このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

義弟嫁

10近く年下の私や一回り下の義弟嫁に対し、「あんた達と並んでも遜色ない若いアタクシ」「結婚して老けるなら結婚しないわよ」アピールをしてくるコトメ

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
737: 名無しさん@HOME 2010/10/05 12:24:18
流れ読まずに投入。

同居ウトメや旦那、近所に住んでる旦那弟夫婦は良い人なのに、旦那姉(以下コトメ、四捨五入して40独身)だけがとにかくウザい。
やたらと私や義弟嫁に対抗心を燃やし、いちいちいちゃもんをつけてくる(そしてその都度ウトメや弟たちに〆られる)。
特にウザいのが見た目や年齢に関してで、10近く年下の私や一回り下の義弟嫁に対し、
「あんた達と並んでも遜色ない若いアタクシ」「結婚して老けるなら結婚しないわよ」アピールをしてくる。

先月の連休中に、私の実家家族(両親と末妹)が遊びに来てくれたときのこと。
例によりコトメが「嫁さん達と一緒にいても浮かないでしょアタクシ」アピールを言葉の端端に匂わせる発言ばかり言い出し、
妹に向かい「私妹ちゃん、お姉さんいくつに見えると思う?」と聞いてきたので、一応空気読んだ妹が「30…2、3ですか?」と答えたら、
「ブッブー!でもそんな若く見えるぅ?正解は3●歳でーす」とコトメが浮かれて答えたら、
妹が間髪入れずに「あっ!○ちゃん(多分妹の友達)のお母さんと同い年!」と大きい声で言ったため、
コトメ以外は爆笑、コトメは怒りと恥で顔を真っ赤にして部屋から出ていった。

うちは3姉妹なんだけど、一番上の私と末妹は一回り以上歳が離れているため、末妹はまだ中学生。
確かに妹の世代だとコトメと同世代の親がいても不思議じゃないんだけど、
現実をあまり直視できないコトメにはかなりキツい一発になったと思う。

コトメが出ていった後、一応末妹には「あの人歳のこと気にしてるから、あんまりつっこんじゃ駄目よ」と注意し、
ウトメたちにも謝罪したけど「あれで現実見てくれればいいよ」と言ってくれたから、まあいいかという気分になった。


両親達が帰った後、部屋から出てきたコトメにあんたの妹は躾がなってないとか言われたけど、
「現実まだ見えないんですか?おばさん」と言ったらまた部屋に引っ込んでしまい、
その日以降から今に至るまでいちゃもんつけられることなく静かに過ごしてます。

続きを読む

義妹「嫁たるものは~」義姉「嫁に行ってから言え。嫁たるものは~」義母「出戻った女が何を言う。嫁たるものは~」義弟嫁(予定)「娘さんを一人前の嫁にしてから言ってください」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
659: 名無しさん@HOME 2010/09/27 21:59:25
要らぬ手出しだとはまるで思っていないだろうという案件ひとつ。

コトメが二人いる。
一人は義姉、一人は義妹。
義姉は既婚者アラフォー、出戻り。
義妹は未婚。
二人のコトメの間には兄弟が二人。
兄の嫁が自分で、近々弟にも嫁を迎えることになっている、という前提で。

義妹が弟の嫁(予定)に懇々と「嫁たるものは~」をやらかす。
義姉が「一度でも嫁に行ってから言え。嫁たるものは~」とやる。
義母が「出戻った女が何を言う。嫁たるものは~」とやる。
義弟嫁(予定)が答えた。

「やだー、娘さんを一人前の嫁にしてから言ってくださいって、ここはつっこんじゃいますよ~w」

凍てつく波動に耐えられず、義父が席を外し、立場上席を外せない義弟は貧乏ゆすりをし
夫は「ほら、これが世間一般のあなたたちへの評価だよ。ずっと言い続けてきたのに」とぼそり。
私もずっ~と言いたかったことだった。
これまで言えなかった自分を心底情けないと思ったけどスカッとした。
義弟嫁(予定)が(未定)になりそうな気配が濃厚に漂うこのごろ。
これまで義母義姉義妹の尻馬に乗って、リアル2ch的に言いたい放題言い散らかしてきた義弟だから
破談確定でもまあいいかなとも思ってる。

ねえねえ今どんな気分、のAAを義弟には贈りたい。

続きを読む

義弟嫁「だから!お義父さんの生まれ変わりのわけがないんです!大体、生まれ変わりだったら今頃哺乳瓶の中身焼酎ですよ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
252: 名無しさん@HOME 2010/08/27 16:34:39
亡くなった義父の新盆での出来事。
翌年産まれた私の子は義父の生まれ変わりだと言う義母や親戚連中にうんざりしていた。

昼間どころか朝から酒を飲んでトイレに行く徒中で半脱ぎのズボンに足を取られ
転んだショックで心臓麻痺を起こした義父だ。
正直、ものすごく気持ち悪かったし腹が立った。
旦那はそーかもなーとかヘラヘラ笑ってるし。

そこで義弟嫁が「お義父さんは私達、嫁を可愛がってくれた。大事にしてくれた」
(これは本当。気を使ってくれてたし息子しかいないから嫁は大事にしてくれた)
皆、しんみりしてうんうんって頷いてた。
「そんな優しいお義父さんが義兄嫁ちゃんや孫を苦しめるわけないじゃないですか!」

私は早産で夜中に大出血して救急車を呼び、初めに行った病院では母子ともに
危険ということで大学病院に搬送されたんだ。

「だ・か・ら!お義父さんの生まれ変わりのわけがないんです!
大体、生まれ変わりだったら今頃哺乳瓶の中身焼酎ですよ!」
って笑い交えて言ってくれた。
それで最後は「生まれ変わりじゃなく二人の命を助けてくれたかもしれませんけどね」
したら義母さんも「まー嫁ラブのお父さんだったから・・・そうね、お父さんが孫ちゃんを
助けてくれたのかもね」って。

あの時、義弟嫁ちゃんが言ってくれなかったら息子はずーっと生まれ変わりって
言われたたんだなあと法事やお盆があるたびに思い出す。

続きを読む

孫ちゃんと早く遊びたい為に食事を急かすトメ。「ご飯なんかさっさと食べちゃいな!そうしたら早くばあちゃんのところに来られるからね~!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
751: 1/2 2010/05/14 16:09:07
プチかもしれないど、私はスカッとしたので。

週末、うちの息子の誕生日と節句の祝いを兼ねて、
・ウトメ(基本良ウトメだが、孫が絡むとややウザ)
・義弟夫婦(選択子梨。義弟嫁ちゃんとは年が近くて趣味が合うため、普段から仲良い)
・うち家族(夫婦+3歳息子)
で食事会をしてきた(毎年恒例)。
個室お座敷で大人はコース料理、息子はお子様ランチ。
食事が来るまで、息子はトメの席で遊んでいたのだが、
食事が始まると私の隣に座らせて食べさせていた。
私の正面の席に座るトメは、孫ちゃんと早く遊びたくて待ちきれなかったらしい。
まだ食事し始めたばかりの息子に向かって
「ご飯なんかさっさと食べちゃいな!そうしたら早くばあちゃんのところに来られるからね~!」
と催促。
可愛がってくれるのはありがたいけど、いつもこういう感じだから、
黙って待っててくれりゃいいのにな~と、ややムカつくんだよね。
でも言い返すほどのことでもないので、無反応&完全スルーで、息子にご飯を食べさせ続行。
そうしたらトメの隣に座っていた義弟嫁ちゃんがきゃらきゃら笑いながら、
「やっだ~、お義母様ったら~。
(息子)ちゃんはママの傍にいるのが一番好きに決まってるじゃないですか~!
それに、美味しいご飯を食べている時に焦らせたら(息子)ちゃんが可哀想ですよっ☆ミ」
本当に「おっかし~。ミャハ☆ミ」という感じに言って、トメも
「あ…そ、そうよね。ごめんなさい…」と我に返ったようで、私はすごくスカッとした。
(義弟嫁ちゃんがその後トメに趣味の話を振ってすぐに二人で盛り上がり始めたので、
別にその場の空気も悪くならなかった)

続きを読む

正月、義実家に行ったとき、義姉が「年上を敬え」と私と義弟嫁さんを無駄にこき使おうとした結果...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
167: 名無しさん@HOME 2010/01/12 18:43:16
正月、義実家に行ったとき、義姉が「年上を敬え」と言った感じで
私と義弟嫁さんを無駄にこき使おうとした。
今まではそんな人じゃなかったので戸惑った。
でも時間とともに段々腹が立ってきた。
義弟嫁さんも同じだったようで、ちょっとずつ言い返すようになっていった。
すると急にヒステリーを起こして「私が一番年上なんだから!」と叫んだ。
突然の剣幕に居間はシーン・・。

すると、台所からひょっこり現れた義母が
「自分が一番ババアですって宣言なんてして悲しくならない?」
とだけ言ってお茶菓子のおかわりを出して去っていった。
義姉はコートとバッグをつかんで家を飛び出した。

義母いわく、去年一年、100万くらいつぎこんで婚活したけどダメだったらしい。
あげく、同年代の親戚で唯一独身仲間だったいとこ(女性)の結婚が決まって
カリカリしているんだとか。すごく謝られたよ。

しかし、詐欺にでもあったのかと思ったら大手有名婚活会社で二度びっくり。
コースにもよったりするみたいだけど、基本料だけで半年で30万くらい取られて、
積極的にパーティーに出てもプラスお金がかかるし、無事いい出会いがあっても、
その後二人で会おうとすればこれまた別に会費が発生するんだとか。
(その代わり登録者は身元がはっきりするという保障がある)
すごい商売だなあとちょっと気の毒にはなった。

続きを読む