このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

友達

友達が遊びに来ていて車購入の話をしていたら、テンプレ通りの同居クソトメが聞き耳を立てていた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
314: 名無しさん@HOME 2010/12/07(火) 20:57:48 0
友達が遊びに来ていて話をしていたら、テンプレ通りの同居クソトメが聞き耳を立てていた
友達が車の購入を考えていてその話題だったんだけど、
「私ならT○Y○TAは無いわぁ」
「一昔前のど派手で下品なデザインのスポーツカーは好きだったけど、スー○ラとかソ○ラとかセ○カとか」
「今はどのデザインも似たり寄ったりじゃん、見分けつかないコンパクトカー量産してるし」
「セダンも昔の色気が無い」
等とこき下ろしていたら(私はホ○ダ信者)、クソトメが顔を真っ赤にしてわなわなと震えていた

「嫁子!友達がいるからっていい気になって!私のどこが下品なのよ!」
「いやトメさん、トメさんの事は言ってません、T○Y○TAの昔の車の事を言ってるんです、
しかも昔のT○Y○TAに対してはど派手で下品って褒め言葉です、
昔のは良かったですよ、今は何も考えてない馬鹿が買う様なメーカーだと思いますけど」

トメ、それを聞いて更に顔を赤くしてテレビのリモコンを投げつけてどっか行った

よく考えたらトメの車はシエ○タだった
そしてウトメ揃って昔からT○Y○TA一筋だった

別に意識してたわけじゃないけど偏見でこき下ろしたのはDQNだと思った
その後、私に馬鹿にされたからとダイ○ツのタ○トを買うと言っていたトメに、
それじゃT○Y○TA車買うのと同じですよと思ったけど言わなかったのもDQN

続きを読む

「義兄さんが友人と結婚したら、今ごろエリート息子クンの自慢とかできたのにねぇねえ、どんな気持ち?どんな気持ち?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
876: 名無しさん@HOME 2013/04/21(日) 13:11:51.77 0
微妙かもしれないけど、自分としてはスカっとしてるので投下。

私の結婚式の時、義兄(夫の兄)が私の友人に一目惚れした。
その後義兄の猛烈プッシュで、交際スタート。
大人しくて奥手の義兄にとっては、ものすごく珍しいことだったらしい。
友人はご主人と死別し、まだ幼い息子を一人で育てていた。
義兄は息子クンの事も可愛がり、自分をこの子の父親にしてくれと言ってプロポーズ。
迷っていた友人も、その言葉にほだされてOKした。

ところがここで、トメが大激怒。
まぁ、母親として、子連れの相手との結婚を心配する気持ちは分らないでもないが
それにしても酷すぎる罵倒の言葉を、挨拶に来た友人に浴びせた。
(友人は、義兄が「母には全部話して、了解をもらったから」と言った言葉を信じて挨拶に来た)
おまけに、頭に血が上ったトメは私まで罵倒。
「バツイチのバイタがお友達なんて、やっぱりお里が知れるね!
 この女をお兄ちゃんにくっつけてウチを乗っ取るつもりなんだろうけど、そうはいかないよ!」とかなんとか。

続きを読む

【1話】トメ「いいわね、若い人は。私なんて結婚してから友達と旅行なんてしたことないわ」天然義弟嫁「トメさんに友 達 が い な い って知らなくて、本当にごめんなさい!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
653: 名無しさん@HOME 2012/02/07(火) 12:56:32.13 0
豚切り失礼

私は長男嫁で義実家同居中
そこに遊びに来た義弟夫婦がお土産を持って来てくれた
何でも義弟嫁ちゃんが友達の結婚式で遠方に行ったらしく、それのお土産をわざわざ買ってきてくれた
久しぶりに旅行的なことが出来て楽しかった、学生時代に戻ったみたいだったと義弟嫁ちゃん
しかしそれが気に喰わないらしいトメ(ウトさん単身赴任中)
しっかりお土産貰いながらもぶちぶち文句を言う

「はぁー…いいわね、若い人は。私なんて結婚してから友達と旅行なんてしたことないわ…」

同居してる私にとっては日常的な愚痴だが義弟嫁ちゃんは違う
さぞうっとうしかろと思って何か言う度に私が言葉を返しておいた
しかしトメは止まらず

「そもそも嫁の立場で家を空けるなんて…信じられない」
(むしろ遠慮してた義弟嫁ちゃんを快く送り出したのは義弟くん)
「友達だって既婚者を誘ってどういうつもりなのかしら…いつまでも独身気分じゃ困るわ」
(友達の結婚式ついでに観光してきただけ)

全部がこの調子でぶちぶちと文句を流す(途中、義弟くんや私が止めるも止まない)
すると突然義弟嫁ちゃんが泣き出した!
「お義母さん!」って言う私と嫁ちゃんを慰める義弟くん
トメは気まずそうにしながらも「フン!」とそっぽを向く

「なによ大袈裟な…泣く位なら旅行なんて行かなければいいのよ」
「大体前から思ってたけど結婚したっていう自覚が足りないの。仕事もいつまで続けるんだか」(医療系正社員の義弟嫁ちゃん)
「さっさと子供産んで入りなさい。そしたら余計な遊びなんかする気なくなるわ」

続く

続きを読む

友達が良トメさんを庇って怪我をした。という話を聞いたトメが「まあ、友達さんは嫁の鑑!うちの嫁には無理だわ~」と言いながらこちらをチラチラ見てくる...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
686: 名無しさん@HOME 2011/06/21 02:15:40
イヤミを言う、私物を捨てる、料理を捨てる等するトメが来た。
その時友達が来ていて、その友達は良トメさんを庇って怪我をしていた。
その話を聞いたトメ、
「まあ、友達さんは嫁の鑑!うちの嫁には無理だわ~」
と言いながらこちらをチラチラ見てる。
うっぜぇ……と思っていたら友達が、
「尊敬も出来ないような相手だったら無理でぇ~すw
アポなしで来て来客中にもかかわらずズカズカ上がり込むような非常識な真似する人は無理w
むしろ怪我したらラッキーって思っちゃうwww」
とめちゃめちゃバカにしながら言ったw
トメは怒りで顔を真っ赤にしながら帰り、夫に電話をしたそうだが夫は、
「俺が嫁の立場だったら助けに行く素振りだけする」
と言われ泣いたらしいw
ざまぁw

続きを読む

姑友達「嫁が仕事を辞めない!だから孫が出来ない!息子が可愛そう!親の顔が見たいわよ!!」姑「お嫁さんの両親の顔見たこと無いの?w」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
316: 名無しさん@HOME 2009/09/17(木) 00:25:34 0
スレ違いだったらごめんなさい。

『私はあなたの親の顔の方が見たいわよ!』

これを言ったのは私の姑。金は出すが口は出さない!
息子夫婦のことには一切口は出さず、本当に良トメ。
大トメの嫁いびりに苦労していたらしく口癖は
『息子は嫁にあげたもの!煮るでも焼くでも勝手にして!』の人。
そんな姑に近所でも有名な嫁いびり大好きな姑友達がお嫁さんの
悪口を言いに私たちが帰省中に遊びに来た。
話の内容は『嫁が仕事を辞めない!だから孫が出来ない!息子が可愛そう!
離婚させようかしら・・・本当にどんな教育をされてきたのかしら・・・
親の顔が見たいわよ!!』
などなど、言いたい放題。姑がなんて言うのかな?なんて思っていたら
満タン笑顔で『お嫁さんの両親の顔見たこと無いの?』
と言ったら『そりゃ~あるわよ!でも結婚して3年、孫も生まない娘
なのよ・・・どの面しているのかもう1度じっくり拝みたいわよ!!』
と言ったら姑がまたもや満タン笑顔で上記の台詞、続けて
『あらっ!気を悪くしたらごめんなさいね。でもさっ、嫁をいじめるのが
好きな人ってどんな教育をされてきたのかな?って思っちゃってさ』
と明るく言ってた。
言われた姑友達ははじめは怒ってたけど2時間後には、般若みたいな
顔が菩薩様の顔みたいに和らいで帰って行った。
その夜、そこのお嫁さんが姑に『お義母さんが今までのこと謝ってきて
来てくれました!ありがとうございます!!』とお礼に来てた。

うちの姑、近所のお嫁さんから神様と言われているらしい。
理由は、嫁いびりを辞めさせる達人だからだって・・・。

あまりスカッとしないと思うけど、カキコませて頂きました。

続きを読む

友達が家に来ていた時に、トメがアポ無し凸。トメ「まあまあ嫁子さんったらこんな真っ昼間から遊んで!!そんな暇あるなら義実家にry」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
843: 名無しさん@HOME 2009/07/02(木) 10:35:02 O
友達が家に来ていた時に、トメがアポ無し凸。
「まあまあ嫁子さんったらこんな真っ昼間から遊んで!!そんな暇あるなら義実家にry」
とかなんとか。
そうしたら友達がニッコリ笑って
「今、相談を受けてたんですよ~。姑さんの嫁いびりと舅さんの強制わいせつについて。
証拠も十分揃っているので、これから裁判起こしますね~
嫁ちゃん、頑張ろうネ!」

うん頑張ろう!って返しましたよ。旦那が急死して、泣き暮らしてた私にやったことを決して忘れない。
そもそも婚姻関係終了もしてんだ。出ていかないと警察に通報すんぞ!と初めて自分も反撃できた。
ありがとう心の友よ~。
両親と死別して孤児扱いしてさんざんいびってくれましたね。
しかし友人夫婦は弁護士だ。今に見てろゴルァ!!

友人の一言にすごくスカッとしました。

続きを読む