このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

最低

【非常識】ママ友「うちの旦那が今月末でリストラされるから、アンタの仕事回してよ」私「は?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
470:1/32009/01/09(金) 22:06:38 ID:VoORfLIL
在宅仕事で修羅場中の私もクレクレ被害にアッタヨ。 
麻生さん、なんとかならんかね。

続きを読む

私「お約束守って頂けないみたいなので、今後は預かれません」託児ママ「そんな事言わないでよ~w」→後日、ママ友がドアを...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
123:名無しさん@家庭ちゃんねる2015/04/15(水) 14:16:47
小1息子・未就園児の母です。 

数ヶ月前にお隣の部屋(分譲マンション)にAさん一家が引っ越して来ました。(Aちゃんと息子は同学年です) 

先週、私は集団下校の解散場所まで息子を迎えに行きました。Aちゃんもいました。 
一緒に帰宅し、Aさん宅のインターホンを押しましたが反応がありませんでした。 
Aちゃんに『お母さん宛に手紙を書いて置くからうちで待つか』と聞きましたが、『エントランスで待つ』と言うので一緒にそこで待っていました。

続きを読む

好きな人が出来たという理由で振られた元彼からメール→元彼「イブは俺の部屋でパーリートゥナイ?」私「は?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
793:名無しさん@HOME2009/12/18(金) 09:20:08
先月別れた元彼から。ちなみに好きな人ができたのは向こう。 
結局振られたらしいが。 

件名:クーリースマスキャロルがー 
本文:流れる季節になりましたなあ。 
   今年も○子と過ごしたいんデチュ☆ 
   イブは俺の部屋でパーリートゥナイ? 

断ると、

続きを読む

A男「新婦ちゃんの結婚相手って元彼くんじゃなかったんだ〜」新婦「!?」→空気読めないA男のせいで式が台無しに...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
971:愛と氏の名無しさん2010/05/01(土) 01:53:14
男だが新婦側友人として参加した結婚式 
オレは新婦とはあまり深い仲では無かったが友人(A男とする)が仲良し 
だった為、式に誘われたらしく「男一人は嫌だからオマエも来てくれ」 
と言われ参加する事になった(A男が新婦に段取りつけた) 
式当日、新婦友人らしい女(B子とする)がオレに「A男の友達ですよね?A男が酔っ払ったらお願いしますね」
と言ってきた(A男とB子は顔見知りらしい)なんやらよくわからんが「はい」と言っておいた 
そして事件はご歓談中に起った

続きを読む

夫「部屋に篭ってないでキャンプに行こうぜ〜w」私「は?」→流産したその日に...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
397: おさかなくわえた名無しさん 2012/11/13(火) 02:52:45.30 ID:TOzerfHD
夫の親族とキャンプに出かける日に流産し
午前中処置して昼頃帰宅した。
その日は一日休養するつもりだったのに

続きを読む

彼「俺、多分ウワキしました...」私「多分って何?」→彼のロからとんでもない言葉が...【4/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
前記事⇨彼「俺、多分ウワキしました...」私「多分って何?」→彼のロからとんでもない言葉が...【3/4】

532:◆DuoCt8/SKk 2012/10/19(金) 21:39:34.01 ID:RS6jmFjT0
みなさん、ありがとうございました 
無事に今日で終わりそうです 
終わる終わる詐欺常習犯で、ご迷惑お掛けしました

続きを読む

彼「俺、多分ウワキしました...」私「多分って何?」→彼のロからとんでもない言葉が...【3/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
すみません・・ 
>>344 
ついに言われちゃいましたねすみません 

おやすみなさい

続きを読む

彼「俺、多分ウワキしました...」私「多分って何?」→彼のロからとんでもない言葉が...【2/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
震えるほどにドキドキしたのは初めてで、家に帰ってもしばらく動揺し続けていました
あんな去り方をしてしまったことを彼に詫びなければならないのに 
一人置いてきぼりにされて、彼はきっと不安でしょうがないだろうから 
でもメールの一つさえ私はできなかった 
なんて送ればいいか解らなかったし、今は自分の気持ちを整理したかった 
少し時間が欲しかった 
でも、その日の夜更け、彼からメールがきました 

続きを読む