このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

義実家

ウトメ・コトメコウトは、とにかく夫の前カノさんが大好き。義実家で集まりが会った際は必ず、いかに前カノさんが美人でそれに比べて私が不細工であるかを笑い混じりに話す人達...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
358: sage 2012/03/24(土) 13:39:04.26 O
投下します。
中距離別居のウトメ・コトメコウトは、とにかく夫の前カノさんが大好き。
義実家で集まりが会った際は必ず、いかに前カノさんが美人でそれに比べて私が不細工であるかを笑い混じりに話す人達。
夫はそれを笑いながら聞き、たまに同調するような人。

で、昨年末の義実家集まりの時、コトメが“うっかり”夫と前カノさんのプリクラを落としたのを拾ってしまった。
確かに前カノさんはモデルみたいな美人で、こんなに可愛い人の後に私が来たらガックリくるよなぁ……と自分でも納得してしまった。

一番盛り上がるのは食事の時でこの時も前カノさん上げ私下げで、やはり夫は私を庇いもせず楽しそうに笑ってる。
トメが
「ほんと前カノちゃんがお嫁にきてくれたらよかったのに~(笑)なんで別れたの?嫁子さんと離婚して前カノちゃんと結婚すればぁ?」
と言えば一同大爆笑。
そこで私は無言で無記入の緑の紙をテーブルの上へ。

義実家一同ポカーン。
トメが「え?あ、」とパクパクしだしたので、
「離婚届です。ちょうどいいタイミングで話に出たので。(夫名前)さん、記入お願いしまーす」とペンを夫に握らせてあげた。

冗談よー、なに嫁子さんマジになってるのー?と口々に言い訳をするので、
「いや、今まで散々前カノさん上げしといてそれは通用しませんよ?
このままじゃ私の精神衛生上よくないので離婚しましょう。
私が下げられてヘラヘラ笑ってられる夫はいらない。
不要、必要ないということ。分かる?」
と初めて反論したらみんなオロオロ。

何故か夫は離婚したくないそうで、前カノさん大好きな皆さんにも何故か引き留められ、
結果、現在は家庭内別居で夫に関する全ての世話を放棄中。
夫は私のATM。義実家とは完全に没交渉。
資格取得の勉強中で、就職して一人でも生活できる状態になったら再度、緑の紙を突き出す予定です。

続きを読む

私の寝ている部屋に侵入してきたコウトに襲われる夢を見た。これは明晰夢だと思った私はコウトに反撃!「夢だし、いいよね」と思って容赦せずボコボコにした...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
136: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/24(火) 17:51:27.40
暴力注意。

今年のお正月に義実家に行った時、調子に乗って飲みすぎ酔いつぶれてしまい、夫が別室に敷いてくれた布団で爆睡していた。
私は明晰夢を良く見るんだけど、その時はこっそり私の寝ている部屋に侵入してきたコウトに襲われる夢を見た。
手錠をかけられて、むりやり服を脱がされ抵抗するとビンタされた。これは明晰夢だと思った私はコウトに反撃。

「フゥン!」とか言って手錠を引きちぎり、大好きなジェット・リーになりきって飛び蹴りをしたり、近くにあった蠅たたきを
ムチだと思い込み、コウトの顔を激しくはたきまくった。私はコウトが嫌いなので「夢だし、いいよね」と思って容赦せずボコボコにした。

結果、それは現実だった。酔っていたので明晰夢と思い込んじゃったみたい。

様子を見に来た夫が見たものは、激しく鼻血を出しているコウトに、全力でかかと落としを食らわせている私だったそうです。
夫に止められ、やっと夢じゃないことに気付きました。コウトはすぐ病院へ。私はみんなに責められたけど、引きちぎられた手錠や
ビンタされたときに切れた口の傷、そして何よりも、コウトが使おうと思ったらしい極太バ◯ブが転がっているのをウトが発見し、帰ってきた
コウトは袋叩きになりました。ニートのくせに男尊女卑でうざかったのでスッキリ。でも、明晰夢が怖くて今は少し眠れなくなっている。
手錠はプラスチックのおもちゃみたいな作りだったので、簡単に壊せたみたいです。

続きを読む

コトメはゲームオタクでゲームを沢山持ってる。私の息子がコトメの部屋に行っちゃって、ゲームを「やりたい」と持ってきたのだが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
402: 名無しさん@HOME 2011/12/14(水) 19:08:31.55 0
ウトメ普通なのにコトメが糞。コトメはゲームオタクでゲームを沢山持ってる。
で、この前義実家に行ったらコトメがサーッとやってたゲームをやめてソフトを自室に持ってった。
そのあと皆でお茶飲んでる時に私の息子がコトメの部屋に行っちゃって、そのコトメが隠したと思われるゲームを「やりたい」と持ってきた。
それを見てコトメが「これは大人しかやっちゃ駄目なゲームだからごめんね」とか言って息子の手からゲームを奪ってまた隠した。
息子がしょんぼりして違うゲームで遊び始めたから、私がどうしても駄目なの?と聞いたら、駄目だって。
大人しか駄目とか、息子は高学年だし、本当にコトメがムカつく。
第一、バイトの時間も短いっぽいし、隠すくらいならゲームやるな。その分バイト増やせよって感じ。

なので、今日夫の義実家の鍵を借りてウトメコトメがいない時にお邪魔してコトメのゲームを隠してあったやつ含め売ってきた。
隠してあったやつは銃を射つ(?)ゲームだった。普通にみんなやってるようなやつじゃん。
というか、大学生にもなってまだ実家暮らしでゲームとかウザい。

それでやったことをさっき帰宅した夫に話したら喧嘩になった。
夫がシスコンでエネでした。緑の紙かな。



続きを読む

近距離別居のトメがうちに来てボロ家を、掃除しろ!綺麗にしろ!と喚くので、人よりちょっとだけ力が強い私が掃除してやった結果www

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
954: 名無しさん@HOME 2011/12/09(金) 14:44:56.15 0
こっちでいいんだろうか。

義実家はボロ屋敷。
本当に台風が来たら潰れてしまいかねないようなボロ屋敷。
近距離別居のトメがうちに来て、掃除しろ!綺麗にしろ!と喚くので、
本当にいいんですね?私がやっていいんですね?と言質を取ってから、掃除をしてきました。
以下、私がやって来たこと。

窓ガラスを拭こうとして窓ガラスを割る。
床磨きをしようとして床に穴を開ける。(床、腐ってた…)
柱を磨こうとして柱がくの字に。
壁にも穴を開ける。
トイレのドアノブを回した瞬間、ぱきっと音がしてドアノブが取れた。

私、人より多分ちょっとだけ力が強い。
色んな格闘技で段持ってるし、趣味はランニングと筋トレ。
旦那とはウエイトリフティングの大会で知り合い結婚しました。

掃除している時に力を緩めず、全力で掃除したのがDQN。
だってしっかり掃除しなさいよ!!と言われてたし、しょうがないよねーと思ってる。

続きを読む

私をバカバカとやたら言ってくる義実家。夫もバカだったのか、淋しからといって浮気に走った...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
344: 1 2011/12/01(木) 22:35:58.80 0
私をバカバカとやたら言ってた義実家にしたDQN返しです。
スープの冷めない距離に住んでました。
その頃は大姑の介護があって、近所なので手伝ってました。
私は派遣で午後出勤だったので、午前中を担当してました。
結婚したばかりだったし、実家で家事も手伝う程度しかしたことなかったので、たしかに最初はすごく手際が悪かったです。
でも1年もすれば普通に出来るようになってたし、最期近くはほとんど私に丸投げ状態でした。
なのに、新婚当初の出来なかったことをあげつらって、
「○○料理(この地方独特の料理でその地域の娘さんは絶対つくれるけど私は初めて聞く料理)すら出来ないバカな子」
と大姑のお葬式でまでバカにする始末でした。
そのバカな子に朝食から夕飯まで作らせて家事丸投げしてたのは誰?と言いたくなりました。
でも夫までが私をバカにするようになってきたのでDQN返し。
姑が何か用事を言いつけてきたら「バカだからできませ~ん」と言って何もしないで帰りました。
夫が夫婦生活を誘ってきても「バカだから~」と意味も無く拒否しました。
バカな嫁の夫もバカだったのか、淋しからといって浮気に走りました。
浮気を証拠に離婚&慰謝料請求しました。
DQNな部分は、浮気のし始めに気がついてたのに放置したところです。
たぶん、一番最初気付いた時に手を打ってれば未遂だったんじゃないかなと思います。
それを止めもせず、証拠が揃うまで夫が浮気しやすいように小遣いまで増やしてあげてました。

続きを読む

義実家がりんごくれるというので取りに行ったら、トメが出してくれたスリッパの中に画鋲が入ってた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
278: 名無しさん@HOME 2011/11/30(水) 16:06:23.31 0
プチですが
義実家がりんごくれるというので取りに行ったら、トメが出してくれたスリッパの中に画鋲が入ってて、足にぶっすり刺さった。
イッタァ!!と思って確認したら足の裏に刺さっていて血がでまくっていた。
トメがニヤニヤしながら私を見ていたので、
あ、すぐ帰るのでーといって足の裏に画鋲刺さっている状態で痛いの我慢してリビングに乗り込み、トメお気に入りのカーペットの上を練り歩いてやった。
ベージュの毛足の長いカーペットに血の後が点々。
そのまませっかくきたので仏壇にご挨拶をーと畳の上も歩き回ってやった。
トメがなんてことするの!と発狂したのであれー?血が出てるー?なんでだろう。あ、画鋲だ!どうしてかないつ踏んだのかなとマヤって、画鋲抜いてさらにカーペット、玄関マットに赤い点々をつけて回り
血が止まらないので病院行ってきますと義実家を後にした
家に帰って消毒して、
いったぁあああああああと派手に痛がり、
トメがスリッパに画鋲いれてたの!ひどい!痛いよ、歩けない!一杯血が出たのと旦那にマヤった。
トメが血だらけのカーペットを弁償しろと電話してきたのを旦那にかわってもらい
旦那からきつーーーく〆てもらった。
お正月の挨拶も俺だけで行くから行かなくていいよだって。
やったー!朝からテレビ三昧しよっと!

続きを読む

トメから「今日コトメとコトメ子が来てる。一緒に昼ご飯を食べにおいで」と電話があったので、義実家へ行ってきたのだが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
425: 名無しさん@HOME 2011/10/27(木) 15:32:22.03 0
良とまではいかなくても、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
トメから「今日コトメとコトメ子が来てる。一緒に昼ご飯を食べにおいで」と電話があったので、義実家へ行ってきた。
食事の後、娘とコトメ娘が二階へ上がっていった。
繰り返すけど、本当に今日までは、普通のトメコトメだと思ってたんだ。
娘(五歳)が自分で作ったビーズの指輪やらブローチが入った箱を持って行き、コトメ娘に見せて一緒におしゃれごっこをして遊ぼうと誘った。するとコトメ娘、いきなり手当たり次第にひっつかんで走り去ったんだと。
娘がぽかんとしているうちに義実家の部屋のどこかに隠し、台所に駆け込んできてトメの背中に隠れた。
我に返った娘が追いかけてきて泣きながら返してくれと訴えるも、コトメ娘はトメの足にしがみついたまま顔を向けもせずだんまり。
居間にいた私が聞きつけてやって来ると、娘は立ち尽くしぼろぼろ泣いているところだった。トメはコトメ娘を背にかばいながら「娘ちゃんの方がお姉さんなんだからプレゼントしてあげたら」と言っていた。
咄嗟に状況が分からずに娘に「一体どうしたの」と聞くと、泣きじゃくる娘は私にしがみついて「コトメ娘ちゃんが」と繰り返すばかり。
喧嘩でもしたのか。だったら話も聞かずに一方的に娘の味方はできないなと思っていたら。
コトメ娘、角度的に見えてないと思ったのかトメの後ろでにやにやと笑っていた。子供でもこんなきたならしい顔ができるんだと呆然。
「娘ちゃんがコトメ娘ちゃんにあげるって言ったんでしょ?後になって返せって言うなんてわがままだよ」とトメ。
「ちがう!コトメ娘ちゃんが私のビーズ勝手にとったの!返して!」と泣きじゃくる娘。
もうね、にやにやするトメとコトメ娘、そっくりおんなじ顔してた。
これがこいつらの本性か、と今更気付いた。

続きを読む

兄嫁の誕生日に私は兄嫁両親の養女になった。兄嫁、義実家から私への接触を一切断ち切っただけでなく、養女の際に名前を改名したことも教えてなかったらしい...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
815: 名無しさん@HOME 2011/10/17(月) 22:18:10.65 O
兄嫁がやったことだけど。
私は当時の兄嫁から見たらコトメにあたる。6人兄弟の末っ子でいつも親から予定外出産だと言われて荒れた。
世間がネグレクトについて触れ出した頃で、兄嫁の誕生日に私は兄嫁両親の養女になった。
兄嫁、義実家から私への接触を一切断ち切っただけでなく、養女の際に名前を改名したことも教えてなかったらしい。
というか、私が兄嫁実家の養女(=嫁の妹)になったことすら知らなかった。
そして私も実の親と前の名前をすっかり忘れていた。
義実家から、突然この連休に電話があった。
トメ「○○(前の名前)、○○ね?!」
私「?どちらさま??」
トメ「○○の母です!(怒)」
私「○○なんていません」
電話を切ってよくよく考えたら、○○って前の名前だよなーなんて思って兄嫁に電話で相談した。
そうしたら上のこと(→色々教えてなかったこと)を教えてもらった。他にも色々やってるらしいけど教えてくれなかった。

スカッはしないけど、姉は私が義実家をすっかり忘れていたことにスカッとしたらしいのでこっそり投下。
自分なりによく考えたつもりだけど、おかしい日本語でごめんなさい。
ちなみにこの話で空気の兄は、子供の頃に施設に連れて行ってくれた人です。実与ちゃんで霞むけどいいおじさんです。


続きを読む