このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

泣ける話

同僚「今日は遅いからウチに泊まりなよ」私「ありがとう!お邪魔し...」同僚彼氏「あ」→ 同僚彼氏が女連れこんでギシアンしてた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
647:恋人は名無しさん04/04/20 12:04
ゆうべ、一緒に海外出張行った同期のコ(私も彼女も女)と成田からそのままそのコの家へ直行した(彼女の家のほうが会社に近いから泊めてもらう為)

続きを読む

嫁「ようせいが出た!!」俺「はぁ!?妖精?ハイハイ、で、羽は生えてた?」嫁「ハァ?何言ってんの!?陽性よ!!」俺「!?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
492:名無しの心子知らず2008/11/18(火) 23:31:17 ID:gfhQf/Px.net
泥酔してて、当時彼女の「私、子供出来ない体なの。。。」発言をすっかり忘れてた俺。

続きを読む

トメ『可愛い孫たちを見せてくれてありがとう』私「トメさん...」→ トメの遺言に思わず泣いてしまった...

このエントリーをはてなブックマークに追加
953:名無しさん@おーぷん2018/05/08(火)15:06:15 ID:xxN
先月トメが他界して行政書士さんに頼んでた遺言状の公開があったんだけど、
付言事項?だったか、遺言状って結構色々書くもんなんだね

ウトは10年前にガンで他界してて、トメもガンで亡くなったんだけど、
住んでた家屋は処分して現金化したら預金と併せて、旦那姉4、旦那3、旦那弟3とかで、
その配分にした理由も書かれてて
(我々夫婦、旦那弟夫婦は義実家から遠距離で、トメの最期の一年の通院入院は旦那姉がメインで面倒見たことへの感謝料だと)、
色々理由を書かれれば「勿論そうだよね」って気持ちにすぐになれた

宝石の一部を私お旦那弟の嫁にと書いてあって、
「美しいお嬢さんを二人も義理でも娘に出来た事は心からの喜びでした、可愛い孫たちを見せてくれてありがとう」
とか書かれてて、おべっかだとは思いつつも泣いてしまったわ

実家売却の際のご近所への粗品配り依頼とか、法事は3回忌でお仕舞にとか、お墓はウトと一緒とか、
子供が高齢になったタイミングでそのお寺の永代供養に移して墓仕舞いしてくれとか、
とにかく細かく取り決めてて、
何度も放射線治療した後作成した頃行政書士呼んで作ったらしいのに、その気力に驚いた

行政書士さんにも「100点満点の遺言ですよね、特に付言事項がすごい」と言われて、
トメの偉大さに改めて感じ入った

続きを読む

女の子「太宰治、好きなんですか?」俺「え...ぁ......ええ、はい」→ トンカツ屋で運命の出会い!?【3/3】

このエントリーをはてなブックマークに追加
トンカツ屋に繁く通ってたら人生が変わった
スピンオフ
彼女と幼なじみの対峙

続きを読む

女の子「太宰治、好きなんですか?」俺「え...ぁ......ええ、はい」→ トンカツ屋で運命の出会い!?【2/3】

このエントリーをはてなブックマークに追加
その日から俺は、無理矢理大学に行かされるようになった。
勿論、少女と同じ学年、同じ学部だ。

少女は、俺が小説を読もうとすると、その小説を俺から奪い上げ「貴方が読むのはこれ」と教科書を顔に押し付けてきた。

続きを読む

女の子「太宰治、好きなんですか?」俺「え...ぁ......ええ、はい」→ トンカツ屋で運命の出会い!?【1/3】

このエントリーをはてなブックマークに追加
1:名も無き被検体774号+2012/02/09(木) 13:21:12.63 ID:qZA5vYVTO
立ったら書く。

続きを読む

兄「やりたい様にできる日が必ず来るから、もう少しだけがんばれ」私「うん...」→ 兄が亡くなった後、その意味を知った...

このエントリーをはてなブックマークに追加
260:名無しさん@おーぷん2017/10/17(火)16:27:48 ID:fsE
うちの兄(独身)がまだ30代の若さで亡くなったんだけど、亡くなる半年ぐらい前に会った時に
「おまえがやりたいようにできる日が必ず来るから、もう少しだけがんばれ」って言われて
「そうだといいけどねー」って言いながら(そんな簡単じゃないよなぁ)と心の中では思ってた。

続きを読む

【冷めた】 彼氏「アムロ、イッキまーす!」私「...」→ 彼と初めての夜を過ごした時に...

このエントリーをはてなブックマークに追加
139:おさかなくわえた名無しさん2012/12/19(水) 11:08:29.38 ID:Ndv46KKT
さらっと、数年前に経験した思い出。
こんな時間から何だが、一応下.ネ.タ注意。

彼と初めての夜を過ごした時。
最後の瞬間、彼が甲高い声で
「○○(彼の名)いきまぁ〜す!」
と、某アニメの名台詞を叫び果てた。

冷水ぶっかけられたが如く冷めた。

続きを読む