このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

病気

私が病気になった後、良コトメが同じ病気になった。感染する病気ではないのにトメが「嫁子がうつした。ワザとに違いない」とか意味不明な因縁をつけてきたので...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
858: 名無しさん@HOME 2011/01/17(月) 02:46:55 0
私が病気になった後、良コトメが同じ病気になった
ちなみに感染する病気ではない
トメが「嫁子がうつした。ワザとに違いない」とか
意味不明な因縁をつけてきたので
「故意にうつせるならトメさんにしますよー
ささ、ずずいっと私に近づいて!」とトメに近づいたら
悲鳴を上げて逃げていった
その後ウトにトメが「嫁子が私に病気をうつそうとした」とチクッていたので
「お医者様も感染する病気じゃないってアレほど言ってたのに。
何度も同じこというなんて痴呆かしら?
痴呆もうつるのかしらねえ、あーいやだ」ってトメの耳元で言ってやった。
トメはまたウトに言いつけてたけど、ウトにいまいち上手く説明できなかったらしく
「痴呆がうつる?お前は馬鹿か?」と呆れられていたwww

続きを読む

さっき風邪で病院に行ったら待合室にトメがいた。トメ「大丈夫?嫁子ちゃん。所でね今度の選挙なんだけど...」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
272: 名無しさん@HOME 2007/07/09(月) 13:58:57 0

さっき風邪で病院に行ったら待合室にトメがいた。
咳で眠れなかったので顔もヌンクの叫ぶ人になっていたノーメイクな私。
そして寝不足と生理前で機嫌もマックスに悪かった。
誰にも会いたくなかったのにトメに会うなんて・・・@近距離別居半年会っていない
選挙の時期に層化信者のトメに会うのは厄介な事だ。
案の定「大丈夫?嫁子ちゃん。所でね今度の選挙なんだけど・・・」
と読み通りの言葉を言い出すトメの言葉を遮って
「信心で生活習慣病治してみせるって言ってたのに結局病院通いですかっ。
摂生しないで食べたいだけ食べて病状悪化させて薬ですか。
私には信心がないから病気になるって言ってたのにお義母さんったらw
信心養う前に自制心持ってくださいよ。
動物だってお腹がいっぱいになれば必要以上食べないんですから」
とトメの大好きな息子タン(旦那)に寄り添いながら言った。
旦那が「ブッww具合悪くても嫁子のトークはキレが良いねw」
と言った所で診察に呼ばれ、旦那と診察室へ。(旦那も風邪気味で一緒に診察)
診察が終わって待合室に出たらトメの姿は無かった。

ドキュだったかな。
私的にはスッキリしたので良いや。
スッキリしたら何か体調が良くなってきたし。

続きを読む

夫が2年間の闘病の末他界。葬儀にやってきた義兄弟「病気だからと言って墓の手入れをしなかったからこんな死に方をした。墓に入れてほしいなら頭を下げろ」と娘に言ってきた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
666: 名無しさん@HOME 2010/09/29(水) 02:32:00 0
夫が2年間の闘病の末他界。
義兄弟は適当な理由をつけて一度も見舞いに来なかったが、
葬儀の前日にぞろぞろと来訪し、口々に
「姉の世話もしなかった役立たず」(義両親はすでに他界、独身の義姉が一人で実家に住んでいる)
「病気だからと言って墓の手入れをしなかったからこんな死に方をした」(病院にほぼ泊まりきりで
彼岸やお盆などに手が回らなかったため、手入れを任せた)
等と娘と夫の亡骸の目の前で言ってのけた。
そして極め付けに墓に入れてほしいなら頭を下げろと娘に言いだした。
私は血が繋がっていないので蚊帳の外、という状態を演出したかったらしい。
私も娘もそんな事を言われて墓に入れる気も入る気もないので、丁重にお断りして、お帰りいただいた。

ただその日は大雪の日で、迎えが来る予定は3時間後くらい。
携帯も持っていなかったようで、公衆電話探して連絡したようです。
その間ご一行は雪だるまになっていました。
悲しみとキチ相手のショックで傘や防寒着の心配など頭から抜けていました。
70・80の老体で軒下もないところで良く頑張ったと思います。

その後墓の権利書をよこせとか訳のわからない事を言われたけど
詳しい墓の継承の事を教えず、ずっと私側に墓の権利?があるように思わせているのがDQNじゃないかな、と。
なぜか墓の権利に相当執着があるようなのでプチスカです。
ちょっと調べればわかる事なのに、学習しようともしないのはどうしようもない。

こちらからは極力キチとは係わらない方向で、という結論に至り何事にも応じず、静観しながら数年が経ちました。
留守電に「お墓の云々~」と入っていて、ふと思い出したのでカキコ。

続きを読む

トメ「早く行ってあげなさい。家の事は心配しないで、今はお母さんの事だけ考えてあげて」→裏では「嫁子の親は病気の癖にいつまでも生きてる」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
482: 1/4 2010/02/19(金) 16:48:31 0
実家の母が危篤状態になり、同居トメに言うと
「早く行ってあげなさい。孫ちゃんも連れて行ったらいい。
何よりの薬よ。家の事は心配しないで、今はお母さんの事だけ考えてあげて」
と言ってくれた。
嫌味トメもやっぱり母なのね!と感動。

すぐに夫に電話し、1週間は実家の方に行くことを伝えた。
家には足の悪いウトが居て、トメ一人では何かと不便だろうと思い、
近所の義兄の家まで行き、
義兄の奥さんに「何かと迷惑かけるかもしれませんが…」事情を話し
「これから荷造りして実家に行く」と言うと手伝ってくれると言ってくれた。
子供の物もあるので、箱がいるだろうと近所の酒屋に行き段ボールをもらい、
家に帰るとトメが何やら電話してる。

内容は「嫁子の親は病気の癖にいつまでも生きてる」
「死んでもお父さんが生きてる限り遺産も来ない」
「大体行っていいって言われたからってはいそうですか、と行く嫁がどこに居る。
ここは遠慮するのが本当だ」
「しゃーしゃーと(義実家名字)孫男まで連れて行く気だ。頭おかしい」
(義実家名字を強調)

これ位話した時点で数メートル後ろに静かに立ってる私と義兄嫁と姪に気が付き、
慌てて電話を切るも、すでに遅いよ。

私と義兄嫁は無言で私の部屋へ、姪はトメに怒り狂ってたけど
義兄嫁が「そんな人ほっときなさい。手伝って。こっちは急ぎなの」と言うと
冷たい目でトメを一瞥し、黙々と作業。

続きを読む