このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

病気

【悩み】旦那「部屋のゴミなんとかして!」私「ごめんね、ごめんね...」→どうしてもゴミ部屋にしてしまう病気かも...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
281:可愛い奥様2010/12/28(火) 10:13:15 ID:hpxKnuWJ0
私も子供の頃からゴミ部屋で、どうしてもモノを片づけられなかった 
ジュースのペットボトルを買って部屋に持ち込むんでも、 
どうしても最後まで飲めなくて、必ず数センチ残して放置してしまうとか、 
ちょっと頭のどこかがおかしいんだと思う 
(↑お腹いっぱいで飲めないわけじゃないです)

続きを読む

元彼「俺は手術受けて記憶がなくなるかもしれないけど、今までありがとう」私「!?」→元彼に急いで連絡してみると既に記憶が...【4/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
>>73 
そんな人がいるんだ。 
私とはまた違うけど、それも辛いんだろうな。 
私には計り知れないことだわ 

続きを読む

元彼「俺は手術受けて記憶がなくなるかもしれないけど、今までありがとう」私「!?」→元彼に急いで連絡してみると既に記憶が...【3/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
彼が全面的に悪いように書いてしまったけど、
彼は彼なりに私のためにがんばってくれたこともあった。

続きを読む

元彼「俺は手術受けて記憶がなくなるかもしれないけど、今までありがとう」私「!?」→元彼に急いで連絡してみると既に記憶が...【2/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
あのお正月は本当に幸せだった。
彼は今までで一番優しくて

建設中のスカイツリー見に行ったり
二人で美味しいご飯食べたり
親も私の心の居場所が家族より彼にあるのを知って(お父さんとは仲直りができてなかった)
好きにさせてくれた。

色んなところへデートしに行って
そんな当たり前のこともずっとできなかったから幸せで楽しくて

生きててよかったなぁって思った。

続きを読む

元彼「俺は手術受けて記憶がなくなるかもしれないけど、今までありがとう」私「!?」→元彼に急いで連絡してみると既に記憶が...【1/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/06/23(月) 09:45:59.65 ID:LJ0IgRgZ0.net
助けて。 
すごく嫌な思い出で、朝から氏にたくなった。

続きを読む

【GJ】近所のおばさん「トメさんの様子はいかが?」私「あ〜実は入院してて...」→病状からすべてお話してあげた結果www

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
443:名無しさん@HOME2009/09/27(日) 14:45:54
うちの姑もすぐ人の不幸や苦労を言いふらす。 
私も流産したとき、子宮系の病気になったとき言いふらされてすごく辛かった。 
ので、距離をとって別居してた。

続きを読む

【決断】医者「どうしますか?蘇生しますか?」俺「...蘇生してください!」→母の容態が悪化し...【4/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
前記事⇨【決断】医者「どうしますか?蘇生しますか?」俺「...蘇生してください!」→母の容態が悪化し...【3/4】

66
:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/09/14(日) 00:51:31.88 ID:s8S6PYXy0.net
朝5時になった。 

母親の血液を検査する。 

その検査の結果次第で容態がどうなっているのかがハッキリ分かる。 

さっきの同郷の看護師さんが、独り言のように「良くなってるといいですね〜」と言いながら血液を持って外に出た。

続きを読む

【決断】医者「どうしますか?蘇生しますか?」俺「...蘇生してください!」→母の容態が悪化し...【3/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
前記事⇨【決断】医者「どうしますか?蘇生しますか?」俺「...蘇生してください!」→母の容態が悪化し...【2/4】

49:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2014/09/14(日) 00:39:14.93 ID:s8S6PYXy0.net
また控え室にもどり、始発まで待ってから父親と家に帰った。 

駅のそばのコンビニの前で父親と別れ、マンションに戻った。 

心身ともに気絶しそうなくらいに疲れ果ててはいたけど、お風呂に入った。 

風呂に漬かっているときに人生でおそらく最大の溜息が出た。

続きを読む