このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

衝撃

俺「何してるん?」嫁「パソコンの勉強!資格取るんだ〜」→嫁が向上心がありすぎて腹立つんだが!!【2/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
>>95
ありがとうな
なんか見方がいるような気になれるわ 

続きを読む

俺「何してるん?」嫁「パソコンの勉強!資格取るんだ〜」→嫁が向上心がありすぎて腹立つんだが!!【1/4】

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
1:名無しさん@おーぷん2016/08/22(月)05:12:18 ID:HSG
イライラして起きてしまった。
嫁がすごい腹たつ。

向上心があって、休日に勉強とかする。それが許せない 

続きを読む

【復讐】母「親戚に同い年で大人しい女の子がいるから見てやってね」私「ふ〜ん」→その子と同じクラスになったのだが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
772: 名無しさん@おーぷん 2014/07/13(日)21:34:00 ID:SDn7Ah7JA
復讐、といっていいか分からん地味な話だが。

高校に入学が決まったころ、母から「実は遠い親戚に(私)と同い年の女の子がいて、
同じ高校に入学が決まった。大人しい子で、よろしくねってその子のお母さんが言ってた」と聞いた。

続きを読む

【衝撃】弟嫁「お義姉さん、助けてください!」私「え!?」→弟嫁が不妊症ってことが分かって、弟が離婚を申し出たらしく...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
759: 名無しさん@HOME 2012/10/17(水) 06:33:37.04 0
そうか、このスレは監視されてるのか・・・・w
まあいいか。

続きを読む

【スラム】私「何このゴミの量...」→近所に、某宗教信者の母子家庭の家があったのだが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
191:名無しさん@おーぷん2015/05/08(金)00:05:38 ID:PF0
連休に地元に帰った時に、昔住んでいた地域の近くに用事があったので立ち寄ってみた。
色々と思い出したので書き込んでみる。

私が産まれ育った家は、田舎の寂れた港町にある古い府営団地だった。
近隣の住人が「団地の子とは遊んだらあかん」って言うのも納得出来るような、しょーもないスラム街の様な所だった。

続きを読む

【詐欺】友人「値札を取り替える技を教えてやるよw」俺(え?これやばくね?)→得意げに教えてくれた友人が...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
442:おさかなくわえた名無しさん2012/01/03(火) 06:00:39.28 ID:sxcgrV2D
古着屋で値札を取り替える技を得意げに教えてくれた友人。 
お前の理由なんか知らないが5000円位する物を100円の値札とすりかえるってどうなの。 
いや、値段など関係無く犯罪なんだが。

続きを読む

【衝撃】おっさん「レシートを出すとなるとランチの値段が二割増しになるがよろしいか?」私「はぁ?」→ヤバいお店に入ってしまった...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
970:おさかなくわえた名無しさん2011/11/17(木) 16:50:38.73 ID:MLs/xg7W
友達とランチを食べた。一人1,500円くらいのやつ。 
食べ終わったのが2時近くだったので、お客は私達ともう一組くらい。 
お金を払ってレシートを待ってたけどくれない。レジはある。 
オーナーらしいおっさんとしばし見つめ合う。

続きを読む

『夫婦喧嘩のエピソードを以下の宛先に送ってください』俺「ん?なんだこれ?」→謎のチラシが入っていたのだが...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
288:名無しさん@おーぷん2014/10/28(火)18:52:50 ID:lPWSP3vQ7
俺はマンションで独り暮らしをしているんだけど、3年ほど前によく変なチラシが入ったんだよね。

そのチラシはどこかの劇団からのものだった。
しかし「入団しませんか」とか「演劇を見に来ませんか」とか、そういう類いのチラシじゃなかった。
そのチラシには「夫婦喧嘩のエピソードを以下の宛先に送ってください」と書かれていた。
俺は独身だったし、仮に結婚していたとしても送ることはなかったと思う。
一体誰が送るんだろう…と、物凄く不信感を抱いたのを覚えているわ。

続きを読む