このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

罵詈雑言

【武勇伝】親友「なんか知らんけど兄ちゃんの友達になぐられる。もう嫌だ」私「私が代わりに復讐してやる」→ 結果...

このエントリーをはてなブックマークに追加
644:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/2014/06/18(水) 13:42:41.27 ID:J8TPKSX10.net
誰も書いてないようなので。 
ぼかします。 

小学生の時にした復讐。 
私が小4の時。親友(以下A)がいじめられている、と相談してきた。 
いつものように下校中、くっちゃべっていた時だったと思う。

腕のあざを私に見せて 
「なんか知らんけど兄ちゃんの友達になぐられる。いつもいつも。もう嫌だ」
そんなことを言っていたと思う。

続きを読む

【育児】ママさん「人が乗ってきたからって話しかけんじゃねえ!まじうざいから!」娘「...」→ 娘へのフォローどうしていいか分からない...

このエントリーをはてなブックマークに追加
653:名無しの心子知らず@\(^o^)/2017/03/21(火) 01:49:26.63 ID:CrgFbLkT.net
娘へのフォローどうしていいか分からない 
たぶん長文、気持ちが落ち着いてないごめんなさい 

バスに私と年少の娘で乗っていたところ、途中で
隣に同じくらいの女の子と母親が座りました 

娘は同年代の子に気軽に話しかけてしまうタイプで
相手の娘さんもそのような感じなのか、こんにちはから始まり
それかわいいね、ありがとう、みたいな他愛ない会話を
一言二言交わしたと思う。

続きを読む

トメ「孫ちゃんは本当に息子の子?あんまり似てないじゃない」→私「実は違います」トメ「ヒィィィィ!このこの...阿婆擦れが!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
197: 名無しさん@HOME 2007/12/20(木) 09:33:59 0
トメは凄い嘘つき。
最後は「言った言わない」の水掛け論に持っていくもんだから、
ICレコーダーを用意しようとしたが、
私も「嘘つき作戦」で行こうと思った。
長男を連れて、旦那と義実家に行った時、トメと二人っきりになると
「孫ちゃんは本当に息子の子?あんまり似てないじゃない」と
トメニヤニヤ。
私小さな声で「実は違います」。
トメ、湯呑みを落とした。
真っ青になり「ヒィィィィ!むっ息子ちゃん!息子ちゃん!このこの・・・阿婆擦れが!」
旦那「何があった?」と飛んでくるも私は「何も知らない」でマヤる。
トメ興奮し私への罵詈雑言。
私「わかりません、お義母さまが突然に・・・・」と涙する。
興奮するトメをウトが無理やり奥の部屋に押し込め、
「嫁子さん、申し訳ない」と頭を下げ、私達家族は家に帰った。
で、その日の夜旦那の所にトメから電話。
「嫁子と離婚汁、子どもを捨てろ」と。
息子が大好きの旦那、大激怒。
「かあさんとの付き合いは、これっきりにしてもらう。
もう二度と電話もしてくるな」
で無事絶縁。
クリスマスと正月は、家族だけで楽しく過ごします。

続きを読む

【前編】友人に頼んで私宛にあるカセットテープを送ってもらった結果www

このエントリーをはてなブックマークに追加
337: 名無しさん@HOME 2007/10/18(木) 14:44:38 0
プチ投下。

トメの私に対しての罵詈雑言が酷い。
(旦那には、私と嫁子は仲良しだもんね~。」などと言っている。)
他に人がいない時を見計らって近くによってきては
一人ごとのように言う。
別居なのでスルーしていたが、時には私の背後に廻って耳元に
囁くようなこともあって、さすがに鬱陶しくなったので一計を案じた。

時々、私宛の葉書、封書などを勝手に
開けてた事も分かっていたので(時々我が家にきて勝手にポストを
覗いていた。これはこれで許せないが)
あるカセットテープを、友人に頼んで私宛に送ってもらった。
いかにも妖しい雰囲気をかもしつつ、
「重大な○○(私の名前)に関しての秘密を吹き込んであるテープである」
というような文面を添えて。

案の定、トメはそれを盗み見してどうしてもテープの内容を
知りたくなったらしい。
どうせなら旦那にも「私の秘密なるもの」を聞かせたかったのだろう、
私と旦那が一緒にいるときに
「ちょっと、嫁子さん、このテープ友達からもらったの。
とっても 楽 し い も の らしいんだけど 私聞き方分からないの~。
聞き方教えてくれる?よかったら 一緒に三人でききましょうよ。」
と言って訪ねてきた。
よく言うよ、カラオケのカセット、いつも自分でいじっているくせに、
と思いながらも、wktkしたように見せつつ
「わ~、楽しみ!何かしら?」と言ったりしていた。
続く。

続きを読む