった」 
石田さんはニシシとばかりに苦笑いした。 

正直、その時俺は気持ちが持って行かれるんじゃないかと思った。 

石田「恋人がいる人に告白するなんて、あたし卑怯だー」 
石田「そに子ちゃんはいい子だもんね、あたしもがんばる」 

何も言えなかった。

511:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 21:17:31.10 ID:P1VUjXiJ0
石田「華丸君は頑張りすぎないでね」 
石田さんはそう言って改札をくぐっていった。 

最後まで何も言わなかった気がする。 
遠くで手を振られて、
ただ振り返すしかなかった。 

あまりに叙情的な景色だったから、
ハッキリと覚えている。 
自分でもなんだこの状況?ってなった。 

心にぽかんと穴が開いたみたいだった。

514:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:20:00.99 ID:OdZOWMJl0
俺も辛いわこんなの

515:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 21:21:11.09 ID:P1VUjXiJ0
さて、このタイミングで申し訳ないのですが、
ちょっと晩飯を食べてきます。 
なので30分ほど時間あけて、
また再開しますね〜

516:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:32:55.46 ID:OdZOWMJl0
おk 
待ってるよ〜

517:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 21:43:56.57 ID:J+ORkLJU0
このスレくる度に泣いてる

519:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 22:11:21.17 ID:P1VUjXiJ0
晩御飯からもどりました。 
正直、こんなにたくさんの人に自分の話を 
見てもらえるなんて思ってもいなかったです。 
ここまで続けるのは大変でしたが、
みんなの応援のお陰です。 

あと少しになってきましたが、
最後まで付き合って頂けたら嬉しいです。

521:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 22:20:50.22 ID:Wl6eAC7i0
おかえりー 
ゆっくりでも見てるよ

522:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 22:22:11.24 ID:EcMflnFy0
泣きそうだよ 

ゆっくりでいいから投下してってくれ

526:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 22:45:45.48 ID:P1VUjXiJ0
石田さんとの時間は、夢
を見ているかのようだった。 
まるで、中学生に戻ったかのような、
そんな青臭い自分を感じた。 

家に戻ると兄が玄関にいた。 
兄「女か。」 

昔から兄は鋭かった。 
母の病院に行かない夜は
何があってもいいように 
一緒に家にいて、
二人で格ゲーをやっているのが普通だったからだ。 
遅い時間に帰ってきたから不審に思ったんだろう。 

兄「地元の友達にでも会ってきたのか」 
俺「ま…そんなとこ…」 

528:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 22:52:33.79 ID:P1VUjXiJ0
俺は、次の日かかりつけの眼科に行った。 
思えば、小さい頃はよく母と病院にきたものだ。 
この眼科もそうだった。 

俺は診察の時先生に言った。 
俺「実は母が…」 

先生「そんなことがあったのか…華丸君が小さい時から知ってたからなあ 
辛いけど、今はそばにいてあげて」 

先生は初老のじいちゃんだ。 
これが田舎の地元のいいところだ。 

地元に戻れば、家族みたいな人がたくさんいる。 
俺は元気をだそうと思った。

529:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 22:58:29.16 ID:P1VUjXiJ0
このじいちゃんにも、
半年に一回の受診でしか会わないのに、 
こうやって心配してくれるんだ。 
石田さんだって、
心配だったんだろう… 

母のことで鬱屈としていた俺は
元気をだそうと思った。 

じきに、母は退院した。
癌の方は一旦おk、ということになったようだった。 
これからは自宅で、
クスリで再発防止の抗がん治療をするようだった。 

しかしリウマチがあったので、
しばらく自宅で療養することになった。 

あまり大学を休み続けるわけにもいかなかったので、
俺は実家から戻ることにした。

530:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:05:12.39 ID:P1VUjXiJ0
久しぶりにもどってきた。 
大学、絵、何もかもが久しぶりに思えた。 

そに子がすごく心配してくれた。 
なんだかほっとした。 

だんだんと、日常をとりもどしていく気がした。 
できる限り、実家のことを思い出さないようにしていた。 

逃げていたのだろう。
向き合うのが辛かった。

531:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:08:14.48 ID:P1VUjXiJ0
目的を失った俺は
どうしたらいいか分からなかった。 
夢…就活… 
この頃絵を描くのがすごくつまらなくなった。 

なんで描いているんだろう? 
分からなくなった。 
板尾がいたらなんて言ってくれたろう。 
なんでアイツはあんなに
絵を描くのが好きだったんだろう。 

俺は分かって気になっていたが、
分かっていなかったんだ。

534:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:14:57.61 ID:P1VUjXiJ0
そもそも、俺が絵を描くきっかけだったのは板尾。 
板尾がいなくなって、
俺は板尾の代わりに夢を追うような、 
そんな気持ちで居たのかもしれない。 

異性不信を克服するため、
また恋ができるように、
落ち込んでいた俺を板尾が 
変えるために絵を薦めた。 

今ではすっかり異性不信もなくなったし、 
そに子がいた。 

絵を描く意味が分からなかった。
絵を描く必要があるのか。 
そう考えだした。

535:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:18:46.30 ID:P1VUjXiJ0
そんな俺に、そに子が言ってきた。 
そに子「冬のコミケの当落、もうすぐだね〜」 

コミケ…? 
俺は夏にそに子と一緒に
冬コミの申し込みをしたのだった。 
と言っても、そに子が張り切っていたので、
全部そに子に任せていたのだが。 

俺「コミケ…ね。一人で本出すってのでも…いいんじゃない?」 
そに子「…え?」 

俺「いや…絵を描ける気がしないし、本出せないわ、絶対」

536:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:23:25.78 ID:P1VUjXiJ0
そに子「絵…描かないの?」 
俺「もう、描かないかもね…わかんね」 

そに子「そんなん嫌だよ…そんな華丸さん嫌だ」 
俺「なにが?」 

そに子「なんで…絵楽しいって言ってよ、一緒に楽しく絵描こうよ」 
俺「うるさいなあ、お前に何が分かるんだよ」 

そに子「なんで?急に?絵描くでしょ?描かないなんて言わないでよ!」 
俺「描かないもんは描かないんだよ、大体こんなもんなあ…!」 

珍しく、大喧嘩だったと思う。

537:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 23:26:25.17 ID:qZfDZq1S0
まだ18歳のそに子には重過ぎる事態・・・

540:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:33:35.79 ID:P1VUjXiJ0
そに子は泣きしだした。 
そに子「どうしちゃったの…嫌だよ、こんなの嫌だ…」 

俺「俺だって分からないんだよ、
なんで絵を描くのか。 
絵を描いて夢を追う、
それが全てだったんだよ。
それがなくなった今意味なんて…」 

そに子「絵を描くことに意味なんているの?
楽しくて描いてたんでしょ?」 
俺「板尾がいた時は楽しく描いてたよ…
わかんねえんだよ俺も…
アイツがいないと、描く意味ないんだよ… 
夢を追ってれば俺の中で
板尾がい続ける気がしてたんだよ…」 

そに子「そんなの全部言い訳にしか聞こえないよ!
そもそも、板尾さんの夢は
板尾さんだけの夢じゃないの!?」 

そに子は珍しく感情むき出しだった。 

そに子「逃げないでよ!現実から!
受け止めてよ…夢を諦めたって、 
華丸さんが絵を描き続ければ
板尾さんは生き続けるでしょ!?
板尾さんが華丸さんに
絵を教えてくれたんでしょ!? 
そこで描くのやめてどうするの……?」

542:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:37:38.68 ID:P1VUjXiJ0
もう、ボロボロだった。 

そに子「それに、私は華丸さんの絵が好きだもん… 
わたしだけじゃないよ、
きっと、今まで本を買ってくれた人も、
PIXIVを見てくれる人も… 
そういう人たち、
みんな寂しい想いするんだよ…」 

最早聞き取れないくらいに泣いていた。 

俺「……」 

俺はあっけに取られて、
何も言えないでいた。

543:名も無き被検体774号+2011/12/13(火) 23:44:18.29 ID:RYEBXq840
ちょっ、そに子があまりにいい人すぎて涙出てきそうだわ。

544:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:46:47.23 ID:P1VUjXiJ0
そに子がこんなに泣いている。 
俺は、俺は…… 

そに子「絵を描くのは…好きでしょ?」 

俺「……好きに決まってるだろ」 

絵を描くのは好きだ。
だから今までずっと描いてきた。 
下手なりに、もがきながら、
見てくれる人たちがいたし、 
ひたすら描きたいものを描いてきた。 

思えば、絵を通してどれだけの人に出会い、
どれだけの人に支えられたのか。 
板尾もそう、そに子もそう、
遠藤や石田さんだってそうだったろう…。 
コミケで俺の本を買ってくれた
一人一人の顔も覚えてる。 
あの日、完売した俺たちに拍手をしてくれた
隣のスペースの人たちのことも… 


気づけば俺もボロボロだった。 

俺「…描いて…みるわ…」 

そに子「わたしより可愛い女の子、描いてよ」 

俺「…それはどうかな…w」 

泣きながら笑っていた。よく分からなかった。

545:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:53:00.75 ID:P1VUjXiJ0
俺は、この年の冬コミに
全力でぶつかることにした。 

と言っても、
普段通りに描くだけだったのだが。 
普段通りのページ数で、
普段通りの絵で、
普段通りのイラスト本。 

一緒に一冊作ろうと思っていたが 
俺はこの一件で怒られたので 

そに子「どっちが早く完売するか勝負する!」 

と言われて結果個人本を描くことになった。 
頑張りつつも普段通り。 

それが楽しかった。
絵を描くのが、楽しかった。 

547:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/13(火) 23:56:49.11 ID:P1VUjXiJ0
俺は板尾に昔言われたことを思い出していた。 

「理想の女の子を紙におとしこめよ」 

やっぱりそれが楽しかった。
そに子には悪いが。 

吹っ切れてからは、
絵を描くのが楽しくて仕方なかったなあ。 
本当に楽しかった。 

でも俺にはもう時間がなかった。

549:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/14(水) 00:01:16.94 ID:sGeGsGTv0
このままいけば今日中に完結できそうです。
みなさんよかったらお付き合いください… 


そして、晴れて冬コミの日がやってきた。 
俺もそに子も、
もうワクワクが止まらなかった。 

もう、存分に楽しんでやろう、そう思ってた。 

そに子「ひえ〜…相変わらずすごい人…」 
俺「毎回サークル入場だと、なんか申し訳なくなるな…w」 

ビッグサイトのやぐら橋前には、
相変わらず信じられない数の人がいた。

550:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/14(水) 00:05:24.26 ID:sGeGsGTv0
コミケは、始まる前も楽しい。 
そに子も俺も、
相変わらず自分の本を見ると、 
興奮が止まらなかった。 

知り合い、憧れの作家さんに挨拶に行って、 
前回のコミケの話とかしたり。 

見本誌提出するのにテンパったりw 

始まる前のワクワク感、ってのは
言葉にできないものだ。

551:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/14(水) 00:10:56.19 ID:sGeGsGTv0
「これよりコミックマーケットを開催いたします…」 

ぱちぱちぱち…! 

そに子「ああ、始まった…」 
そに子は相変わらず顔真っ赤だった。 

俺「たまんないよな…この瞬間」 

そに子はオンデマンドフルカラーで30部、
俺もオンデマンドフルカラーで50くらい。 
決して冒険をした部数ではなかった。 

「新刊一部、ください」 

この言葉を聞くたびにこう、
体が熱くなるのを感じた。 

「ありがとうございます!!」 
絵を見てくれる人に
実際に向き合って本を渡す喜び。 

この日そに子も俺もそれを肌で感じた。 
去年の冬コミくらいの感動が、あった。

552:華丸 ◆vk8BsG8fow2011/12/14(水) 00:14:39.46 ID:sGeGsGTv0
「絵を描くのって楽しい…」 

「描いてて良かった…」 

そんなことを感じていた。 

そに子も俺も、午後に本は完売した。 

そに子「ど、どうしよう〜」 
そに子は案の定半泣きだった。 

俺「頑張ってよかったね。」 
これは去年の冬に板尾が言っていたことだ。 

そう、頑張って良かった。
絵を描いててよかった。 

笑ってはいたが俺も泣きそうだった。 
これからもずっと、絵を描くぞ… 

ただ、俺にはもう時間がなかった。

PickUp!