このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

姑「うちの嫁は甘えが抜けなくて普通分娩できない」先生「陣痛室で3日も耐えて、なおかつお子さんの為にすっぱり手術に踏み切ったAさんのどこに甘えがあるんです?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
143: 1/2 2013/02/03 12:20:08
二人目を出産するとき、帝王切開になることがわかっていました。

入院前の説明&同意書サインの折、一緒にくっついて来た姑が
「うちの嫁は甘えが抜けなくて普通分娩できない」
という旨の言葉を口にしたとき、担当の先生(一人目のときも執刀してくれた)
「陣痛室で3日も耐えて、なおかつお子さんの為にすっぱり手術に踏み切った

Aさんのどこに甘えがあるんです?」
姑「甘えているから陣痛がつかなくて、
出産の痛みも知らないから母親になりきれない」

ここで明らかに顔色が変わった先生。
「甘えているから陣痛がつかない、などというのははじめて聞きましたねぇ。
Aさんは促進剤も使って分娩を進めていましたから、痛みというなら十分に味

わってらっしゃいますよ?」
姑、まさにそれだ!といわんばかりにまくし立てる
「ですからねぇ、促進剤なんて使うから痛みが分からないんですよ。
挙句のはてに孫を麻酔の脅威にさらしたんですからねぇ。
したから産む痛みも知らないなんて母親失格ですよ!」

先生、深~いため息をついて、かなーり険しいお顔をお声で
「促進剤使って痛みが軽減するなんて話、聞いたことありません。
寧ろ増加することのほうが多いんですけどね。
少なくともAさんには痛みが増す結果になっていました。
痛みの度合いで母親かどうかを図るなら、
うちの産院にいらっしゃる方の9割はお嫁さんの痛みの域に届いていません。
うちのほぼ全員が母親失格者で埋まっているとでも仰りたいんですか?
麻酔の脅威と仰いましたがうちの麻酔医は有能です。
脅威にさらされるなどというのは非常に不愉快ですね。」

でも、とか昔は、とかアワアワしだした姑w

続きを読む

トメ「うちの嫁は冷凍食品ばかりで...」旦那「嫁が自分(姑)の目の前で作った料理を冷凍食品だと思いこむなんて、うちの母もついに痴呆症が...」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
860: 名無しさん@HOME 2012/03/01 01:57:43
第一子出産以来、ダンナのいる休日に色んな料理をまとめて作って冷凍するクセがついた。
そしたら近所に住む姑が「うちの嫁は冷凍食品ばかりで・・」と言い触らしていたらしい。
青年団の集まりでそれを聞いたダンナが「嫁が自分(姑)の目の前で作った料理の冷凍保存を
そう思いこむなんて、うちの母もついに痴呆症が・・」
と沈痛な面持ちでその場にいた町内会長にかなりマジな相談をしたらしい。

「こないだ俺が酔ってみんなを連れてきた時、嫁がとっさに出した○○や××・・」
「ああ、冷凍庫からありったけ出してくれたっていうあれか!」
「でもありゃどう見ても嫁さんが作ったのを取っといたもんだろ」
「あれを“冷凍食品です!”ってんじゃ、ほんとにお袋さん危ないかも知れんな・・」
「こないだうちの女房に「嫁はこの1ヶ月まともに料理してない」なんて言ってたらしいぞ」
「俺は、息子の結婚以来嫁の手料理を一度も食ってないって聞いた」
「冷凍庫から食べ物出したらイコールで冷凍食品じゃ、嫁さんも一緒に暮らしていられめえ」

満場一致で、姑を病院に連れてくようやたら盛り上がったらしい。
田舎の男ネットワークなので、付随する奥様方も当然そのまま乗っかるのだろう。
急に姑が「いつもあなたの手料理に感謝してるわ!美味しいわ!」みたいになったと思ったら
そういう裏事情があったらしい。

姑を病院に連れて行く、面倒をかけるがどうか協力して欲しいと涙ながらに訴えたダンナ。
もちろん全力で協力しますよ~。
正直どうでもいいレベルの話なんだけど、気に病んでくれてありがとう。
申し訳ないけどこの勢いに乗っかります。
このまま施設行きにな~れ!

続きを読む

姑のせいで場の空気がギスギスしていたので、姪ちゃんが「はいはい。皆落ち着いて~。今から自分を客観的に見るために役割交代しまーす。」と言い出したw

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
592: 名無しさん@HOME 2012/01/31 16:20:16
今年の正月に義実家で。

姑は私に限らず、誰のやることにも一言言わないと気が済まない人。
今年も長男嫁の作ったお節や、私の作った雑煮に「味が薄い」「彩りが悪い」「塩辛い」と
言いたい放題で、でも完食。
気の強い長男嫁は反論、長男や夫も姑を諫めて、場の空気がギスギスしていた。
そんな中、長男夫婦の娘(以後姪ちゃん・大学生)がパンパンと手を叩いて立ち上がった。
「はいはい。皆落ち着いて~。今から自分を客観的に見るために役割交代しまーす。
 お母さんと叔母さん(私)は私の役。お祖母ちゃんはお母さんと叔母さん役。
 私はお祖母ちゃん役ね。お父さん達は・・・・・うーん?梅ちゃん(猫)役ね。
 ほらほら立って!!」
そして姑を台所に追いやって
「お祖母ちゃん、私は役割通りこたつでテレビ見ながら用意が遅いって文句言ってるから
 早くご飯の支度をしてよ!」
で、持ってくる物に次々ケチを付けはじめた。
姑がぶるぶる震えはじめると
「だって私は、文句付けるだけ付けて全部食べる人の役だも~ん」
そして長男嫁に向かって
「どう?正月から自分の家族が噛みつき合ってる醜い姿を見せられる子供の気持ちは?」
何か言おうとした長男と夫に
「何?いつも引っかき回すだけ引っかき回して。
 自分は嫁の見方をする良い夫の気分だけ味わって満足して、でも結局家事も手伝わないで二人でお酒飲み始めちゃう人たち。
 梅ちゃんは可愛いけど、可愛くもないお父さんも叔父さんも梅ちゃん以下だよ!」
と言って、梅を抱いて舅の仏壇に向かい「お祖父ちゃん。正月早々うんざりだね。
もうお祖父ちゃんと私と梅ちゃんでお祝いしようね!」と仏間に鍵を掛けて閉じこもってしまいました。

夫は私が姑から何か言われると、その場で抗議してくれるし私の味方をしてくれるけど
なんだかモヤモヤしていたんですが「ああ、そういえばこの人口だけ挟んで姑を激昂させるだけで
具体的に助けてくれたことは無いんだ・・・・」とスーと気持ちが冷めてしまい。
大学生とはいえ、子供の前で言い争う姿を見せた自分たち大人が情けないやら恥ずかしいやら

続きを読む

自称「私ってアラフォーで通じちゃうの」な還暦姑。出産直前で身動き取れない義妹に代わって、義妹の上の子の参観日にものすごい派手な格好で登場!

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
919: 名無しさん@HOME 2010/12/13 00:03:32
自称「私ってアラフォーで通じちゃうの」な姑@ジャスト還暦
出産直前で身動き取れない義妹に代わって、義妹の上の子の
参観日にものすごい派手な格好で登場。
(肩パッドが超いかつい上に妙に明るいマルチカラーのスーツ)

「こんにちは○くんママ!」「ああ違うの!私おばあちゃんなの!
お母さんじゃないのよ紛らわしくてごめんなさいねウフフ!」って
ノリの予定だったらしい。

でも小学生達がことごとく「こんにちは○くんおばあちゃん!」って
最初から応対してくれたそうだ。
まあ見りゃ分かりますよって話だもんなあ・・。
意地でも返事せずに「私の名前はおばあちゃんじゃなくて
○子よ~」とか言ってたらしいけど、当の孫がしらーっとしながら
「○くんのお母さんはあんなに若くてきれいなのに(推定30歳)
自分のことおばちゃんって言うのにね。倍見苦しいね」
ってため息ついてて、返す言葉を失ってたよ。

普通に60歳として振舞ってれば、けっこうきれいな上品マダムを
十分狙える人なんだけどね。
なんでああ若さに執着しちゃうんだろうなあ。
若ぶろうとして年々ケバくなってくのが妖怪っぽくてちょっと怖い・・。

続きを読む

姑「嫁たるもの夫とその両親に心をこめて~」義兄嫁「はっはっは、現代っ子には全くもって面白くないジョークですね!トメ子さん世代で流行ってたんですか?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
894: 名無しさん@HOME 2010/12/11 21:59:53
お下品な流れを豚切り。

トメはまさしく姑!という感じのトメトメしい人。
悪気があるのかないのか料理方法が云々掃除が云々。
食事や洋服を捨てたりする行動的な姑ではなかったのが救い。

私は長い付き合いになるし、毎日顔を合わせるわけではないから、と我慢していた。
結婚二年ほどで義兄が結婚。義兄嫁さんは飄々と捉え所が無いというか、独特な雰囲気の人。

初めて三人で台所に立った時、姑が「嫁たるもの夫とその両親に心をこめて~」という内容のことを説教しだした。
すると義兄嫁さんは間髪いれず
「はっはっは、現代っ子には全くもって面白くないジョークですね!トメ子さん世代で流行ってたんですか?」

もう姑も私もポカーンとしてしまった。次いで私は爆笑。トメは「そ…そうね。オホホ」としどろもどろ。

スカとは違うかもしれないけど、それで私は姑への接し方を理解出来て、結構幸せにやっています。

続きを読む

姑「大した怪我でもない癖に嫁が病院に通うなんて生意気。そんな暇があるなら、私を車で病院に連れて行きなさい!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
450: 1/2 2010/09/16 23:26:38
ああ、そういうことか。ごめん、ありがとう。じゃあ書きます。
もしかしたらDQNかも知れない。本人了承済みです。

整形外科のリハビリ室でのこと。
リハビリだから、結構な頻度で通うため、患者さん同士が知り合いなことも多い。
私が知り合ったのは比較的軽度の怪我で通院してたお嫁さん。
それでも先生には週にニ、三回通って様子を見てくださいと言われているらしい。
私はそれよりも頻度が高いので、通えば二回に一回は会う。

その日はお嫁さんだけじゃなくて、なぜかトメも一緒に来ていた。
最初はお姑さんも通院?と思ったが、そうではないらしい。
話を聞いてみると

・大した怪我でもない癖に嫁が病院に通うなんて生意気
・そんな暇があるなら、私を車で病院に連れて行きなさい
・その帰りにデパートに寄ったり、カルチャーセンターに連れていくなりするのが嫁の務め
・ここにいる人たちだって、皆お姑さんについてきてるじゃない

とのこと。それを待合室で大きな声を出して言うものだから、お嫁さんオロオロ。
諫めてもあなたは黙りなさい!の一点張り。

続きを読む

姑「里帰りするならこっちで産みなさいよ。ちょうど年末に会議所の大掃除があるのよ。」夫「妊婦が!臨月で!真冬に!そんな大仕事を!できるわけないだろうが!!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
251: 名無しさん@HOME 2010/06/14 23:38:40
結婚当初から姑とはうまくいってなかった。一方的に嫌われてた。
そのへんのフォローはしっかりできる人と信じてた夫は思いのほか頼りなかった。
「キツイ人ですまない。ほんと、お前が大人で助かってるよ」こんな感じ。
体のいい「お前が我慢すればいいから黙ってろ」だと気づくのに、結構時間がかかった。

それでも子供が欲しくて、妊娠したので、実家近くの病院を予約した。
義実家にも報告し、里帰り出産するつもりだと言った。
すると姑が「里帰りするならこっちで産みなさいよ。今年うち町内会の役員で、
ちょうど年末(※12月出産予定)に会議所の大掃除があるのよ。
あんなもん適当でいいだろうに、なんか寒い中丸一日かけるのよねー。
年明けには成人式の手伝いもあるし、今年は若い人がぜんぜんいなくって。
ほんとちょうど良かったわ。ね、うちでゆっくり産みなさいよ」と笑顔で言った。

あまりのことにボーゼンとしていたら、夫が机を思いっきり叩いた。
「ふざけるな!自分が何を言ってるのか分かってるのかよ!」と怒鳴った。
優しげなのと頼りないのがあやふやな夫、大きな怒鳴り声なんて初めて聞いた。
姑は本当に何が悪いのか分からなかったようで、驚いていた。
「妊婦が!臨月で!真冬に!そんな大仕事を!できるわけないだろうが!!」
「産後だってそうだ!なんのための里帰り出産だ!なんでそんな発想になれるんだ!!」

続きを読む

姑「嫁子ちゃんそんなに大変なら私が預かってあげる。粉ミルクで育てているのよね。だから大丈夫。」母「辞めてください!母親から赤ん坊を取り上げようなんて鬼のような人ね!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
4: 名無しさん@HOME 2010/02/23 14:39:00
実母が姑に。

産後三カ月、姑は孫を連れて遊びに来いと毎日のように電話をかけてくるけど
そんな余裕全くなかった。ので、その都度断っていた。
で、ある日実母に家事育児を手伝いに来てもらった。
そこに姑が来た。
「嫁子ちゃんそんなに大変なら私が預かってあげる。粉ミルクで育てているのよね。
だから大丈夫。」そういって哺乳瓶とか粉ミルクとかおむつとかを
荷造りし始めた姑。私は突然のことで何をどう言ったらいいのかさっぱりわからなかった。
姑は50代だけど見た目若く、はでな美人で何でもはっきり言うタイプで、
意地悪とかされたことはないけどぼんやりな私は苦手だった。
実母はおっとりぼんやりな人で、人の悪口を言ったり、怒鳴ったりしているところを見たことがない。
実母は立ち上がって姑に向かって
「辞めてください!母親から赤ん坊を取り上げようなんて鬼のような人ね!」
って怒鳴った。
30年生きてきてこんな母親見るの初めてで、びびって腰が抜けそうになった。
鬼って…あの母が人に向かって…
姑はビビってごにょごにょ言って帰って行った。
のちに姑から電話で、家も近いのに会えなくてつらかったからと謝ってくれたけど
とにかく実母を見直した。母は強いな。私もしっかりしようと思いました。

続きを読む