このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

近距離別居のトメがやってきて料理に文句をつけるので、珍食材をフル活用してフルコースを用意した。

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
730: 名無しさん@HOME 2010/01/07(木) 18:50:45 0
じゃあ私も、晩ご飯タイムなので晩ご飯関連話のプッチプチを書き逃げ。
近距離別居のトメがやってきて料理に文句をつけるので、夫の食材をフル活用してフルコースを用意した。

突き出しは、ウツボとカエルのカリカリ揚げ。
前菜は、ダチョウとエゾジカの叩き風カルパッチョ。
スープは、海亀と海蛇の中華風。
サラダは、ハーブ盛り合わせをオリジナルオリーブオイルドレッシング。
魚料理は、グリーンアワビのソテーの上にアザラシの大和煮風。
肉料理は、猪と熊の合いびきにラクダの瘤の脂を加えたハンバーグステーキ。
デザートは、半解凍ドリアン。

正直、私も味見すらほとんど出来ない位に苦手だったけど、肉を切らせて骨を切るんだと、
がんばって調理して、あなたのムチュコタンの好物ですよとトメに提供した。
大喜びの夫の横で、なんとか私も食べた。
夫に教わったレシピで作ったが、意外に美味しかった。
コレナニコレナニとふじこるトメに、夫が食材と調理方法を説明した。

トメ、卒倒後逃亡、我が家の食事に文句をしばらくつけなかった。

再発しかけたタイミングで義実家へ訪問、見た目普通のとりすき焼き。
ウトメ、コウト大満足の食後にウサギ肉であることを告げた。
リビングの端で室内買いされてるトメの超愛玩ペットはウサギ。
「義実家だと、いつでも食材がいるのですき焼きしやすいですよね」
この一言で食材聞いてファビョってたトメ、真っ青になって沈黙。
もちろん私も夫もウサギを捌く技術なんてないが、ハッタリ。
ウサギを見つめながら言ってた私からは殺気を感じたと、後で夫に言われた。

以来、冠婚葬祭以外の行き来はない。
恨むなら悪食のあんたの息子を恨め、私は夫だから諦めてるが。
私的には義実家のペットを食材呼ばわりしたのがDQNかなと考えてます。

続きを読む

夫「お袋は、バカだから思った事がすぐに口から出ちゃうんだ。」→実際あってみるとかなり酷かったw

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
819: 名無しさん@HOME 2013/06/13(木) 18:21:08.00 0
プッチプチの上、昔話ですまん。
結婚前から夫には
「お袋は、バカだから思った事がすぐに口から出ちゃうんだ。悪気はないし、その場だけで忘れるから気にしないでね。」
と言われてました。
まぁ、本当に私妖怪サトリにでもなったかと思うくらい本音でズバズバ言って下さって。
「嫁子ちゃんリンゴ剥いて。あ、嫁子ちゃんの実家から送られて来た美味しくないリンゴじゃ無い方ね。」
「この間嫁子ちゃんに貰った珍味、ウトさんと一緒に『本物がこんなに入ってる訳ないよね』って言いながら食べたの。」
そんな事を言われて、どう返したらいいものかと一瞬フリーズする事が度々。
するとトメ「嫁子ちゃんは、時々ぼーっとしてるけどバカじゃないのよね?」ですと。

で、息子の中学入学が決まりご挨拶に行った時。
近所の有名なお寿司屋さんから特上にぎりを注文して待っていてくれた。
銘々の前にお寿司が並んで、さぁ食べようかと言う時に
トメ「あんまり嬉しいから○君のために奮発しちゃった。ご近所にも
   孫が入学の報告に来るからお寿司取るって自慢して歩いちゃったのよ。」
私 「ほんと凄く美味しそうですもんね。ご馳走様です。」
トメ「ほんとは嫁になんか食べさせたくないんだけどね・・・」
夫 「お袋、なんて事言うんだ!!」

トメも失言したって気付いたみたいだけど「嫁と姑は色々あるんだから仕方ない。」と言って結局謝らなかった。
私が「喉を通らないので。」とお寿司を辞退するとトメは「まったく神経質なんだから・・・」と言ってた。
その後、私は夫と息子を残して近所のマックへ 徒 歩 で 行って テイクアウト にして貰った。
義実家へ帰る道すがら義実家ご近所さん数人に
「あれ? ○○さんとこのお嫁さん? 今日××屋のお寿司じゃ無かったの?」と呼びとめられ
その度、ありのままを話してきた。
トメは十何年使って来た「うちの嫁は私が姑で幸せよ」というお気に入りのフレーズが使えなくなったって怒ってたけどね。

続きを読む

夫「両親の世話だって大したことしてないだろ!気楽な専業主婦に俺の苦労が分かるか!」私「じゃあ、自分でやってみなさいよ!大したこと無いなら出来るでしょっ?!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
709: 名無しさん@HOME 2012/07/17(火) 21:30:54.26 0
主に夫にしたDQN返し。暴力行為有り。
不快に思う人も多いと思うので、嫌な人は飛ばして下さい。



結婚して23年。
娘は社会人、息子は大学生で一人暮らし(学費・生活費ただ)。
夫婦共に正社員でしたが、震災の影響で会社が規模縮小して去年私が早期退職しました。
退職の1カ月前に、近距離別居だった義両親が相次いで倒れ、義母は片手と片足に麻痺が残り
義父は頭ははっきりしているものの寝たきりになりました。
二人が退院後、夫が同居を独断で決めてしまい、再就職しようと思っていた私に介護を頼んで来ました。
義母とは若い頃、ぎくしゃくした時期もありましたが、義父には実の娘の様に可愛がって貰ったので
勝手に同居や介護を決められた怒りはありましたが、この時期に無職になったのも何かの巡り合わせかと承諾しました。
現場にはほとんど出ていませんでしたが介護関係の仕事をしていたので、夫は丁度良いと思っていた様で、内心面白くありませんでした。

続きを読む

【壮絶】夫が交通事故で亡くなった。夫は不倫していて、不倫相手とデート中に事故ったそうだ...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
886: 名無しさん@HOME 2012/03/31(土) 21:59:34.56 0
生死の話なので注意。

夫が交通事故で亡くなった。
不倫しててその不倫相手と○○山
(その地方の定番デートコース、下山した先にラブホ多数)で事故った。
事故の前に不倫が発覚してたんだが、
あたら相手をかばって慰謝料請求するなと言ったので
腹が立ってやり過ぎ?と思うくらい請求した。
弁護士さんには請求するだけなら決まりはないけど
受け取れるとは限らないよと言われてたけど
なぜか不倫相手はそのまま要求を飲んだ。
不思議だったけど、元夫が「愛の証」として
わざわざあちこちから借金して
その破格の金額を不倫相手に渡し
それが私の手に来たということだったよ。
たぶん元夫は、私が受け取る=自分のところに戻ってくる
と思ってたんじゃないかと思うけど
今となっては確かめる術がないからどうだったんだろう?
しかもそのお金は一割ほど不倫相手が抜いてたらしくて
全額じゃなかった。
慰謝料の後、これでもう解決したから
これ以上騒ぐと本当に離婚するよ?と元夫に言われた。
離婚視野に入れてたから無茶な請求したんだけどね。
それすら伝わらなかったんだと思うと
悲しい気持ちすらすーっと無くなったよ。

続きを読む

夫「俺と猫とどっちが大事なのかわかりきってるだろ?」私「盗みも暴力もやらかさない猫の方が大事に決まってます」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
828: 名無しさん@HOME 2012/03/14(水) 12:35:46.71 0
少し昔にやらかした仕返し。
当時(というか一部は現在も)玄関の鍵をかける風習の無かったとき、
我が家に勝手に上がっては食材や毛糸をもっていくトメが近所に住んでいました。

そんなに高価ではないものの、やはり毎日のようにやられるともやっとするので
「欲しいのなら一言ぐらいは声をかけていって下さい」
とトメに訴えました。


その夜、夫からひどく殴られまくり、まぶたが腫上がって目が見えないほどになりました。
トメからは「嫁が私を張り飛ばして姑家の食材や布・毛糸を勝手に持って行った」
と聞かされていたとは夫からの後日談。


もう夫も何もかもどうでも良くなったので、トメ夫の猫アレルギーを知りながら猫を飼い始めました。
近所の野良猫を手なづけて避妊して、うちの居心地の良さを堪能させて敷地内飼いに順次移行。
あっという間に我が家の隅々まで猫毛は行き渡り、二人とも我が家に近づくことが出来なくなりました。

夫から「俺と猫とどっちが大事なのかわかりきってるだろ?」と聞かれたとき、
「盗みも暴力もやらかさない猫の方が大事に決まってます」と即答したのが
今でもキチガイじみていたなあと思います。



我が家が私の収入で買った私の名義だったからこそ出来た仕返しでした。
最初の子(22歳で永眠)の一周忌を迎えて、そういえばそんなこともあったなあと思い出しました。
今でも猫おばさんやってます。

続きを読む

ある日、全員揃った夕飯の席で、夫が「主婦ってニートだろw楽しすぎw」と発言しやがった...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
954: 名無しさん@HOME 2011/10/20(木) 14:16:34.97 0
豚切ます。長いのでわけます。1/4

義実家にて同居中。基本的にみんないい人。

ある日、全員揃った夕飯の席で、
夫が「主婦ってニートだろw楽しすぎw」と発言。
会社のバカ後輩に何か刷り込まれたらしく
「適当に家事して子の面倒見るだけなんて誰でもできる」と。
さらにウトも夫に激しく同意。
二人して、代わってほしいとか家族養うのは楽じゃないとかグチグチ。

うちはウトメと大学生コウト、高校生コトメ、夫と私と5歳双子と2歳の子の9人家族。
ウトは現役、トメは自宅でお茶の先生。
私は基本専業主婦で、トメのお茶教室が休みの日は子をトメにお願いし、
実家(車で10分)の自営業を手伝いに行っている。

トメコトメが怒り出すのを制止し
「じゃあ交代してみます?私の毎日は、まず5時起床、朝食作りとウト・夫・コトメ・双子のお弁当作り、
洗濯と掃除、双子を幼稚園へ、2歳子とトメとお昼、買物と双子のお迎え、夕飯作りです。できるんですね?」
と言ってみた。夫はちょっと焦ってたけど「楽勝wでも交代は無理。仕事あるし」と逃げやがるので、
「来月の連休があるじゃない」と言うと黙った。
夫の会社には電力休暇というのがあって、10日くらい休みになる。
さらにその年はたまたま祝日や土日、休日の出張振替などが重なって、半月くらいの連休になるはずだった。

続きを読む

トメ妹「女のくせに料理のひとつも出来ない嫁もらってさらに外で働かされるなんて夫ちゃん可哀想!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
434: 名無しさん@HOME 2014/01/13 00:51:57
この正月に義実家でトメの妹が発狂

私は発達障害餅で家事一切が壊滅的に出来ないが在宅で仕事をしていて、
夫婦2人生活するためには充分な収入がある
夫は料理大好き掃除だいすき!タイプなので専業主夫をしていた
その夫が最近習い事を始めて「お月謝位は自分で払いたい」というので週3日のパートに出ることになった

その話を年始の義実家帰省時にしたらトメ妹(普段関係良好)が「嫁子さんひどいわー」と始めた
トメ妹曰く「女のくせに料理のひとつも出来ない嫁もらってさらに外で働かされるなんて夫ちゃん可哀想!」だそうで
今までトメ妹含め義実家の誰にもマイナスなことを言われたことがなかった私ぽかーん
そこにいた良トメさんも義従姉妹も全員ポカーンだった
まだまだ続けるトメ妹
「嫁子さんお給料だってたいしたことないんでしょう?なのに家事もしないし引きこもりで…本当にお仕事してるの?
そんな欠陥品を飼うために夫ちゃんは結婚したわけじゃないのよ!」
とまくし立てて来たが、「欠陥品」に反応した夫が物凄く冷静にキレた
「おい、誰の嫁が欠陥品なんですか?俺の大事な奥さんになんてこというんですか?
嫁ちゃんは出来ないことも沢山あるけど自分が出来ることちゃんと見つけて働いて俺を養ってくれてるんですよ
ていうかたとえ嫁ちゃんが何もできなくても俺の愛する人なのであなたに悪口言われる筋合いはないですし口出さないでください
あ、嫁ちゃんの年収はあなたのおおよそ2倍です。」
普段は温厚でトメ妹のことも年が近いのでちゃん付けで呼ぶくらい仲がいいので
この怒りようには私も驚いてしまった

トメ妹が「はっ…!?」みたいに言葉を失っている時に私が熱燗の徳利をひっくり返したのでそのままその話題は流れた


なんかノロケみたくなってすいません

続きを読む

姑「主婦がそんなことでどうするの?恥ずかしいと思わないの?」私「うちは共働きです。家計は折半、家事も折半です。私に仕込んでくださるなら夫さんも一緒にお願いします」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
213: 名無しさん@HOME 2013/11/28 00:21:47
一言ではないのですが。
新婚時、義理実家に夫婦で呼ばれて行くと姑が
「お昼ごはん作って頂戴、材料はこれ、メニューは○と□と」と言い出し、あんま料理得意じゃないので
やだなあーと思いながら作りはじめると、姑が
「だしの引き方も知らないの?」「アジもさばけないの?」と呆れ顔。
確かに私の料理知識はかなり適当ですが、上から目線過ぎてイライラした。
教えてあげるから見てなさい!これからしばらくは毎週末に来なさい、と言われ
うわーやだーと思って
「ありがとうございます、ごめんなさい毎週末は無理です、平日は私も夫さんも仕事の帰りが遅くて
掃除とかありますし」と断ると
「主婦がそんなことでどうするの?恥ずかしいと思わないの?」とかなりきつくお説教。
カッとなって「うちは共働きです。家計は折半、家事も折半です。
私に仕込んでくださるなら夫さんも一緒にお願いします」といって
リビングでオロオロしてる夫を呼んだ。
姑は「息子はいいでしょ、一家の大黒柱なのよ」
すると夫が「いや、嫁子も俺と同じくらい稼いでるし。オレも料理覚えたいからよろしく」
しぶしぶ姑は私達二人に教えてくれた。
夫は「へー」とか「マジで」とか言いながらちゃんと聞いて、最後にできたご飯を食べながら
「母さんがこんな手間ひまかけて飯作ってくれてたなんて知らなかった、
改めてありがとう」と言うと姑はすっごい嬉しそうに
「い、いいのよ、でもお父さんはそんなふうに言ってくれたことないわあ」

その後は毎週末じゃないけど、ときどき二人で姑に料理を教わっています。
リビングでオロオロしてる時は
「嫁いびりか!?女の戦いか!?男の俺は出て行くべきなのか」
と迷っていたとかで、ガッツリ締めておきました。

続きを読む