このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

確執

【確執】トメ「嫁子さんはまだ汚露があるからお宮の中には入れないわねw」私「は?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
729: 名無しの心子知らず 2007/04/18(水) 20:55:14 ID:Roesb6Ej
初出産の後、トメに

続きを読む

私「寝てるんで静かにしてくださいね!」ウト「がおー!」→息子が寝てるのにウトが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
341: 名無しの心子知らず 2013/12/16(月) 19:07:28.37 ID:RodDqCvr
初孫(3ヶ月)に浮かれまくりのウトメ。
敷地内同居だから、アポなし訪問、窓から覗くなんて日常。

続きを読む

旦那「母さんが『あんなブクブク太った嫁、お前は恥ずかしくないのか』って言ってるんだけど...」私「えっ!?」→表向きは普通なのに...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
231: 可愛い奥様@\(^o^)/ 2015/02/11(水) 01:43:24.96 ID:zOKX0ijU0.net
私の容姿が原因で義実家から嫌われてます
姑は旦那に「あんなブクブク太った嫁、お前は恥ずかしくないのか」と言ってるらしいし
初対面の義親戚からは「結婚写真は可愛く撮れてよかったね!」と言われたり
義弟はデブスが義姉と知られたくないようで人前で避けるし

続きを読む

うちの義実家には酒飲みサイマーですぐ暴言を吐くクソウトがいるんだけど、ある日、そんなウトに義兄嫁がブチ切れた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
825: 名無しさん@HOME 2014/04/13(日) 01:16:31.35 0
義兄嫁は強い。嫁に来たのが私より前だからか、それ以前の確執があるのかとにかく強い。
うちの義実家にはクソウトがいるんだけど、酒飲みサイマーですぐ暴言を吐く。そんなとき何か言われたら義兄嫁がプッツン。
「今なんて言った、表に出るかガリガリじじい」と家族で食事中かに道楽でやらかしたり、
料理についてネチネチ言われたら「てめえは魚まともにさばけるのかよ。三角コーナーに生ゴミネットかけるのもやったことないだろ」と面と向かって文句言ってた。(義兄嫁は料理は得意)
あと、義実家は言葉が荒いことで有名な土地なんだけど、それを自慢げにひけらかすウトに、「汚い言葉自慢げにつばまき散らしながら喋るな。恥ずかしい人間だな、口臭いだけで十分迷惑なのに言葉も汚いと洒落にならない公害ジジイだな」と吐き捨てたりしてた。
ウトは次の日酒が抜けるとシクシク泣いてるんだけどそれを義兄嫁は汚物見るような目でみてる。
時たまのことでも毎年正月の恒例行事で正直怖い。
ウトが傍若無人になったのは、空気な義実家の人達のせいなんだけど、それを義兄嫁にも適当してるから、ウトに言い返えせる義兄嫁が皇帝のように君臨してる。
多分ウトのことも義兄嫁のこともみんな疎んじてるんだけど、誰も注意しない。
ウトと空気トメは義兄嫁には見切りをつけてて私にはなんでもずけずけ頼んでくるし暴言を吐く。夫は空気。
義兄嫁の悪口を言って、私をageる振りして老後の面倒を見させようとしたり。
ちなみに義兄は義兄嫁にめろめろで義兄嫁が何言っても黙って聞いてるか、言いなりでイエスマンやってる。
同じ嫁なのに扱いが違いすぎて辛い。
(義兄嫁は自分たち家族のこと以外には無関心で私には攻撃もないが援護もない)

続きを読む

偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに、毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に、嫌がるわたしを連れ出そうとした夫

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 13:48:39
偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに
毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に
嫌がるわたしを連れ出そうとした夫。

「ウニでもイクラでも好きなもの好きなだけ
食べていいってとうさんも言ってるからさぁ、
おねがいだから形だけでも来てよ」

例年はわたしが率先してわが子とコトメ子たちの世話もしていたので、
食べるものは子どもたちが食べ残したシャリとかだけだった。
でも、もうそんな気遣いなんか誰がするか!
お言葉どおり、好きに食べてやる。

というわけで今年は自分の子どもの世話は夫に丸投げ、
コトメコの面倒だってまるで見ずに、
遠慮せずに思い切りあぶり中トロだのブリだの
ばかすか注文しまくって腹一杯ご馳走になった。

「嫁子さんって少食じゃなくなったんだね」とぼそりとつぶやくウト。
こころなしか顔面蒼白気味。

わたしが少食だったわけじゃなくて、今までは遠慮してたのと、他人の世話で
食べたくても食べられなかっただけなんだよ。

以来偽実家から会食のお誘いはない。

続きを読む