このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

友人

友人「この本のレシピ美味しそう!全部コピーさせて!」私「え...?」←こういう人どう思います??

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
294: おかなくわえた名無しさん 2013/08/09(金) NY:AN:NY.AN ID:vqPAE76D
何年か前のこと
お気に入りの古い料理本がボロボロになったので、ネットで同じ物がないか探したんだけどどこにもない。

続きを読む

【非常識】ママ友「うちの旦那が今月末でリストラされるから、アンタの仕事回してよ」私「は?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
470:1/32009/01/09(金) 22:06:38 ID:VoORfLIL
在宅仕事で修羅場中の私もクレクレ被害にアッタヨ。 
麻生さん、なんとかならんかね。

続きを読む

A男「新婦ちゃんの結婚相手って元彼くんじゃなかったんだ〜」新婦「!?」→空気読めないA男のせいで式が台無しに...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
971:愛と氏の名無しさん2010/05/01(土) 01:53:14
男だが新婦側友人として参加した結婚式 
オレは新婦とはあまり深い仲では無かったが友人(A男とする)が仲良し 
だった為、式に誘われたらしく「男一人は嫌だからオマエも来てくれ」 
と言われ参加する事になった(A男が新婦に段取りつけた) 
式当日、新婦友人らしい女(B子とする)がオレに「A男の友達ですよね?A男が酔っ払ったらお願いしますね」
と言ってきた(A男とB子は顔見知りらしい)なんやらよくわからんが「はい」と言っておいた 
そして事件はご歓談中に起った

続きを読む

【愚痴】古い友人から急に電話があった。友人「借金返さないと頃される!200万貸してくれ!」俺「??」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
709:名無しさん@お腹いっぱい。2009/01/06(火) 19:52:43
愚痴っていいですか? 

去年の暮れ、古い友人から携帯に電話があった。 
なんでも、ヤの付く人からの借金があって、今年中に返さなければ頃される、200万をどうしても貸してくれと頼まれた。 
はじめは断ったが、あまりに必氏なので引き受けてしまった。 
嫁さんに内緒で投資していた株を損切りして200万用意した。

続きを読む

『結婚する前に、彼の寝室の押し入れの中の段ボール箱を調べてみて』私「??」→ある日会社に私宛ての手紙が届いた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
243: 名無しさん@おーぷん 2015/09/04(金)18:32:42 ID:jx7
久しぶりにスレ来て、上の方で「友人の婚約者に友人の黒い過去を暴露する手紙を~」みたいなの読んで思い出したんだが、
私はこういう手紙を貰ったことがある側だった。

続きを読む

息子にオムツかぶれが出来た。旦那「なんでこんなになる前に気付いてやれなかったんだ!」私「え?」→私のせいなの??

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
138: 名無しの心子知らず 2008/08/08(金) 21:17:46 ID:GYXpUBrF
おむつかぶれができて痛そうな息子の

続きを読む

友人女「彼が毎日求めてきて大変なんだよね〜w」私「別れたら?」→ところが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
188:188-1/4 ◆S306QoMYR6 2007/03/08(木) 15:15:34 ID:ua3NUfTm0
ちょっとした修羅場なんですが…いまから10年くらい前の話です。 

A美:22歳 会社員(B男の彼女) 
B男:23歳 A美の彼で同じ会社勤務 
H子:22歳 A美の友人(私) 
I子:20歳 A美の友人(J男の現彼女) 
J男:20歳 A美の元彼(I子の現彼) 

当時、A美はB男の家にころがりこんだ形で同棲生活を始めていた。 
よく電話で彼の話を聞かされていた。 

続きを読む

夫「仕事を辞めてきた。今日から小説家としてやっていく」嫁「!?」→結婚が決まった友人夫婦だったが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
966:愛と氏の名無しさん2010/11/02 18:46:46
水嶋ヒロの話題で思い出した話をちょっとフェイクいれて投下 

学生時代から10年近く付き合ってやっと結婚が決まった友人が嬉しそうに電話をくれた 
結婚を後押ししたのが、彼の長年の夢だった小説家への道が開けそうだから、ということらしい 
新郎は学生時代から小説を書いては応募して、落とされていて、 
社会人になっても夢を諦められずに、会社員をしながら応募し続けて 
30歳までに小説家になれなければ諦めると公言していた。

続きを読む