このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

GJ

私「おトメさんはご存じなかったかもしれませんけど、私も人間なものですからガマンにも限界があるんです。今後おトメさんとは一切お会いしたくありません。」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
533: 名無しさん@HOME 2007/05/26(土) 12:19:18
長いこと耐えてきましたが
このスレに出会ってイメトレをかさね、ようやく自分的に勇者になってきました。

早くにウトを亡くし、息子3人ラブラブのトメで
嫁いびりや嫌がらせのスーパーマーケットかというくらい一通りのことをされていました。
新婚初夜乱入に始まり新婚旅行付き添い、アポなし訪問は当たり前。
掃除の仕方が悪いとか料理が下手だとか服の趣味が悪いだとか嫌がらせばかり。
夫はいつもトメをきつく叱って私をかばってくれるのですが
何分「息子タンラブ~♪」なトメで、夫の言うことは幼児の難語レベル
何を言ってもかわいいわ~~って感じであまり効果なし。

それでも、夫を産み育ててくれた人なんだとガマンしていたのが間違いだったらしく
トメはどんどんつけあがり
私のクローゼットを開けては服にケチをつけたり口紅の色が濃いと文句をつけたり
昼間電話をかけてきてでないとどこへ行っていた。浮気でもしてたのか。ふしだらな。
と妄想まで混じるようになってきた。

すいません。一旦きります

続きを読む

ウト「息子から聞いたけどつわりがあるんだって?それは気の持ちようだから」私「ウトさんは経験者なんですか。つわりの症状はどんなもんだか経験談を語ってくださいよ。早く」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
771: 名無しさん@HOME 2007/05/17(木) 18:08:00
つわり真っ最中
ウトから「息子から聞いたけどつわりがあるんだって?
それは気の持ちようだから」とさっき電話があった。
仕事帰りで疲れているのもあって
「ウトさんは経験者なんですか。
だからアドバイスをしてくれるんですよね。
つわりの症状はどんなもんだか経験談を語ってくださいよ。早く」と言った。

はじめてウトの「悪かった」という謝罪の言葉を聞いた。

続きを読む

トメ「いいから来なさい」私「いつもそう言って風邪ひいてても無理矢理呼び付けて後で嫁子から移されたって大騒ぎするじゃないですか!!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
641: 名無しさん@HOME 2007/05/16(水) 19:19:16
スカッと言う程ではないですが
月曜から風邪で調子のよくないのを知りつつ
「お茶飲みに来なさい(いつも命令口調)」とトメ電
「まだ具合いよくないしトメさんに移したらいけないから」
と丁重にお断りしたけど
「いいから来なさい」としつこい
「いつもそう言って風邪ひいてても無理矢理呼び付けて後で嫁子から移されたって大騒ぎするじゃないですか!!」
と一方的に言ってガチャ切りしました
結婚6年にしてやっと言えました
その後は家電、携帯共に着拒のため知らね(゚⊿゚)

携帯から長文スミマセン


続きを読む

私に「飯を食わせろ早く作れ。まったく躾のなってない女だ...」と催促してきたウトを大トメが雪平鍋でぶん殴ってくれたwww

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
324: 名無しさん@HOME 2007/05/12(土) 14:28:36
スレ違い気味だけど、スカっとしたので書かせてください。

大トメ(亡トメの母)が遊びにきているときに、膿家ウトがアポなし突撃してきた。
大トメがいるのに気づいて不機嫌そうに「あ、どうも」と言ったのち、私に
飯を食わせろ早く作れと催促。
ムカつきつつも支度をはじめたら、10分もたたないうちにキッチンに来て
「さっさと作れ!トロトロするな。客が腹をすかせてるのに待たせるな!
まったく躾のなってない女だ…」とやりはじめた。

無視して葱を切ろうとしたら、後ろで「コーン」と小気味良い音がした。
振り返ったら、鬼の形相の大トメが雪平鍋でウトの頭を殴っているではないか!
驚愕の表情で大トメを見るウトに大トメは
「見たぞ!そうやっていつもわしの大事な娘のこともいびっとったんか!」(コーン)
「うちの娘を早死にさせおって、全部お前のせいじゃ!」(コーン)
「わしの可愛い孫の嫁までもいびり殺す魂胆か!」(コーン)
「この鬼め!」(コーン)
大トメの剣幕に完璧に押されひるみまくったウトはあとずさりし、壁に押し付けられて
しゃがみこんで「○太ー!○太ー!」と夫を呼んだ。

続きを読む

義理家「子供はまだか!」旦那「あ、俺種なしだからw」私「あ、私も石女っすからw」義実家「ポカーン」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
159: 名無しさん@HOME 2007/05/09(水) 20:59:11
結婚以来8年、義理家からの「子供まだか」攻撃が強弱あれど
すごかったが、夫婦ともひたすらスルー。
うちは「できればOK、できなくてもOK、外野はスルー」のスタンス。
しかしあまりにうざく、果ては私に「調べてみたら」とまで言ったので
そろそろしっかしめとくかと口を開きかけたところ、
「あ、俺種なしだからw」と旦那が。

義理家ぽかーん。私もとっさの反応が出ずぽかーん。
しかし、一瞬の呆然の後、旦那だけ悪者にしちゃいけないと思い、
「あ、私も石女っすからw」と言った。

その後は夫婦で
「いやー新婚時代に仲良く風疹にかかったしねー」
「いやー毎年二人で仲良く40度だしてるしねー」
「いやーもう精子死んでるねーw」
「いやー畑も枯れてるさーw」
と夫婦漫才。以降、子供攻撃はなくなりましたw
私を守ろうとか?単に周囲がうざかっただけか?不明ですが、一応
助けてくれた旦那には感謝。
その1年後、子供が授かりました。

続きを読む

【前編】トメ「料理もろくに出来ないなんて~こんな人に老後の事なんて任せられるのかしら~?」私「お世話は絶対無理なんで、今のうちからお金貯めておいてくださいね☆ウフフ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
24: 名無しさん@HOME 2007/04/27(金) 16:18:53
とりあえず昨日の出来事。
久しぶりに旦那実家へと出かけた。
私の実家からの旅行土産を持って、仕方なく行きましたよ。
お昼時だったのでトメの手伝いで台所に。
するとお決まりの「これはこうやるの!」オンパレード。
料理の腕はあくまで普通のトメ。しかし口調だけはプロw
いつもの事なので黙っていたら、いきなり怒鳴られた。
「聞いてるの!?本当にトロいわね!」
「料理くらい出来ないのかしら!!」
ここは軽く謝ろうと思ったら旦那がやってきて
「あのさ、嫁子は料理得意だから。言ったでしょ?
 調理の専門出てるって。ちなみに調理師免許も持ってるよ。」
と、真顔でトメに詰め寄ってくれた。
フン!ってな感じで黙ったトメ。
しかし旦那が庇ったのが気に入らなかったらしく、食事中にグチグチと…
一旦切ります。

続きを読む

実母「姑って嫌ですわよね~。気を使うし~」トメ「えっ?」実母「私はもう26年も一緒に住んでるんですけど、家でも全然気が休まらないんですよ~」トメ「え、ええ...え?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
302: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 21:29:53
自分が言った事じゃないんだけど、、、どこに書けばいいか迷ったのでここに。

3年間付き合って、この春に入籍しました。
付き合ってる当初から、トメはいきなり私を「嫁子!!ほら嫁子!!」って
呼び捨て。「その服、へんだね~」「臭いよ、あんたの香水!!」などなど結構けなされていました。
けなされれば旦那が少しですがフォローしてくれたりしてたので、
そんな落ち込まずにいれました。(イラッとはしましたが・・・)

そして、先々月に結納をしたんですが、その席でのトメはいつもの口の悪いトメとはうってかわり、
おしとやかな口調。あきらかに外面な表情でした。
美味しい料理を食べ、結納も終盤になってきたところに私の実母がいきなり

実母「姑って嫌ですわよね~。同居なんて気を使うし~」
トメ「えっ?」
実母「私はもう26年も一緒に住んでるんですけど、家でも全然気が休まらないんですよ~」
トメ「え、ええ、、、え?」
実母「同居って、本当大変ですよね~・・・姑なんていらないですよねえ・・・(しみじみ)」

私・旦那→ぼーぜん
ウト・実父→酔っぱらってて聞いてない。

その次の日から、トメの私に対する口調が大変よくなりました。
ちなみに、トメの年は63歳、私の母は51歳。そして私の実家には85歳の祖母がいる。
自分がトメ持ちで嫌な思いを沢山してきたから私を心配してくれたんだろうか?それとも天然か。
とてもスカッとしたのを未だに忘れられない。

続きを読む

偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに、毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に、嫌がるわたしを連れ出そうとした夫

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 13:48:39
偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに
毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に
嫌がるわたしを連れ出そうとした夫。

「ウニでもイクラでも好きなもの好きなだけ
食べていいってとうさんも言ってるからさぁ、
おねがいだから形だけでも来てよ」

例年はわたしが率先してわが子とコトメ子たちの世話もしていたので、
食べるものは子どもたちが食べ残したシャリとかだけだった。
でも、もうそんな気遣いなんか誰がするか!
お言葉どおり、好きに食べてやる。

というわけで今年は自分の子どもの世話は夫に丸投げ、
コトメコの面倒だってまるで見ずに、
遠慮せずに思い切りあぶり中トロだのブリだの
ばかすか注文しまくって腹一杯ご馳走になった。

「嫁子さんって少食じゃなくなったんだね」とぼそりとつぶやくウト。
こころなしか顔面蒼白気味。

わたしが少食だったわけじゃなくて、今までは遠慮してたのと、他人の世話で
食べたくても食べられなかっただけなんだよ。

以来偽実家から会食のお誘いはない。

続きを読む