このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

仕事

社長「きみ社員にならないか?」俺(ネトゲを辞めれるいい機会だ)→ネトゲ以外で本気になった結果...【4/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
私は、これが最後のチャンスなのかもしれないと思った。それと最高のチャンスなのかもしれない。 
最後の最高のチャンス、是は逃すわけにはいかない。 
もう、この時はネトゲのことなど完全に忘れていた。一言言うしかない。 

そして俺は、はっきりと言った 

「社員にして下さい。お願いします」 

私は、心臓のドキドキと言う音を本当に聞いた。 
ついに、私は言ったのである。今まで言えなかった言葉を 
パート、バイトの前、店長の前、本部長の前、そして社長の前でついに言ったのだ。

続きを読む

社長「きみ社員にならないか?」俺(ネトゲを辞めれるいい機会だ)→ネトゲ以外で本気になった結果...【3/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
・・・・・・・・・・・・ 
ごめんなさい、書きだめしませんでしたので。 
今夜もゆっくり、書き込んでいきます。 
ちなみに現在の年齢は23です。 

>>485の続き 

続きを読む

社長「きみ社員にならないか?」俺(ネトゲを辞めれるいい機会だ)→ネトゲ以外で本気になった結果...【2/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
その中でも、どんどんLv上げ。
ついにWIZの中では鯖ないで、TOPクラスのLv上げまでいったある日のことである。

続きを読む

社長「きみ社員にならないか?」俺(ネトゲを辞めれるいい機会だ)→ネトゲ以外で本気になった結果...【1/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
1:ネトゲ廃人2009/10/09(金) 00:05:34.90 ID:U3SZjjk20
何も言わず聞いてくれ 

続きを読む

【黒い過去】私「あの取引先ムカつくなぁ!何か嫌がらせできないかな...そうだ!」→結果...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
961: 名無しさん@おーぷん 2015/07/15(水)12:18:01 ID:DNN
独身のころ事務職をしてたんだけど、個人の大工とか塗装工とかを
相手にすることが多い仕事だった。

続きを読む

【暴走】A子「私にピッタリの仕事が見つからない!私子の仕事譲って!」私「いや無理だから!」A子「なんで私子だけ!ずるい!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
779:名無しさん@おーぷん2014/11/10(月)01:48:33 ID:oY6OcXLZX
専門学校時代の友達に職をくれくれされた。
その友達をA子とします。

私はパワハラで5ヶ月で仕事を辞め病院に通いながらバイト、A子も理由はわからないけど1ヶ月で仕事をやめたらしくよく連絡してきては
「私にピッタリの仕事が見つからない、仕方なくコンビニでバイトをしているけど私にしか出来ない仕事がきっとあるはず!」って言っていた。

続きを読む

元嫁「3、4年頑張っていい男になったら、再婚してあげる」俺「...」→4年後...【2/2】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
昨日は言葉足らずで終わったので、少しだけ補足します。
元嫁は会社で恋愛沙汰で揉めて、退職したことは知られていましたが
俺との婚姻前からフリン状態が続いているとは地元の仲間たちは知らなかったようです。
結婚していた期間も1年半くらいで、離婚後もお互いに交際寸前までの相手はいましたし
遊びに行くだけの相手はいました。
元嫁とは離婚して4年も経っていてその後の話だと思っていたようで
俺の事とは無関係と思っていた。

続きを読む

夫「母さんを長生きさせられなかったんだから介護に関して礼は言わない」私「!?」←義母が亡くなった時に夫が放った言葉がこちら...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
354:名無しさん@おーぷん2015/01/05(月)09:51:38 ID:OuI
元夫が土下座をしながら仕事を辞めて義母の介護をしてくれと頼んできたから、後ろ髪を引かれる思い出仕事を辞めた。
良義母さんだったから仕事に未練があった時期はほんの僅かでした。介護は大変だったけど、義母さんとのコミュニケーションは楽しかった。
そんな義母さんも残念ながら80歳目前で氏去。
そんなときに放った元夫の言葉がこちら。

続きを読む