このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

ワロタ

【ほのぼの】私のドレス姿を見た姉「こぉぉぉおんなにきれいになってうごぉえええぇええ~」→その後ビデオ映像には...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
706: 愛と死の名無しさん 2009/08/22(土) 00:22:40
私の結婚式の話。
父母のいない私は、姉だけが唯一の家族。
しかしクールな性格の姉は、結婚式に関しても「あんたたちの賄える範囲内で好きにしなさい」と淡々としていて、
そんなに興味はないんだろうなーと思ってた。

当日、親族控室に行ってみると、顔をパンパンに貼らした姉がいた。前日から涙が止まらず、化粧もできなかったらしい。
ドレスを着た私を見たとたん「こぉぉぉおんなにきれいになってうごぉえええぇええ~」とうめき声をあげて号泣。
親戚がなぐさめようとするものの「うぐ、うごごごごg」と泣き続けて止まらない。
そんな姉にお姑さんが感激してしまい「絶対に、絶対に幸せにしますからぁぁぁぁ」と抱き合ってつられ泣き。
事情の知らない旦那方の親戚にも、伯父が
「学生のうちに両親が亡くなり、お姉さんが花嫁ちゃんを一人で育てたんです。
その苦労はいかばかりか……!」
と事情を話し、親戚一同もらい泣き。
その後、式でも披露宴でも姉は泣き続け、ビデオをみると、「うぐ、うううごぉおおおごご」とうめき声が必ず入っている。
披露宴に呼んだ友達にも「お姉さんすごかったね!」と必ず言われる。

姉の姿に貰い泣きした人も多くて、「情が薄い子だ」と思われていた姉は、
「苦労して自分を押し殺し、妹を育てたけなげな子」という評価に変わった。
本人は「いや、あの時はちょっとおかしかった」と照れていた。

そして、姉の泣く姿にドン引きして涙を一滴も見せなかった私の評価は「冷たい子」に変わった。

続きを読む

祖母「女なんか氏んでいい、女を育てる金がもったいない」→切れた母は祖母をヘッドロックし、しゃもじを持って...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
515: 名無しさん@HOME 2008/02/06(水) 22:05:31 0
母が昔したDQ返し。

母のトメである祖母は、その昔テンプレな男梅教の鬼姑。
エネ夫な3人の息子たちの嫁は、一通りイジメられた。

ある日、母は次男の嫁の娘が病気で入院したことを、
「女なんか死んでいい、どうせ出て行く女を育てる金がもったいない」
と祖母が非難したことでキレた。
母は祖母をヘッドロック!!
そしてちょうどよそっていたちらし寿司のしゃもじを持って、
青い山脈を熱唱しながらリズムに合わせて祖母の頭を・・・

わー(べちっ)かくあー(べちっ)かるいうた(べちっ)ごえにー♪

のノリでひっぱたき続けた。

他の嫁さんたちは最初ポカーンだったが、すぐにノリノリで合唱。

  _  ∩  _  ∩
( ゚∀゚)彡( ゚∀゚)彡 ←こんな風に
 ⊂彡  ⊂彡

祖母の泣き声と嫁たちの合唱は、それはそれは
素晴らしいハーモニーを奏でていたらしい。

続きを読む

トメ「(ぷ~~ぅ」→私「トメさーん!今のトメさんのオナラ、人がしゃべったように聴こえましたねえ!」トメ「(顔真っ赤」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
921: 名無しさん@HOME 2007/12/12(水) 16:55:00 0
大勢で居る時にいつも私に「ん?今なにか言った?」と聞いてくるトメ。
もちろん私は何も言ってないのに「そう?うるさいって言ったような気がしたんだけど」
とか、そういうネチっこい事を仕掛けてきやがる。
他にも「なーに、そんなあからさまにつまらなそうな顔して」など(もちろんそんな顔はしていないのに)

この前トメが屈んだ瞬間に「ぷ~~~~~~ぅ」と音付きのオナラをしやがった。
周りは何の音か分からない風で「今のなんだ?」とキョロキョロ。トメもしらばっくれてるから
「トメさーん!今のトメさんのオナラ、なんか人がしゃべったように聴こえましたねえ!
あはは、あー面白い、もう一回出してください、しゃべるオナラ~~!!」と大笑いしながら
しつこく言ってやった。
トメ、顔まっ赤っ赤。周りの人も大笑い。下品で申し訳ないけどちょっとスッキリ。

続きを読む

ウト「昼飯作れ!」私「私は何も分かりません。」→ウト「いいから作っとけよ!」私「ワーターシーハーナニモワカラナイ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
468: 1/2 2007/11/20(火) 14:25:03 0
「女ってのは全く何も分かっていない。
お前みたいな小娘は夫や舅の言うことに従っていればいい」
が口癖のウト。
トメは良・・・というかウトのいいなりで空気のような人。

トメの入院に際してウト(近距離別居・家事できない)の世話を頼まれた。
昼前に義実家につくなり、
「とにかく俺の言うことに従え」とふんぞり返るウト。

なーんかもうムカついちゃった。
仰せの通り徹底的に指示待ちちゃんになってきた。

ウト「昼飯を作れ。」
私「はい、分かりました。」台所に棒立ち「何をすればいいですか?」
ウト「食材は買ってあるみたいだから冷蔵庫見てみろ」
私「はい、分かりました。」冷蔵庫を開けて「何をすればいいですか?」
ウト「??何でもいいから作れ」
私「私は何も分かりません。何をすればいいですか?」
(この辺から無表情・棒立ち・棒読み)
ウト「ふざけてるのか。早く作れ」
私「私は何も分からない小娘。ウトさん何をすればいいですか?」
ウト「いい加減にしろ!いいから作っとけよ!」

続きを読む

【ワロタ】トメの私への罵声を編集、携帯着信音にした結果www

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
277: 名無しさん@HOME 2007/11/19(月) 10:28:01 O
ぷち投下。
トメの私への罵声を編集、携帯着信音にした。
『メールメール(これは子供の声)、嫁子早くしなさいーキーッ。』
『電話だよ(同じく子供の声)、嫁子なにやってんのーまったくー、』
昨日、ウトや義兄夫婦がいた時に携帯がなり出した。
焦るトメ、なかなか電話に出なかった私。
メールの着信音時間も最長にしてた私。

その晩はウトと義兄夫婦とうちら親子で、お寿司をカウンターで戴きました。
ウトの謝罪でウトおごりでした。
トメ留守番。
夫は10日程出張でいない間の出来事です。

続きを読む

【ワロタ】ウト「そろそろ同居を...」→私「無理です!絶対無理、私、太ってるから同居できません。」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
221: 名無しさん@HOME 2007/10/17(水) 23:19:12 0
結婚する前は「そんな小さい尻で子供が産めるのか」と言われ
うっかり年子で2人産んで太ったら顔を合わせる度に
「太ったな」と言うウト。
去年、大病してから急に弱気になって同居攻撃が激しくなった。
この前の義実家訪問でも同居話の前に「太ったな」って言われてなんだか切れた。
「無理です!私、太ってるから同居できません。
介護もできません。太ってるから。
何もできません太ってるもん。絶対無理、太ってるから」

ウトもトメも黙った。その後、同居話は無い。
同居するつもりはないけど痩せたい。

続きを読む

【逆襲】トメに物差しで口をビターンと叩かれた→トメのクビを掴んで尻を物差しで叩きながら「ひっこーし!ひっこーし!さっさとひっこーし!シバくぞっ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
332: 名無しさん@HOME 2007/09/11(火) 01:50:37 0
シンプルなやつ。

口答えしたところトメに物差しで口をビターンと叩かれたんで
カッとなって物差しをひったくり
トメ首を抱え込んで尻をビシバシと叩いた。
「ひっこーし!ひっこーし!さっさとひっこーし!シバくぞっ!」

もっとひねったうまいこと言えばよかったかなと思ったが
翌週トメはコウト宅に引越しした。
ひょうたんから駒。

事情を知らぬ夫はわけもわからず目を白黒していた。

続きを読む

トメ「私は若い頃、沢山の殿方から是非お嫁ににと言われたンですよ~」私「鼻毛、出てる。束でゴッソリw」トメ「んふゴッ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
931: 名無しさん@HOME 2008/07/14(月) 14:16:26 0
少々古い話ですがお暇潰しにどうぞ。

「私は若い頃、沢山の殿方から是非お嫁ににと言われたンですよ。
お嬢さんが嫁いできて、引け目を感じないと良いンですけどね。
まあブスでも息子が選んだんだし、そう悲観することもないですよ。」
結納の席で、ウェイターや実父に色目を使いながら堂々と言い放ったトメ。

凍り付く実両親、むせる舅、半狂乱の彼。
周りが焦ると逆に頭が冷えてくるものなんだね。
スッっと一呼吸、ずっと言いたかった事を言ってみた。
「鼻毛、出てる。束でゴッソリ。」
しっちゃかめっちゃかだった空気が一瞬にして収束。
トメ、「んふゴッ」みたいな声を出した後、あっかい顔して
慌ててバッグからハンカチを取り出して鼻隠してた。

その後、彼と舅から正式に謝罪があったものの、
「大丈夫です、お気になさらずに。鼻毛フッサフッサピーヒョロさせた人が
何を言ってもギャグにしか見えませんので、全く傷つきませんよ。
あなたの母上って面白い方ね。こんな捨て身のギャグ、私、初めてです。」
トメは鼻隠したまま俯いてダンマリ。両耳が尋常でないほど赤くなってた。

あれから数年経過したが、基本的に私は義実家関連行事にはノータッチ。
時々夫の目を盗んでトメから電話がかかってくるが、「鼻毛。」の一言で済むので大変に便利である。

続きを読む