このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

嫁イビリ

結婚したばかりの頃、トメが凄かった!→トメ「子連れオオカミめ!財産奪おうったってそうはさせない!」私「??」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
440:名無しさん@HOME2010/04/03(土) 14:17:22
流れ読まないで、投下します。 

お下品な表現あり。お許しください。 

6年前、子連れで今のダンナと再婚した。 
結婚と同時に家を建て、もともとダンナと2人暮らしだったトメも同居。 

結婚したばかりの頃、トメは凄かった。

続きを読む

【後編】伯母「男に家事をさせるなんて!」嫁「うちの人は本当に優しくて」伯母「まぁ!」→やたら嫁いびりする伯母が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
久しぶり?ってこともないかな。
あれからずっとスレ見て考えてたよ。
皆の書き込み見て、俺のどこがおかしいのかじっくり考えた。

続きを読む

【中編】伯母「男に家事をさせるなんて!」嫁「うちの人は本当に優しくて」伯母「まぁ!」→やたら嫁いびりする伯母が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
新幹線のチケット確保できた。
今日の昼前の新幹線だから、今のうちに休んどく。
なんかあったらまた書かせてくれ。

今更だけどトリつけとく。

続きを読む

【前編】伯母「男に家事をさせるなんて!」嫁「うちの人は本当に優しくて」伯母「まぁ!」→やたら嫁いびりする伯母が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
245:名無しさん@おーぷん 2015/08/11(火)21:14:22 ID:6e5
うちは15歳差の年の差婚で、嫁が29歳の時に入籍した。
入籍から2年たった今、嫁は妊娠4か月、つわり真っ最中で仕事も休みがち。
俺のほうは仕事の融通が利くので、早めに帰宅して家事をしたりしている。

続きを読む

【2/3】俺(最近嫁の料理が不味いな...)→俺「この料理は誰に聞いたの?」嫁「お義母さんだよ」俺「...嫁イビリか!?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
あの、嫁のメシがまずいからなんですけど…。


続きを読む

ウトメ「お前はいらない子なんだよ!」私「...よし、やるか」→気づいたらウトメは失神していて...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
88: 1/2 2010/12/16(木) 13:47:30 0
だいぶ前にやらかして、最近ウトに実家凸された。

テンプレの嫁イビリが大好きなウトメ。
近距離別居(近距離車で15分くらい)だった当時、料理の味付けに文句(でも皿ごと持って帰る)や洗濯物隠したり、
人の物を勝手に売ったりと迷惑千万だった。夫と義弟が〆ても全然駄目だった。
ここずっと息子(もうすぐ2歳)がリハビリに通院しているのだが、それが気に食わないらしく
「障○児だ」
「△△ちゃん(夫の事いまだにちゃん呼びしてる)の子じゃないんでしょ?」
と言い、近所にも無い事無い事風潮して回ってた。

続きを読む

【呪文】トメ「嫁子は出汁も満足にとれないのか!女のくせに!」私「...バルス」トメ「ん?」→結果www

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
474: 1/2 2012/06/20(水) 21:12:27.52 0
皆さんに比べると、されたこともしたことも大した事ないですが…


うちのトメは外面がよくウトや夫の前では「嫁にも優しい良き姑」を完璧に演じるが
ひとたび私と二人きりになるとテンプレどおりの嫁いびりをする。

続きを読む

妻「このまま少しずつ弱って死ぬだけなら、今生きる意味は何が在るの?」 夫「それでも僕や子供にとっては、世界で一番大切な存在なんだ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
この話は長文です。
334: 名無しさん@お腹いっぱい。 2010/10/19(火) 20:31:03
自分語りスマソ。
話の始めはスレ違いに思えるかも知れないが吐き出させてくれ。

10年前の春、私(♂)夫婦と同居している私実両親のうち、母が3年の闘病の末亡くなった。
俺様な父は自分の妻の葬儀にも喪主を私にマル投げ、面倒なことは全て私と妻がやり終えた。

居なくなった母の家庭内での役割を出来るだけ私達夫婦で分担したつもりだが、
私には仕事もあるので、夕飯時などは妻が家事を一人でこなしていた。
父は止める母が居なくなったのを良いことに朝昼晩と酒を絶やさなくなった。

後から判ったことだが、どうやらその頃から、舅の嫁イビリが在った模様だ。
妻は、当時独立してまもなく自営業を軌道に乗せようと必死になっていた私に心配を掛けまいとしていたらしい…

母が春に亡くなり、その夏、妻の身体に異変が起きた。

末期の癌であり、早くて3ヶ月、もって半年だと言う。


長くなるので、分けて書きます。

続きを読む