このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

コトメ

学歴厨コトメ「マンガは脳によくないのよ。やめた方がいいわよ」うちの子「マンガによるでしょ。一括りにしないで」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
393: 名無しさん@HOME 2010/11/12 14:14:04
有名私立幼稚園→名門私立小学校と子供を受験させて入学させた
近所に住むコトメ。
3つ年上のうちの子のことで、やたらとアドバイスと称して
公立に通わせるうちに言ってくるようになった。

公立の勉強だけじゃ不十分だし、今やらせてる○ャレンジなんて勉強の
うちに入らないから塾通わせるべき、勉強はつきっきりで見るべき、
ゲームなんかさせて頭バカになるわよ、マンガじゃなくて上質の本を
しっかり読ませてあげてなど。音楽もクラッシックじゃないと子供の
脳によくないっていうのもあったし、子供の人生はある程度親がレールを
引くべきだと熱弁も奮われたこともあった。
旦那の身内だし苦手だしでモニョモニョしつつスルーしてたら、直接子供に
言うように。

コトメ「もっといい学校に行きたくない?」
うちの子「別に。」

コトメ「マンガは脳によくないのよ。やめた方がいいわよ」
うちの子「マンガによるでしょ。一括りにしないで」

コトメ「ゲームばっかりしてたらダメなのよ」
うちの子「は?何言ってんの?ゲームばっかりしてるわけないじゃん」

いつもこの調子で跳ね返す。そしてこっちにますます言ってくる。
とうとう、うちの旦那に「あんたの子は最低限の教育しか受けさせないから、
口の利き方がなってない」と言ったら、旦那が「うちは雑草の
ように育てたいんだよ。ほっといてくれ」と一蹴。
それから、ちょっと距離が置けるようになった。

続きを読む

私は地方公立で、コトメに「そんな大学しらなーーいpgr」されたが、「コトメ大学と私大学ってレベルは全然変わんないよ?」と逆にpgrしかえしてやった

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
226: 名無しさん@HOME 2010/11/09 11:41:32
ウトメは全然そんな事ないけど、コトメが学歴厨。
とは言っても本人はマーチなんだけど、現役合格が大の自慢。
私は地方公立で、コトメに「そんな大学しらなーーいpgr」されたが、
「コトメ大学と私大学ってレベルは全然変わんないよ?」と逆にpgrしかえしてやった。
そしたら
「コトメ大学は全国的に有名な大学だから倍率から何から違うから!!」
と怒鳴り返してきたけど、それ以来私には何も言ってはこない。
その代わり、高卒の義弟嫁にネチネチ絡むようになった。
他の人(義弟とか義両親とか)がいる所で言うと、フルボッコにされるので
義弟嫁が一人、もしくは私と一緒の時にしか言ってこない。
その言い方ってのが
「やっぱ…大学って人生で一番いろんな知識を入れて行く場所だから…
そこに…行ってない人…って…何て言うか…話も合わないって言うか…
知識レベルが違い…すぎ?ると?ちょっと…ねえ…」
みたいな「……」がたっぷり入る感じのいや~~~な言い方。
聞いてると本気でイラつくんだけど、
私も義弟嫁も、まあ遠距離なんでたまの事だからと無視してた。
そしてこの春、なんと義弟嫁が大学合格。
しかもいわゆる旧帝大!
破裂しそうなほどカッカしてるコトメに、義弟が
「義弟嫁子の方がずっと、なんだお前の好きな言葉、
ああ、知識レベル!知識レベル!レーヴェール!あれがずーーーっと高いんだよな!
そりゃ今まで話もかみ合わなかった訳だな!!」と爆笑。
そして今年卒業のコトメは無事就職浪人しそうな勢いだ。
先日の法事で会ったんだけど、コトメはこっちを見ようともしないw
おまけに親戚が皆で義弟嫁の「知識レヴェル」の高さをほめたたえたので
コトメは部屋にこもってしまったw
義両親が義弟に学費の援助を申し出たが、
「俺の甲斐性でやりたいから」と断っていた。
元々義弟嫁は高校で親御さんを亡くして、お姉さんとお兄さんに学費を出してもらってたそうだ。
なんかどっちもかっこいいな、って思ってスカッとした。

続きを読む

旦那「うちは無料の託児施設じゃない。何かあっても責任が取れない。大体俺はコトメが昔から大嫌いなんだ。あんな非常識な奴の子を預かる気は今後一切無い。二度と言うな!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
986: 名無しさん@HOME 2010/10/22 10:44:31
うちはコトメと近距離で全く付き合いなし、ウトメは遠距離。
コトメがうっかり年子で妊娠、おまけに離婚話が出てるらしい。

里帰りすりゃ良いのに、何故かこっちで産むそうで
トメが私に「コトメの上の子をしばらく預かれ」と言ってきた。
「アンタんちは子供ももう大きいからいいだろ!」
としつこく食い下がって来たのでキッパリ「できません」と断った。

後で旦那が電話でトメに
「うちは無料の託児施設じゃない。何かあっても責任が取れない。
大体俺はコトメが昔から大嫌いなんだ。
あんな非常識な奴の子を預かる気は今後一切無い。二度と言うな!」
と〆てくれた。
それでトメは諦めたらしく、もう先月末には産まれてると思うんだけど
連絡も何も無い。怒ってるんだろうけどシラネ。

続きを読む

義実家に行って、双子のコトメ達もパンが大好きと言う事で、あの店やこの店のパンが美味しいよね~って盛り上がっていたら、トメがいきなり怒りだしたwww

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
829: 名無しさん@HOME 2010/10/15 14:37:46
夫はパンが大好き。夫の希望で週末は評判のパン屋を巡ってパンを買い、ワインや
シャンパン、果物やチョコでゆっくり過ごす習慣になっている。
義実家に行って、双子のコトメ達もパンが大好きと言う事で、あの店やこの店の
パンが美味しいよね~って盛り上がっていたら、トメがいきなり怒りだした。
「仕事で大変な息子ちゃんに、パンだけ食べさせるなんて、どういうつもり!」
一瞬ポカーン状態だったが、コトメ達が静かに反撃してくれた、
コトメ1「毎週弟のために、パン屋を梯子して買ってくれているんだよ?大変だよ。」
コトメ2「そういえば、うち、朝は毎日菓子パンじゃん。父さん可哀相なん?」
コトメ1「お父さんは朝はご飯が良いって、20年位言ってるよね」
コトメ2「お母さん専業主婦なんに、面倒くさいって安いパン買うんだよねw」
コトメ1「さいって~!自分は朝起きれないから夫に菓子パン与えてさぁwww」
あとは、よく覚えてないけど、トメのダラ振りの晒し大会になって笑った。
トメは「いい加減にしなさい!」って怒ってたけど、コトメ達が「ぎやぁ!
鬼婆鬼婆」って声を揃えて爆笑したので、顔を真っ赤にして部屋にこもった。
さすがツインズ。息ぴったりだった。

続きを読む

10近く年下の私や一回り下の義弟嫁に対し、「あんた達と並んでも遜色ない若いアタクシ」「結婚して老けるなら結婚しないわよ」アピールをしてくるコトメ

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
737: 名無しさん@HOME 2010/10/05 12:24:18
流れ読まずに投入。

同居ウトメや旦那、近所に住んでる旦那弟夫婦は良い人なのに、旦那姉(以下コトメ、四捨五入して40独身)だけがとにかくウザい。
やたらと私や義弟嫁に対抗心を燃やし、いちいちいちゃもんをつけてくる(そしてその都度ウトメや弟たちに〆られる)。
特にウザいのが見た目や年齢に関してで、10近く年下の私や一回り下の義弟嫁に対し、
「あんた達と並んでも遜色ない若いアタクシ」「結婚して老けるなら結婚しないわよ」アピールをしてくる。

先月の連休中に、私の実家家族(両親と末妹)が遊びに来てくれたときのこと。
例によりコトメが「嫁さん達と一緒にいても浮かないでしょアタクシ」アピールを言葉の端端に匂わせる発言ばかり言い出し、
妹に向かい「私妹ちゃん、お姉さんいくつに見えると思う?」と聞いてきたので、一応空気読んだ妹が「30…2、3ですか?」と答えたら、
「ブッブー!でもそんな若く見えるぅ?正解は3●歳でーす」とコトメが浮かれて答えたら、
妹が間髪入れずに「あっ!○ちゃん(多分妹の友達)のお母さんと同い年!」と大きい声で言ったため、
コトメ以外は爆笑、コトメは怒りと恥で顔を真っ赤にして部屋から出ていった。

うちは3姉妹なんだけど、一番上の私と末妹は一回り以上歳が離れているため、末妹はまだ中学生。
確かに妹の世代だとコトメと同世代の親がいても不思議じゃないんだけど、
現実をあまり直視できないコトメにはかなりキツい一発になったと思う。

コトメが出ていった後、一応末妹には「あの人歳のこと気にしてるから、あんまりつっこんじゃ駄目よ」と注意し、
ウトメたちにも謝罪したけど「あれで現実見てくれればいいよ」と言ってくれたから、まあいいかという気分になった。


両親達が帰った後、部屋から出てきたコトメにあんたの妹は躾がなってないとか言われたけど、
「現実まだ見えないんですか?おばさん」と言ったらまた部屋に引っ込んでしまい、
その日以降から今に至るまでいちゃもんつけられることなく静かに過ごしてます。

続きを読む

20代後半くらいまで、どこに行っても学生に間違えられまくりだったというコトメ。30代半ばの現在は申し訳ないけど「元童顔」でしかない...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
463: 名無しさん@HOME 2010/09/17 17:14:51
20代後半くらいまで、どこに行っても学生に間違えられまくりだったというコトメ。
確かに童顔系の顔立ちなんだけど、30代半ばの現在は申し訳ないけど「元童顔」でしかない。
(例えるなら加護ちゃんをもっと丸顔にして且つ皺っぽくしたような・・)
でも実年齢より若く見えてた過去にすがり、今でも痛々しい発言が多い。
「職場で最初いいなと思ってた人が31歳のオッサンって知って冷めた」とか平気で言う。
しかも別に向こうがコトメに好意を持って・・とかいうわけでもないというのに。

義実家近くのスーパーで「未成年飲酒・喫煙撲滅キャンペーン中!年齢確認にご確認下さい」
とポスターがあちこちに貼られていたそうなのだけど、コトメが「あそこの店員はみんな不真面目!」
と怒っているので聞いてみれば、いわく、自分は一度も年齢を確認されたことがない!と・・。
ああいうキャンペーンを掲げるなら、ちょっとでも「怪しいかも?」と思ったらちゃんと聞くべきだと。
いや聞くまでもないし、との一言を飲み込んで苦笑していると、夫が突然大笑い。

「それあれだろ、24だか25だかのときに居酒屋で身分証明書見せろって言われた話したいだけだろw」
「っていうか脳内いまだにそのときのままで止まってるわけ?あれから10年も経つのに、ありえねーw」
「確かに昔は若く見えたけどさ、今は普通に年相応だよ。つまり、30くらいから人の倍以上のスピードで
年取ってるんだよ。そこんとこ気をつけたほうがいいから、マジでw」
「20代くらいならまだスルーできるけど、未成年・・脳内未成年・・未成年希望・・未成年の主張・・w」
「いやーすごい、あんたすごいよ!」

普段は無口(とりわけ義実家では急に無口になる)な夫、酔った勢いか突然のマシンガントーク。
コトメの顔色がみるみる変わっていって、かなり怖かったしヒヤヒヤした・・。
いやあ、スカっとはしたんだけど、寿命も縮まりました。
コトメが「マジむかつく!超うざい!子持ちのオヤジのくせに!」などと言い出して、その様子が
妙にほのぼのとしたので(夫もウトメも笑って相手にしなかったから)ほんとホッとした。
そしてやっとスカッとした。
こういう場面、体験談を読むのは面白いけど、実際に体験するのは気が小さい人間には向いてないね。

続きを読む

コトメ「なんで?なんで?東京のおばあちゃんちのほうが、遊んでくれる美人お姉ちゃんもいて、楽しいじゃない!」義兄の息子「それが疲れるんです~うわぁーん!愛媛ー!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
354: 名無しさん@HOME 2010/06/18 09:29:46
義兄ファミリー、我が家、未婚のコトメが義実家に集合した時のこと。
むりやりコトメの膝に抱かれていた義兄の息子(3歳)が、トメに向かって
「僕ね、そろそろ愛媛のばあちゃん行って良い?」
ちなみに、愛媛は義兄嫁実家の事。
それを聞いたコトメ、
「なんで?なんで?東京のおばあちゃんちのほうが、遊んでくれる美人お姉ちゃん(コトメ自身の事)もいて、楽しいじゃない!」
すると義兄の息子、
「それが疲れるんです~うわぁーん!愛媛ー!」

なんか子供って、素直!
ちなみに、「それが疲れるんです」は義兄の口癖です。

続きを読む

絶対にうちの子に「おばちゃん」と呼ばせない36歳コトメ。名前で呼ばせようとしてるんだけど、ウトメもいい年してと呆れ顔

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
865: 名無しさん@HOME 2010/05/20 11:24:40
絶対にうちの子(3歳)に「おばちゃん」と呼ばせないコトメ(36歳)。
「○ちゃん」と名前で呼ばせようとしてるんだけど、ウトメもいい年してと呆れ顔だが
コトメは、私は独身で若く見える(自称外見年齢26歳)から「おばちゃんなんて似合わないわ!」と鼻息が荒い。

こないだ子の誕生日に、たまたま日程が合ったので義実家と実家家族が集まってお祝いしてくれた。
そのとき私の姉(30歳)がうちの子に「おばちゃんだよ!おばちゃんって言える?えらいねぇ」とテンション高くはしゃぎまくり。
それを見てたトメが「若い人のほうがおばちゃんって呼ばれても抵抗ないのね」
姉「うちの会社のアラフォーお局様も、甥っ子におばちゃんって呼ばれるの嫌がって名前で呼ばせてるんですよ。
本当の<おば>なのにねえ。ちょっとみっともないですよね。コトメさんもそう思いませんか?!」
コトメ「・・・うん」
その後開き直ったコトメは「おばちゃんよ~」と子とはしゃぎまくってた。
36にしては美人で若く見えてキャリアもあるコトメなんだから、そんなことに拘らなくてもいいのに。

続きを読む