このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

ウワキ

ある日知らない番号から電話がきた。女「うちの主人とあなたの奥さまがウワキした...」俺「はい?」【2/2】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
前記事⇨ある日知らない番号から電話がきた。女「うちの主人とあなたの奥さまがウワキした」俺「はい?」【1/2】

168
:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 15:18:21.45 ID:IcNJnKVuO
それならば妻を許すべきなのか?
だがそうしたら、あのとき感じた悲しみや怒りはどうなる
あの日の自分の気持ちを騙すのか?
理由があったとはいえ、妻は自分以外の男を一時的にせよ愛していたんだ
色々なことが頭をよぎった

続きを読む

ある日知らない番号から電話がきた。女「うちの主人とあなたの奥さまがウワキした...」俺「はい?」【1/2】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/12/17(土) 12:39:32.59 ID:Rjd9V4fm0
携帯からノロノロ書き込んでいきます

続きを読む

【お花畑】旦那のフリンについて相談した。義妹「旦那にフリンさせるなんて女として最低よ!」私「へ?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
44: 名無しさん@おーぷん 2015/07/05(日)16:16:21 ID:OaR
別れたウワキ者馬鹿元旦那からロミオメールがやってきたけど、こいつ頭いかれちゃったのかな

続きを読む

元ウワキ相手が作ったプリンを家に持って帰ってしまった。嫁「あんな女の作ったモノ持って帰んな!」←俺が悪いのか?

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
352: 名無しさん@おーぷん 2015/12/08(火)18:32:22 ID:B8i
ジャッジ頼む
俺=32歳、2年前会社の女とウワキ 女とは別れてる 年収450

続きを読む

【発覚】彼女の家のゴミ箱に彼女の手帳があったのでふと覗いてみたら...。

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
957:恋人は名無しさん2006/09/14(木) 19:14:15
修羅場とはちょっと違うかもしれないけど 
ウワキ話ではある、2年前の話だが 

当時 
俺24歳 社会人2年目 
彼女24歳 同じく社会人2年目 
付き合い始めは大学の時 
会社は違う会社だ 

彼女は身長コンプレックスで、身長が145ぐらいしかない 
遠くから見ると子供だし、実際飲み屋で確認されたことなんてしょっちゅうだった

続きを読む

【スカッと】先輩社員のフリンを匿名でバラしたったw→先輩社員「お前がバラしたのか!!」私(ざまぁw)

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
281:本当にあった怖い名無し2014/01/10(金) 07:24:10 ID:vXV0kbfI0
ネチネチと私の悪ロを言ったり、必要事項を教えないって嫌がらせをしてきたり、一人では無理な仕事を大量に押し付けてきていた会社の元先輩社員A(男)がいた。 
私が抗議しても考え過ぎだとか単純に忘れていただけとか鍛えているだけだとかのらりくらり。 
Aはロがうまくて私以外には外面もよくて、私とAの直属の上司Bは私を信じてくれず歯ぎしりするくらい悔しかった。 
Aが私を気に入らない理由は私がしつこいウワキの誘いを断ったからだと思う。

続きを読む

社員「〜〜さんってウワキがバレたら嫁にDVしてるらしいよw」私(それ私の旦那...)→旦那が関連会社で働いてるんだけど...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
110: 名無しさん@おーぷん 2016/07/03(日)22:26:00 ID:PVV
愚痴なんですが

旦那の関連会社で働いてるんだけど結構規模が大きくて全部合わせたら何百人の会社。

続きを読む

【衝撃】夫「結婚したい女が出来たから離婚したい」私「...」→娘をあの人に渡すぐらいなら...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
490:名無しさん@おーぷん2015/12/20(日)21:00:05 ID:CL4
ずいぶん昔のことだけど、この季節になると思いだす修羅場。
夫(今は元夫だけど、当時は)が外に女を作って、家に帰って来なくなった。
今ならさっさと別れる知恵も社会状況もあるけど、当時は
「私のどこがいけないんだろう」「いつかあの人の目が覚めてくれるだろうか」とシクシクメソメソ。
娘は小学1年生、「パパはお仕事が忙しくてなかなか帰って来られないんだよ」というのを信じて
たまに夫が顔を出すと、すっとんで抱きついていた。

続きを読む