このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

ほのぼの

【可愛い】うちの子最近どこで覚えてきたのか私と旦那の手を繋がせようとしてくるようになったwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
214:名無しの心子知らず2018/09/15(土) 23:30:48 ID:lC9ktwJn
旦那、子、私の順で手を繋ぎながら歩いてたら、最近どこで覚えてきたのか私と旦那の手を繋がせようとしてくるようになったw 

続きを読む

【ほのぼの】旦那「はいこれ!」私「これどうしたの?」→中には缶ビールとチョコレートが入っていて...

このエントリーをはてなブックマークに追加
443:可愛い奥様 2018/09/11(火) 14:34:29 ID:yvUllEHD0
先週、会社から帰宅した夫が缶ビール数本とちょっといいチョコレートが 
入ったスーパー袋をハイ、と渡してきた

続きを読む

【ほのぼの】3歳息子「これは何?これは何?」パパ「息子よ、えっとな...」→毎朝俺が〇〇している時にやってきて...

このエントリーをはてなブックマークに追加
222:名無しさん@お腹いっぱい。2018/11/27(火) 09:45:24 ID:i1VXLwIQd
息子(3歳)は毎朝俺が●してるトイレにやってきて、オモチャについてパパこれは何?これは何?と延々聞いてくる。

続きを読む

義弟嫁「おねーさんおいし?おいし?」私「うんw美味しいw」→義弟嫁にきゅんとしたんだがwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
6:名無しさん@HOME2012/04/12(木) 11:27:34.92
ここでいいのかな? 
あんまり文章上手くないけど許してね。 

この間、義弟嫁に萌てしまった。義弟嫁が平成生まれの若い子で(とはいっても綾瀬はるか似のおっとりした美人なお嬢さん)あまり喋った事がないのもあり、距離置いてた。
向こうが私と仲良くしたがっているのは旦那づてに知っていたけど、どう歩み寄ったら…と模索していた。

続きを読む

【ほのぼの】女の子「ママにあげるけーきがほしいです。」店員「ちょっとまっててね」→奥から熊みたいな店長が...

このエントリーをはてなブックマークに追加
951:彼氏いない歴774年2009/11/05(木) 00:26:49 ID:Z89Nz03G
近所にメチャクチャ美味いケーキ屋がある。美味いんだがちょっと高くて、 
ケーキの名前がアルファベット、値段がゴシックチックな両方飾り文字で読みにくい 
そのケーキ屋に、4〜5歳くらいのちょっといない位の美少女が入って来た

続きを読む

旦那「嫁ちゃんはそっちの寝室ね!俺はそっちの和室で娘と住むから!」私「じゃあご飯も別々なの?旦那くんの分作らないで良いってこと?」→すると旦那が...

このエントリーをはてなブックマークに追加
453:名無しさん@おーぷん2015/10/24(土)08:54:16 ID:UZD
昨日旦那と軽いケンカをした。

すると旦那が「もういい!別居だ!」と娘を抱いて言ったので「えっ…」って一瞬固まったら
向こうが(何故か)泣きそうな顔をして
「嫁ちゃんはそっちの寝室ね!俺はそっちの和室で娘と住むから!家庭内別居!家庭内別居!yeah!」
と言うので
「じゃあご飯も別々なの?旦那くんの分作らないで良いってこと?」
と聞くと

続きを読む

年上女「今日お昼ご飯何食べた?」私「え?」→今まで友達が出来なかった私に同性の親友が出来た話...【6/6】

このエントリーをはてなブックマークに追加

186:2011/11/05(土) 11:50:40.37 ID:N9/pQypxO
そして夕方、マキコさんと合流した。
突然降ってきた夕立に濡れながら最後という事で急遽呼び出された翔も来てくれた。
二人が集まってくれて、本当に嬉しかった

その日は最後にも関わらず、しんみりした話など一切しなかった。
いつもと同じ、馬廘話ばっかりの楽しい飲みだった。
ついつい、「じゃあまた明日」と言ってしまそうな程、みんな普通に笑ってた。
しかしやはり時は来る。
明日からはまた新しい職場の仕事が始まる。
私は最終の新幹線には絶対乗らなくては行けなかった。

続きを読む

年上女「今日お昼ご飯何食べた?」私「え?」→今まで友達が出来なかった私に同性の親友が出来た話...【5/6】

このエントリーをはてなブックマークに追加

157:2011/11/05(土) 00:51:21.33 ID:N9/pQypxO
居酒屋を辞めた私は、前より少し暇になった為
7月頭、休みを貰って帰省した。
一泊二日、かなり久しぶり帰省だった。
久々に会った家族はみんな優しかった。お姉ちゃんももう怒ってなくて、私の体調を心配してくれていた。
私はこの時来月くらいに、地元に帰る事を家族に伝えようと思っていた。

しかし中々タイミングが掴めず、言えずじまいで、とうとう二日目の夕方になってしまった。

続きを読む