このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

【ほのぼの】私のドレス姿を見た姉「こぉぉぉおんなにきれいになってうごぉえええぇええ~」→その後ビデオ映像には...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
706: 愛と死の名無しさん 2009/08/22(土) 00:22:40
私の結婚式の話。
父母のいない私は、姉だけが唯一の家族。
しかしクールな性格の姉は、結婚式に関しても「あんたたちの賄える範囲内で好きにしなさい」と淡々としていて、
そんなに興味はないんだろうなーと思ってた。

当日、親族控室に行ってみると、顔をパンパンに貼らした姉がいた。前日から涙が止まらず、化粧もできなかったらしい。
ドレスを着た私を見たとたん「こぉぉぉおんなにきれいになってうごぉえええぇええ~」とうめき声をあげて号泣。
親戚がなぐさめようとするものの「うぐ、うごごごごg」と泣き続けて止まらない。
そんな姉にお姑さんが感激してしまい「絶対に、絶対に幸せにしますからぁぁぁぁ」と抱き合ってつられ泣き。
事情の知らない旦那方の親戚にも、伯父が
「学生のうちに両親が亡くなり、お姉さんが花嫁ちゃんを一人で育てたんです。
その苦労はいかばかりか……!」
と事情を話し、親戚一同もらい泣き。
その後、式でも披露宴でも姉は泣き続け、ビデオをみると、「うぐ、うううごぉおおおごご」とうめき声が必ず入っている。
披露宴に呼んだ友達にも「お姉さんすごかったね!」と必ず言われる。

姉の姿に貰い泣きした人も多くて、「情が薄い子だ」と思われていた姉は、
「苦労して自分を押し殺し、妹を育てたけなげな子」という評価に変わった。
本人は「いや、あの時はちょっとおかしかった」と照れていた。

そして、姉の泣く姿にドン引きして涙を一滴も見せなかった私の評価は「冷たい子」に変わった。

続きを読む

義実家に同居してた姉が身体中ボロボロになり逃げ帰ってきた。→うちの親族男衆6人で義実家に乗り込みに...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
653: 名無しさん@HOME 2008/01/13(日) 23:22:08 0
姉の義実家にしたことなんだけどいいかな?
ありがとう、書かせてもらうよ。

結婚して義実家に同居してた姉が正月明けて逃げ帰ってきた。
額に口の端に切り傷を作って首は鞭打ちになってた。
旦那の弟に殴られたらしい。
正月に義実家に集まる親族向けにおさんどんをしてた姉。
みんなほどほどに飲んでたがコウトはがばがば飲んでる。
コウトは酒癖が悪くて義実家の人々にも嫌がられてた。
「結構飲まれてますし新年のお祝いだからそのくらいで抑えられてはいかがですか?」って言ったらしい。
親族たちは同調してたがコウトは奴隷だと思ってた姉に意見されて切れたらしい。
突き飛ばされた上に思いっきり殴られたみたい。
ちなみにコウトはちょこっとかじった程度のボクシング経験者。ボクササイズ程度だけど。
其れで姉は気を失ったがさらに追い討ちしようとしたコウトを一族中で取り押さえて姉を救急車で搬送。病院で目を覚ました姉は恐怖に駆られて病院を脱走。一路実家へ。
実家に戻っていた俺が出迎えたらその場で泣き崩れてまた失神。
両親がとりあえず義実家に電話で事情を聞くことに。
一応のいきさつとかを聞いた父が激怒。姉が病院から逃げたことに気づいてもいなかったらしい。
俺も話を聞いて久々にぶちぎれた。
俺はシスコンで高校の時には本気で姉と結婚したかったほどの姉ラブだから。今はわきまえてるけどね。

母に姉を任せて実家にいたうちの親族男衆6人で義実家に。
部屋に監禁状態だったコウトを引きずり出して、義実家の人間を告訴等で脅しまくって私的制裁を容認させた。
コウトに「君は女性を殴るほど格闘技に狂ってるようだから是非新春稽古でもしたらどうか?」といい含め庭に引きずり出す。
シメ担当は俺。中学高校と学校の部活動レベルだけど空手やってた。一応初段。
顔は殴らなかったけどレバーやみぞを徹底的に殴ってみた。
最後に渾身の力をこめて胃の部分を下からかちあげた。
蹲って身動きしないコウト。たぶん数日は食べ物を受け付けないだろう。
ゲーゲー吐きつつうごめくコウトを見下ろしつつ、姉はしばらく実家で療養させることと旦那もしばらく会いに来ないように言い残してみんなで引き上げた。
ほんとは顎くらい砕いてやりたかったけど今後のことを考えてやめた。

長文&書き逃げすまん。

続きを読む

【GJ】トメ「御節に手をつけないで、残った余り物食べなさい!」→般若姉「余り物食べなさい!だ?作ってくれた人に対して言う言葉じゃねーだろ!!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
200: 【だん吉】 【165円】 2008/01/01(火) 13:01:39 0
近距離別居のトメ家で、親戚一同の居る前でトメに
「嫁子さんは御節に手をつけないで、残った余り物食べなさい!!」と言われ
「え~これ全部私が作ったのに?」と言ったら親戚どもも
「この家では嫁子は下女同然~」だとか「飯炊き女が何を言うんだ」とか言われ
旦那に助けを求めようとも旦那は既に酔ってて相手にしてくれない・・・もとい
親戚と一緒に「どうせ御節も余るんだからいいじゃないか」とか言うので
義実家を飛び出して家に戻って泣いていたら、挨拶回りでわざわざ家までやってきた姉に
「あんたどうしたの?!」と言われるので、義実家で言われた事を全部洗い浚い話してしまった。
そしたら般若の如く怒った姉は私の手を引っ張り、義実家にGO!!
「お前らどういう神経しとるんじゃボケーーーーーーーー」と大声を張り上げながら
義実家に土足で入場(私もだけど)

続きを読む

天然姉「介護実習の課題で提出しないといけないので、おむつした感想下さい!」トメ「嫌よ!」→何を思ったか大量におむつを生産して...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
645: 名無しさん@HOME 2007/12/15(土) 02:27:15 0
うちの姉(超天然)のした天然返しを思い出した。

姉は家族が言うのも何だが、頑張るピントがズレてる人。
お勉強は出来るけど、おっとりしていて発想が斜め上。
そんな姉に苛々する姉トメさんの気持ちも判らなくはないが
農家+層化な姉義実家でのテンプレ通りの環境は姉の胃に穴を開けた。
緊急入院して回復したが、病に臥せって周囲の病気の患者さん達を見て
姉は将来は介護の出来る人になろう、と思い立ち介護学校に通いだした。
介護実習の一環で実際に紙おむつを装着して排泄し、
その感想を書くと言う課題で、本当は姉本人がする事なのに
姉は近距離に住んでいる姉トメにお願いして紙おむつを穿いて貰い
実際に排泄して貰おうとしたらしいけど、勿論拒否された。
そこで姉の斜め上電球点灯。
姉は木綿で大人用おむつを沢山縫い、これならトメさんも心置きなく排泄できる筈!
と姉トメさんに詰め寄ったらしい。
怖くなった姉トメさんは、早朝から長々と一生懸命勤行をあげたけど
毎日、課題が提出できないと泣いてたかと思ったら
姉は枚数が足りなくて不安なのかも、と更におむつを縫い上げた。
勤行あげても改善しない現状と、間違った方向だが
介護の勉強を頑張る姉を庇う息子(姉旦那)に音を上げた姉トメさんは
とうとう信心を捨てた。
お陰で選挙シーズンになっても家にしつこい投票願いの電話は来なくなったんで
個人的にちょっとスカッとしました。
*課題は旦那さんに「本人だけの実習で大丈夫なんじゃ?」と指摘され
ナルホド、と納得してサクサク一人で実習、課題提出となりました。

続きを読む

【GJ】姉「嫁ちゃんにアゲル!」→嫁「コレとコレ、コレもいらない、コレは趣味じゃな~い」姉「...」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
240: 名無しさん@HOME 2007/11/19(月) 03:36:53 0
嫁の話。

今日俺の実家に嫁、子供と三人で出掛けた。
したら俺の姉(子供3人いる)も来ていて、俺らが昨日帰るから合わせてやってきたという。
子供が生まれて、嫁さんが退院して以来久しぶりだったので、子供の顔が見たいのかと思ってたら、
紙袋いっぱい3袋分のお下がりを持ってきて、「嫁ちゃんにアゲル!」だとよ。
俺の姉は、俗にいう片付けられない症候群を治さないまま結婚したから、
遠目にも薄汚れたそれらお古は、片付けることも捨てることもないまま放置されていたんだろうということは容易に知れた。
ゴミを押し付ける気満々の姉に、俺と母が抗議しようとしたとき、嫁が袋をひとつひっくり返して、
「コレとコレ、コレもいらない、コレは趣味じゃな~い」とやりだした。
山のような服の中から2~3着選り分けると、嫁は2つめ、3つめとひっくり返し、
とっとと選り分けては、イラナイと言った服をキッチリ畳んで袋につめ、姉に返した。
(姉はぐちゃぐちゃのまま袋に突っ込んできてた。3袋が2袋くらいになった)
嫁はニッコリ笑って
「ありがとうございます~まだ子供の服って(嫁の)親から買ってもらったのしかなくて、
汚したくなくて困ってたんですよ。本当に助かります。
で、申し訳ないんですけど、おねえさんと私じゃ服の趣味合わないみたいなんで、
もうとっといてもらわなくていいですよ?」

姉はぷんぷん怒って紙袋を掴んで帰って行った。
嫁さんは姉が何で怒ったのかわかってないみたいだった。
言わなきゃいけないことを言ったつもりだったそうだ。普段、こんな物言いはしないんだがな。

続きを読む

鼠園好きで年に数回連れてってくる私の姉。それを知った鼠大好き義兄嫁が「私はひとりっ子でそんないい思いできない。私さんのお姉さんを貸して欲しい」と言ってきた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
7: 名無しさん@HOME 2013/09/20(金) 20:27:58.45 0
鼠ネタですみません。

私は若い頃ディズニーランド大好きで、比較的近くに住んでることもあって月に1、2回くらい行ってた。
が、結婚した頃から卒業というか、嫌いなわけじゃないけど別にわざわざ行くこともなくなった。
ただ、若い頃から一緒に行っていた姉は卒業の兆しなく、飛行機の距離で年数回鼠目当てでやってくる。
入園料、ホテル代、飲食費、私の子用のグッズ、全て姉が持ってくれるので、ありがたく同行している。
ホテルに何度も泊まると貰えるグッズや、アメニティ、限定グッズなど、欲しいわけでもないんだけど家にたくさんある。
それを知った鼠大好き義兄嫁、「私はひとりっ子でそんないい思いできない。私さんのお姉さんを貸して欲しい」だってww
冗談としか思えないので、その場は適当に流してたら、私の姉の職場に凸電話。姉は知らない人から電話で「?」状態。
義兄経由でよく話を聞くと、義弟嫁の姉は、義兄嫁の私にとっても義理の姉!らしい。頭おかしい。
しまいにはうちの子のグッズを持ち帰ろうとしたり、子もいないのにお下がり予約しだした。
来月、姉と子どもと海外のディズニーランドに行くんだけど、口止めしておいたのにウトが義兄嫁に話してしまったらしく、
私と代われ、私さんは留守番しろ、仕事休みとったから!としつこくメール。着拒した。
初対面の姉と、うちの子どもと海外行きたいって鼠は人を狂わせるね。まあ姉も狂ってるっちゃ狂ってるんだけど…。

続きを読む

姑「女ばかり産んで御先祖に申し訳ない」姉「大丈夫!私、ぜんぜん気になりませんから。でも、お義母さまがどうしても気になるなら、一緒にお墓参りに行ってあげてもいいですよ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
887: 名無しさん@HOME 2008/09/05(金) 10:42:10 0
二人目の孫娘が生まれたときに病院に凸して
「女ばかり産んで御先祖に申し訳ない」とぐちぐち言う姑に

「大丈夫!私、ぜんぜん気になりませんから。
 女の子は可愛いし、男より血が残る確率も高いんですよ。
 でも、お義母さまがどうしても気になるなら、
 退院してから一緒にお墓参りに行ってあげてもいいですよ」
と返した姉は偉大だと思う。
昔っから空気の読めない天然と思っていたが、
実はすべて計算ずくで生きてきたのではなかろうかと思うようになった

続きを読む

ウトメ&コトメ「まずい、食べられる物を出せ」姉「作った人間に感謝できない人に食べさせるご飯はありません。文句があるなら自分で作りなさい!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
409: 名無しさん@HOME 2008/07/27(日) 19:14:45 0
私でなく実姉のスカ。

上に姉二人、下に妹一人にはさまれた一人息子に嫁いだ姉。
長男教のウトメと未婚のコトメ三人がいる義実家に、期間限定とはいえ
同居が決まり、新婚なのに大丈夫かなあと心配していた。

一年の同居予定が4ヶ月に短縮され、先日別居した姉に聞いたら予想通りひどかったらしい。
ウトメコトメは何もせず、姉に家事一切を丸投げ。
旦那がいる場所では何も言わない、させないで、嫁を大事にしている私達アピール。
大丈夫だったのと聞いた私に姉が一言。「逐一言い返したわよ」
「まずい、食べられる物を出せ」→「作った人間に感謝できない人に食べさせるご飯はありません。文句があるなら自分で作りなさい」
「●●家の味はこんなんじゃない」→「じゃあ、作ってみせてください。一度も食べたこと無い味なんて分かりません」
「埃がたまってるわよ」→「雑巾の使い方知らないんですか?気がついた人が拭けばいいでしょう」
「風呂がぬるい」→「家族の事も考えて温度調節してるんです。熱いのがお好みなら最初に入りなさい」
こんな感じでガンガン反撃され、最初にウトと義妹が白旗。
トメと義姉二人は「嫁のくせに!」と最後まで怒鳴ってたらしいが、
「トメさんは嫁じゃないんですか? 姑だとおっしゃるならとっとと隠居してください。あなたは過去の嫁なんですから!」
「義姉さんたちは一度でも嫁にいってから言って下さい。家事も多少はできないと、貴女達の望むような高望みの縁談は転がってませんよ!」
姉、家庭板見てんのかなとちょっと疑問に思ったがw
その後ウトメ達の方から同居解消を申し出、別居しましたとさ。

続きを読む