このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

大学

【黒い過去】先生「就職先の銀行は違う人に決まった。別の会社を選びなさい」私(世の中コネかあああ!)→ 私の中の悪魔が目覚めた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
100:名無しさん@おーぷん平成30年 09/02(日)09:56:11 ID:EtU
もう四半世紀も昔の黒い過去。

我が家は貧乏で、とても大学に行かせてもらえるような経済力はなく、かと言って借金だけはするなと教えられてきたから、奨学金をもらって大学へという選択も持ってなかった。

続きを読む

【修羅場】妹「トイレ行きたい」私「はいはい、お姉ちゃんと一緒に行こうか!」→ 多目的トイレで用を足し扉を開けたら...

このエントリーをはてなブックマークに追加
27:名無しさん@HOME2014/03/10(月) 06:06:16.58 0.net
自分には13歳離れた双子の妹がいる。
妹たちが結婚することになり、記念にカキコね。

まず自分は母19歳、父24歳の時、生まれ、自分が14歳になる前に妹が生まれた。
14歳の厨房だけど、生まれた妹たちはかわいくて、かわいくて父が忙しかったせいか、自分もお風呂にいれたり、おむつを替えたり世話したんだ。

なぜこんなに歳が空いたか、母がその後、大学にいったから。
父方の祖父母と同居で、祖父母の協力もあって、母は大学を卒業し、今は自宅兼事務所で仕事をしている。

続きを読む

私「私の机に犬のフン置いた人誰!!」親友「私子くさ〜い、近寄らないでー」私「え...」→ 親友が突然いじめの先導を始めた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
618:名無しさん@おーぷん2016/10/30(日)14:20:46 ID:JMW
中3になったばかりの頃、それまで親友だと思ってたA子が突然私に対して苛めの先導を始めた。
朝いつものようにA子の家に迎えに行ったらもう家を出てて、何か急用でもあったのかなぐらいしか思わずにひとりで登校したら、教室の私の机に犬のフンが置いてあって、A子が「私子くさ〜い」「臭いの移るー」「近寄らないでー」っておどけて言って
いつの間にか8人グループ作って臭い臭いと連呼を始めた。
わけが分からなくて、とにかくフンを片付けたんだけど、男子の一部もくせーくせー言い出して、前日までと世界が入れ替わって、その世界で私はひとりぼっちになった。
他の女子と話しをしているとA子グループがその子を引っ張っていってしまうし、元々そんなに友達多くなかったからアッと言う間に孤立した。

何がキッカケでそうなったのか本当のところは今でも知らない。
私は学校を休みがちになって、ギリギリの日数しか登校せず、優秀だった兄に教えてもらいながら自宅で勉強した。
先生が何度も登校を促すように訪ねてきたけど、学校に行くのが怖かったし無理して行こうとすると吐いた。
修学旅行にも行ってない。卒業式にも出なかった。
親戚の家に下宿して、他県の高校に進学した。
私のことを誰もしらない高校では、昔のように楽しく通う事が出来て友達も出来たけど、いつ裏切られるのかとビクビクしてた。
幸い裏切られるようなこともなくその後大学に進学し、就職もして順調ではあったけど、地元に帰省するのはいつも緊張した。

ある時、私が帰省してることを知ったらしく実家にA子が訪ねてきた。
「実はもうすぐ結婚するんだ・・・」と切り出された。「ふーん」としか言えなかった。
すると「実はお腹に赤ちゃんがいるの」と言い出し「妊娠してこの子の未来のこととか考えることがある。
そんな時に中学の頃のことを思い出して、自分がとんでもないことをしたと思い当たった」と言い、そこから畳に正座し直して「ごめんなさい」と頭を下げられた。

黙っていたら頭を上げてA子も黙ってるので、質問した。
「あの日、私の机に犬のフン置いたのA子?」って聞いたらゆっくり頷いた。
「今、謝って許して貰えると思ってる?」って聞いたらゆっくり首を横に振った。
「正解。無駄な事はしないで」と言って帰って貰った。

続きを読む

父「孫が生まれないのはアイツが欠陥品だからだ!とりあえず俺のもので試してみよう」義姉「え?」→ 父が義姉を襲っていた...

このエントリーをはてなブックマークに追加
526:12012/08/03(金) 13:01:39.37 0
大学の講義が終わったあとタイミングよく兄から電話。
何でも義姉に連絡をしても返事がない、電話にも出ない。
どっちにしろ体調を崩している犬の様子を見てきてほしい。と言われた。

ということで、その日は講義もなかったのでそのまま兄の家へ直行。
インターホンを鳴らしても出てこないし電話をしても出ないので、合鍵を使って家の中に入るととんでもない光景。
泣いてぐったりしている義姉の上に父が乗っかっていた。
いわゆるそういう行為をしていた。

ぽかーんとする私を父が最初に見た。そして「おう…」と言って服を直すとそのまま家を出て行った。
私は父を追いかけるより義姉のもとへ。
話を聞くと「孫が生まれないのはお前かアイツが欠陥品だからだ。とりあえず俺のもので試してみよう」と言われたらしい。

それ以降は泣きじゃくっていてどうしようもないのでとりあえず動けなくなっている義姉を風呂に連れて行きシャワーを浴びさせ服を着させて兄に連絡。
兄が帰ってくるまで私にしがみつく義姉に本当に申し訳ないとしか言えなかった…。
犬も空気を呼んでか義姉にぴったりくっついていた。

続きを読む

イケメン「俺と付き合ってくれないか?」私「えwブスな私でいいんですか?w」→ 付き合った結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
800:1/22014/01/13(月) 21:25:53.90 ID:kqf5mXku
大学に入りたての頃、田舎から無理矢理上京してきた私は完全に田舎者貧乏モサ子だった。
サークルに紛れ込んだものの、あらゆる意味で人前に出るのが恥ずかしく、裏方として隠れるように過ごしていた。

そんなある日、イケメンなサークルの先輩に交際を申し込まれた。
罰ゲームの類か、「ちょっと○○まで付き合って」の聞き間違いかと思ったけどそんなことなかった。
あまりの奇跡っぷりに舞い上がった私を先輩は鏡の前まで連れて行き、私の顔に化粧をはじめた。(先輩はサークルのメイク担当。男性なのに上手過ぎ)
眉を整えられ、化粧をされ、私はどんどん見たことのない姿に。
あっという間になりたくてもなれなかった今風の顔になっていた。

ビフォーアフターが終わった瞬間、先輩はがっかりした顔で「ごめん。思ったより化けなかった。別れて」と言った。
意味が分からなくてポカーンとなってたら、なんか化粧したらものすごく好みの顔になるから付き合いたいと思ったけど、思ったよりそうでもなかったので取り消しにして欲しい
的なことを言われ、すごいショックだった。

続きを読む

友人「A子に振られた...」俺「俺が仇をとってやる!」→A子「俺くん好き!」俺「...」

このエントリーをはてなブックマークに追加
914:おさかなくわえた名無しさん2007/03/09(金) 15:00:50
同じ大学の同じ授業を受けてる女の子(A子とする)とすごく仲良くなって、これって恋? 
なんて浮かれてた。 

ある日、友達Bが彼女にフられたとヘコんでたんで、グチを聞いてあげたら 
その相手はA子だったということを知った。 
大学内でBがA子と一緒にいるところなんて見たこと無いから付き合ってたことを知らなかった。 
フられた理由は「他に好きな人ができたから」ということで、 
その別れのメールを送りつけられて、それっきり着信拒否。大学で会ってもシカト。 
デート代奢ったり車出したり結構高価な誕生日プレゼントを買ってあげたり、 
ドン引きするくらい奉仕してたらしくて、Bいわく好きだったから耐えてきたと。 
で、仕送りとかバイトでお金が無くなって、あまり奢れなくなったとたん、 
そんなフラれ方したとのこと。かなりショックを受けていた。

続きを読む

【黒い過去】俺「どうしてもあの子と付き合いたい。でもあの子には彼氏が...そうだ!」→人として間違ってることだけど...

このエントリーをはてなブックマークに追加
48:1/32011/12/04(日) 14:18:45.48 ID:I+5qlok7
長文すまない。フェイク入り。 

今カノとは去年の今頃、俺から告白して今まで続いているってことになります。 
同じ研究室で、たまに飯とか作ってもらったりして、平和に過ごしています。 

彼女は俺のこと、同じ学科になるまで知らなかったみたいだけど、俺は大学入る前から彼女のこと知ってた。 
高3の7月に、一人で受ける大学の構内をぶらぶら回っていて、そこで同じくキャンパスを見に来ていた彼女を見て一目ぼれしました。 
大学の建物の写真取るふりをして彼女が写るよう取った写真を見ては、この子と同じ大学に入るんだ!って気合い入れた。 
結果無事受かって、さらに運がいいことに彼女と同じ学科だったんだ。

続きを読む

【修羅場】友美「わー私子!元気〜?」私「久しぶりw」彼「運命か...?」→彼「私子!ごめん!別れてくれ!」私「は?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
14:恋人は名無しさん2009/05/25(月) 14:52:33 ID:Q+Lww2Xv0
軽めの修羅場??をひとつ。 

私子・彼男・友子・友美が全員大学生の時。友美のみ違う大学でした。 
当時彼男と付き合って半年くらい、学部やサークルは違ったけれど高校時代からの 
親友だった友子とは学内外でよく会っていたので彼男と友子も顔見知りだった。 
その頃彼男は少し付き合いに飽きてきた感じで、倦怠期ムードだった。 
私はまだ好きだったし別れたくなかったから彼男の態度には気付かないフリをして 
頑張っていた。

続きを読む