このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

進学

【は?】私「大学の納入金どうにか工面出来た〜」後輩「その担任と寝たんじゃないの?ってバイト先の人が言ってたわ」私「!?」→後輩の言動に怒りが...

このエントリーをはてなブックマークに追加
47: 37 2019/04/19(金) 10:50:38.01 ID:PHZ86aIN
あ、さっきの後輩絡みで親友と修羅場になった事件があったの思い出した

高校卒業間近、大学に進学する為に色々手続きやら何やらしてたけど
納入金が準備出来なくて担任達と相談しながら色々な方向から借りたりして、どうにか工面できたって喜んで進学できる!って報告した後

続きを読む

【相談】旦那「進学できるなら行った方がいいんじゃない?」私「女に学歴は必要ない!」→私の考え間違ってますか??

このエントリーをはてなブックマークに追加
674: 名無しさん@おーぷん 2016/06/14(火)20:50:00 ID:cqC
娘の中学受験で、旦那と揉めています。
ご意見頂けないでしょうか?

続きを読む

私「勉強と両立出来ないなら退部届け出す!」娘「ママ!酷い!」→私の判断は間違っていませんよね?

このエントリーをはてなブックマークに追加
46:名無しさん@おーけーちゃんねる 2014-06-01 08:32:14
娘のことでどなたか相談に乗ってください。

私の娘は地元ではそれなりに有名な進学校に入学しました。
現在、私立の中学生1年生です。
ですが成績が中の下なんです。

娘は小学校は公立だったのですが、
それでも優秀なほうでした。
成績も上の中レベル。進学校にも余裕で入学できました。

続きを読む

私「娘が行きたい高校に行かせるべき!」旦那「A高校は修学旅行がフランスだから辞めろ!」私「はぁ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
113: 名無しさん@おーぷん 2015/09/07(月)09:29:57 ID:qUL
娘が中三のときに、旦那と進学する高校でかなり揉めた。
娘の学力的に最適なのが、公立A高校。本人もそこに行きたいと言っていた。

続きを読む

コトメ「あの学校の有名な部活に入りたい!」義両親「高校だけは行かせるが大学は絶対に無理。高卒で就職しろ。」→ところが...

このエントリーをはてなブックマークに追加
47: 名無しさん@HOME 2014/08/25(月) 02:49:01.12 0
年齢の近い三人兄弟の最後、第三子と10歳離れて生まれた第四子のコトメ
まあそれだけ年の離れた子ならどうしたって親は甘くなるし
小学校に入る頃には兄姉が軒並み就職や高校生でもバイトしている状態だから
色々と買ってもらえたり、美味しい目を見て育ったことは仕方ない

だけど、私が結婚した頃に高校受験を控えたコトメが
県内のエスカレーター私立の高校に進学し
その学校の有名な部活に入りたい!と言い出した時はみんな反対した
上三人はみんな高校までオール公立、高卒で就職したのに
1人だけそんな桁違いの金をかけるわけには行かないというのが義両親の意見
でもコトメは「それなら高校行かない!」とぎゃん泣き
たまたま私の知人の親類の方が、その私立校に入りコトメが憧れてる部活に所属してたというので
具体的にどんな学校生活を送るのか教えて貰ったら

・部活は早朝から深夜まで。その練習場所が校外になることも多く
原則、朝は6時に学校に到着してないと駄目
自宅から学校まで電車で片道一時間半かかるコトメは寮に入らないと部活に所属するのは不可能
・部活は大変だけど成績もキープしないと部活に参加させてもらないから勉強も大事
・遠征が多いからとにかく金は飛ぶ
・練習の厳しさや出費に耐え切れず途中で辞める人は
本当に惨めな思いをするから生半可な覚悟なら最初から入部しない方がいい。

ここまで言われても「絶対やり遂げます!」とやる気満々のコトメ
微妙だった成績も夏休みの間に猛勉強して急上昇したから、義両親も折れて
「高校だけは行かせるが大学は絶対に無理。高卒で就職しろ。
もし進学したい場合は全部自力で費用を賄え。
子供全員に貯金をしてきたがお前の学費にはそれを使う
だから自分が結婚する時は兄姉と違って親の援助は一切ないのを覚悟しろ」と
こんこんと説明し紙にまで書いて渡した

続きを読む

トメ「夜間にしか行けないなんて相当バカだったのね、お金もないし、ててなしごだから仕方ないわね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
280: 名無しさん@HOME 2010/10/22(金) 14:58:26 0
父が早くに亡くなり、母子家庭で育った。
一時は進学も諦めたけど高校の教師が同じ境遇だった人で、
アドバイスを受けて大学の二部を卒業した。
結婚してすぐの頃、夫のいない場面になるとトメには散々笑われた。
夜間にしか行けないなんて相当バカだったのね、お金なかったのね、
ててなしごだから仕方ないわね
数年前ウトが亡くなった。
夫の弟はまだ高校生で、進路変更を余儀なくされた。
結局二部学生として、昼間働きながら学生業と頑張っている。
トメは、あの子は親の死を乗り越えて頑張ってると自慢している。
こうなるのは分かってたので、夫と弟君に事前打ち合わせ。
私と夫が泊まりに行った日は、風呂のお湯を抜くのに命を懸けてるトメ。
意地悪することに躍起で、弟君が帰って来る前に風呂の湯を抜いてしまったり、
私に出すつもりの黄色い古いご飯を冷蔵庫から出してニンマリしてたら、
お腹すかせた弟君が食べそうになって取り乱したり。
夫が指摘してもおとぼけと逆切れで乗り切る。
トメの嫁いびりはバレバレ過ぎて、弟君もDQ返しの背中を押してくれた。
皆で居る時、いつものように弟君自慢話を始めるトメ。
弟君の苦学と、努力と、母思いの姿を美談仕立てでウトーリ話し始めてトリップしてる。
だからいちいち突っ込ませていただきますたw
「え?夜間にしか行けないなんて、弟君相当バカなんですね。」
「トメさん、もしかしてお金ないんですか?
「あぁ…、ててなしごだから仕方ないですよねぇ」
口にするのも嫌な言葉たちだけど、目には目を歯には歯をじゃなきゃ理解できないトメ。
「失礼でしょ、あなた!もう一度言ってごらんなさい。ただじゃ済ませないわよ!」
眼球ひんむいてツバ飛ばして大声上げたけど、
「失礼なのはオカン。ずっと前に義姉さんにそういうこと言ってただろ。俺覚えてるよ。」
という弟君の言葉にトメ一瞬ショボーンになりかけたが、
私の存在を思い出したのか胸を張ってエッヘン顔。
でもいたたまれなかったようで、早々に居間からいなくなった。

続きを読む