このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

スカッと

トメ「嫁子さん!うちでは親の言う事はいつでも誠心誠意キチンと聞く事になっているのよ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
201: 名無しさん@HOME 2007/07/31(火) 19:45:39 0
プチですが。
結婚以来約半年、顔をあわせる度に「ウチのやり方は~」と言うトメ。
旦那のいない時間に新居に押しかけて来て、皿のしまい方、ゴミの出し方、
洗濯物の干し方、挙句ゴミ箱からレシートを拾って買い物の内容までに口を出す。
ウザく思いつつも、ハイハイスルースルーで聞き流していた。

で、今日。
整理前でもあり、他に心配事がある私はトメの話を上の空で聞いていた。
自己愛の気があるトメ、「嫁子さん!うちでは親の言う事はいつでも誠心誠意キチンと聞く事になっているのよ!」と怒った。

「え?いつもうちのやり方はっておっしゃいますが、それはお義母様を見習って生活して、
 お義母様達みたいに別居して、お義母様みたいに人生のパートナーとやらを見つけろって事ですか?
 私はまだ夫さんと別れるつもりがないので、お義母様のやり方を見習うつもりはないんですが。
 別れると決めたら改めて相談しますので、それまでは教えていただかなくて結構です。
 あ、お義母様がよくおっしゃってた『私は自分のお姑さんとは3度しか会ってないのよ』は、今すぐ見習ってもいいですが」

・・・冷静な視線でニッコリ笑って言い返したら、ポカーンとした感じで帰っていった。
ちなみにトメは、トメのトメとは1.結婚の挨拶、2.結婚式、3.トメのトメのお葬式の3度しか会ってないと何度も私に自慢していた。
理由は「息子タンラブで気持ち悪かったから」オマエモダヨ、ペッ。
あと、彼氏作るならキチンと離婚してからにしなよ、トメ。

続きを読む

トメ「今の姑は優しいから嫁も好きにできるのよね~」私「優しい姑さんかぁ。私には縁がないですけど」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
16: 名無しさん@HOME 2007/07/23(月) 00:27:04 0
子供の幼稚園が夏休みに入ったので私の実家に子供と帰省するんだけど
それが気に入らないトメが電話してきた。
「今の姑は優しいから嫁も好きにできるんだ」という内容を
ネチネチ言われたので「優しい姑さんかぁ。私には縁がないですけど」と言ってしまった。
トメは一瞬意味がわからなかったみたいで電話が無言になった。
「私だって優しいでしょ。優しいから嫁子さんは実家に帰れるのよ」と言われたから
「優しい人はそんな恩着せがましいことは言わないと思いますよ。
というか、自分で自分を褒める人間には気をつけろと昭和一桁生まれの祖母も
言っていますし。ではおやすみなさい」と電話を切った。

あーうるせー婆だよ。

続きを読む

隣人が息子に「いくつ?」と聞いたら息子が指を3本立て、それに対しトメが「ちゃんと三歳ですと言いなさい!」と叱った。すると隣人が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
727: 名無しさん@HOME 2007/07/18(水) 17:41:59 0
私が言ったスカじゃないんだけど。
スカっとしたので投下。

GWに義実家に行った時に隣り二軒に挨拶に行った。
メンバーは私、息子、トメの三人。
隣人が息子に「いくつ?」と聞いたら息子が指を3本立てた。
するとトメが「ちゃんと三歳ですと言いなさい!」

隣人が「いやだわぁ。孫に厳しくする前にご自分の息子に厳しくしたらいいのに。
いつも挨拶に来てくれるのは三男さんのところだけじゃない。
長男さんと次男さんはどうしているのかしらね?」と言って
トメが「2人は仕事で疲れているから今は寝ているし…」と言い訳。
隣人は「起きてから挨拶に来てくれればいいだけよ。
滞在中ずっと寝ているわけじゃないでしょう?」と畳み掛けるw

ザマミロと思ったw

続きを読む

結婚後ぽっちゃりしていて、いつもトメと義姉に嫌味を言われていた。最近思い立ってダイエットして義実家に行ってみたら義姉がパンパンに太っていたw

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
402: 名無しさん@HOME 2007/07/12(木) 16:43:39 0
私は小さいころからずっとぽっちゃり目~デブ間をさまよっていた。
結婚後はぽっちゃりで落ち着いてたけど、時々「ぽちゃ」ぐらいまで痩せたり
妊娠で「ボッテリ」したりしていた。
痩せたときに舅が「痩せたな~」とか言ってくれるんですが、
その度に、痩せてる姑と義姉は顔を見合わせてクスクス。
姑は「昔から細い」のがご自慢で、いつも
「私の昔の服あるんだけど私は昔から細かったからちょっとね~。」
などと頼んでも無いのに自分で言って自分で断ってくる。
まあ聞き流していたのだけど、最近思い立ってダイエットしたら
めちゃくちゃ痩せて、美容体重ぐらいになった。
早速舅が「別人みたいになった!」と褒めてくれたら、
姑が「疲れてるんじゃないの顔色が良くないわ~」とか言い出し
「ダイエットされて綺麗になったんじゃないか!」と怒られていた。
そして先日儀実家行ったら、義姉パンパンに太ってた。
私は誰もが指摘するぐらい痩せたのに、それについてはコメント無し。
姑が昔の服をあげると持ってきたが、
「んー、チョッと大き過ぎるかも~。」って言ってやった。
夫も「体重近くても年寄りとは腹回りが違うだろよ。それにそんな古いの着るかよ!」と追い討ち。
姑は黙り込み、義姉はほとんど目をあわさなかったよ。

続きを読む

同居トメに「年取って、足腰立たなくなったり呆けたりしたらどうするのかしら」と介護の要請を遠まわしに言ってきたので...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
319: 名無しさん@HOME 2007/07/10(火) 10:31:35 0
同居トメに、
「年取って、足腰立たなくなったり呆けたりしたらどうするのかしら」
と、介護の要請を遠まわしにされたので

「あ~下の世話とかするのは、たまらんですね~~~私なら施設に入れます。
元気で自分のことが出来る間は面倒見ますが、呆けたり介護の必要な年寄りを
抱えて家庭崩壊とかまっぴらごめんですよ~~~~ねえ?そう思いませんか?」

と他人事のようにサラサラ言ってのけた。
トメの∑(・Д・;)!! から_| ̄|○||||| へ変化する様子は爽快だった。

続きを読む

ウトメ「親からもらったからだに穴を開けるなんて。私は見るだけでも嫌だ」私「私の耳を見るたびに嫌な思いをしていたんですか。それでは冠婚葬祭以外は会わないほうがいいですかね」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
232: 名無しさん@HOME 2007/07/09(月) 09:35:09 0
私は新婚当時にピアスに文句つけられたことがある。
「親からもらったからだに穴を開けるなんて。
私には娘はいないけど、もしいたら絶対にそんなことはさせないのに。
嫁子さんの親は甘やかしなんだろうけどねぇ。私は見るだけでも嫌だ」と。

「私の耳を見るたびに嫌な思いをしていたんですか。
それでは冠婚葬祭以外は会わないほうがいいですかね」と言って
その通りにしているw
旦那もウトメが嫌いなので疎遠中。

続きを読む

ウトにビールを渡そうとしたらスカートの中から尻を鷲掴みされたので、ウトのゴールデンボールにビールを叩きつけてやったwww

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
941: 名無しさん@HOME 2007/07/05(木) 00:48:54 O
ウトメ宅に行ってた夕方の出来事。
ウトにビールを渡そうとしたらスカートの中から尻を鷲掴みされた。
以前、旦那の前で乳を鷲掴みにされた事もあり、我慢できず仕返しした。
ウトの金玉めがけ、垂直に缶ビールをがつんと振り下ろした。
倒れて悶えるウトの股間めがけビールを投げ付け、泣きながら110番。
電話片手に泣き喚く私を見た旦那とトメが
駆け付けるなり、悶えるウトをボッコボコにしてくれた。
トメ、大泣きしながらウトをポカスカ。か弱いから殴るのもままならない
みたいだったので、吊してあったすりこぎと焼酎のビンを渡してみた。
夫、怒鳴りながらウトを縁側から庭に放り投げて
ウトの大事にしてるトロフィーみたいなのを投げ付けた。
来てくれたおまわりさんにちょ!やり過ぎwと言われたが
正当防衛正当防衛と主張し続けた。
実際やったのは2発。残りは夫とトメ。
とりあえず強制猥褻で訴える事ができそう。
どうにか起訴されますよーに。

続きを読む

トメ「今のお嫁さんはお盆も姑さんに顔を出さないんですって」私「トメさんはお盆には大ウトメさんに顔を出すんですよね?それじゃ、トメさんには会えないですねーまた次の機会に」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
709: 名無しさん@HOME 2007/06/29(金) 10:13:31 0
「今のお嫁さんはお盆も姑さんに顔を出さないんですって。」
とトメ電がきた。
挨拶もそこそこにこれかよ、と思ったので
「トメさんはお盆には大ウトメさんに顔を出すんですよね?
それじゃ私はお盆にはトメさんには会えないですねー。また次の機会に」と言ったら
「え、いや、そう、でも、ちょっと」と、焦っていることだけは伝わる返事だった。

続きを読む