このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

GJ

トメ「昔はご飯炊くのにも一苦労で...」私「トメさんの新婚子育て時代って超バブルですよね?そんな好景気にずいぶんご苦労なさったんですね。時代に乗り遅れちゃったんですか?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
297: 名無しさん@HOME 2009/05/06(水) 19:58:05 0
やっと終わったGW…
年に数回しか会わないとはいえ、義実家滞在は長かった。
夫は夜は地元の友人と飲みに行き、朝からウトと釣りにいきほとんど家に居ない。
その間トメと二人で、2年間顔を見るたび、電話するたびに聞かされた事を聞いていた。
料理をすれば「昔はご飯炊くのにも一苦労で…」
湯沸かしポットを使えば「昔はお茶飲むたびに冷たい土間に立ってお湯を沸かして…」
加湿器をつければ「昔は顔や手がひび割れても何もできなくて…」
もちろん湯沸かしポットも加湿器も義実家の物、電子レンジに床暖房、
ウォシュレットに美顔器に布団乾燥機にエアコンに、と
普通の家にあるもは大抵あり、もちろんそれは普段から使ってる。
実際ウト実家はド田舎で土間もかまどもあったらしいが、トメは同居した事ない。
疲れていたのもあって2日目に我慢できなくなった。
朝ごはんを作ろうとしたら「ほんといい世の中よねー…」と始まったので
「ホントそうですねー」と元気に言った。
トメは一瞬二の句が告げなくなったが、「ホントにそうよ!だって…」
遮って「トメさんの新婚子育て時代って超バブルですよねー。
いい時代だったものね~。てかそんな好景気にずいぶんご苦労なさったんですね。
ウトさん時代に乗り遅れちゃったんですか?」
トメ「そんな事ないわよ!でもね、お父さんの実家は田舎で…」
「ええ?でも同居してないですよね?ずっと東京でしょ?
夫は父方の祖父母には数えるほどしか会ってないって言ってましたけど…」
小さい声で「そういう訳じゃないけど…遠かったのよ…ま、いいけど…」と
モソモソ言いながら退散し、
それから帰るまで「昔は…」と言われる事が無くなったw
夫もウトもすごく楽しんだみたいだし、良かった良かった。
トメもこの「昔は…」とチクチクしてくる事さえなければいいんだけどなぁ。



続きを読む

私「トメさん、私のこと、本当の娘だと思ってるんでしたっけ?」トメ「当たり前じゃない、だかr」私「本当の本気でマジですか?」トメ「え?まあ...」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
254: 名無しさん@HOME 2009/05/06(水) 16:36:32 0
毎日のように来い来い来い来いうるさい近距離トメにやってきた。

10回に1回ぐらいしぶしぶ子どもたちを連れていけば奴隷扱いされ、
「ちょっとトイレ掃除して」
「孫ちゃんたち見て あ げ る からちょっと買い物行って来て(重い物ばかり大量に)」
「それちょっと立て替えといて」
「ちょっとお寿司取ろうか(出しといて)」
「孫ちゃんたち見て あ げ る からちょっとコトメに○○届けてきて(車で30分)」
「ちょっと夕飯作って」
「ちょっとそのネックレス貸して(永遠に)」
そして決めゼリフは「本当の娘だと思っているからよ」
子どもたちはお菓子をお腹いっぱいになるまで食べさせられ、お茶はないと言いコーラかサイダーのみ。
夫が出勤の今日も当たり前のように呼ばれたので、実家に息子たちを預けて決行。

つづく

続きを読む

トメ「これだから平成生まれは...ムチュコタンの選んだ人だしまだしつければ変わるかしらねえ...」私「おっすトメ子!おら平成生まれの嫁子だよろしくな!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
24: 名無しさん@HOME 2009/05/03(日) 21:12:41 O
プチDQ、

結婚後初めてトメさんが家に来た時
「嫁子さんて湯飲み選ぶにしてもセンスないわねえ…それにお茶の入れ方もちょっと…はあ…
これだから平成生まれは…ムチュコタンの選んだ人だしまだしつければ変わるかしらねえ…」
と、私が台所にいってる隙に旦那に言う言う、聞こえてんだよ
バトルモード・オン、旦那が何か言いかけた所でずぱーんとドア開けて先人達の知恵の中で最も気に入っていた台詞をアレンジ気味に言った

「おっすトメ子!おら平成生まれの嫁子だよろしくな!
早速嫁いびりたあせいがでるなトメ子!オラもなんだかわくわくすっぞ!!」

腕をオラウータンの様にかっぽかっぽさせながら迫ったら「ひぃっ」つってそそくさと帰ってった
旦那大爆笑。

出合い頭に「平成生まれなんか捕まえてきて…貴女使い物になるの?」
なんてきいてくるトメだったので後悔はない(その時は旦那にぎちぎちに絞められてた)
平成元年生まれのゆとり黄金期をあまりなめるんじゃない

続きを読む

4年前のGW前、母が事故にあい意識不明の重体になった。私は妊娠を理由にお見舞いすら行くなとトメに言われ...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
416: 名無しさん@HOME 2009/04/28(火) 18:30:05 0
4年前のGW前、母が事故にあい意識不明の重体になった。
私は妊娠を理由にお見舞いすら行くなとトメに言われていて、
それをぶっちぎって駆け付けた。
戻ってきたらトメに開口一番「子供より母親が大事なんてなんて人かしらね!」と罵られ、
それでもお腹の子には負担だろうという気も確かにあったので黙った。
それに調子に乗ったトメは1日中文句を言い続け、
夜、「まあでも死ぬならGWは避けてほしいわ。混んでるだろうし。
あ、でもどうせどこにも行く予定ないし、GWの方がいいかしらね。
旅行がてら車で足伸ばしても。
まあどっちにしても入院費がかかっちゃうし、そしたらあなたの取り分も減っちゃうから
出来るだけ早い方がいいわよね。
慰謝料とか請求したって、何カ月もかかるんでしょ?
あ、でもあなたは行っちゃダメよ。連れてかれるわよ」
これで切れて切れて切れまくった!
トメにビンタかまして「お前が死ねしねしね!!」と叫びながら殴る蹴るした。
トメは「嫁子が狂った!」と逃げ出し、近所のババァ連れて戻ってきた。
二人でいびり倒すつもりだったんだと思う。
でもそこに居たのは痛みだしたおなか抱えて苦しみながら泣く私。
近所のババァに「こんな事言われて!急にお腹が!」と泣き付き
トメよりは理性の残っていたババァに乗せられて産院へ行き入院。
出張先から慌てて戻ってきた夫に泣きながら事情を話し、
退院する頃には別居になってた。
トメは最後まで「わざわざ遠くまでお見舞いに行くからこんな事になった!」とわめいてたけど無視。
最後トメに「あなたの葬式には出ません。今後お会いする事もありません。
子供にはお婆ちゃんは死んだといいます」と宣言してきた。
トメはそんなのダメよ!とかわめいていて、私は先に車に乗り込み、15分くらいしてから夫が来た。
トメは泣きじゃくっていて「ごめんなさい!」とか言ってた。
結局母は全快し、トメは去年孫の顔見ずに亡くなった。
それでも宣言通り、葬式には出なかった。
ざまあみろって思っちゃう私はDQN。

続きを読む

3日ほど家を空けてる最中にコウトが私の車を乗り回し事故った。ウトメ&コウトが「新車かって返してやんよ!」と言ってきたので...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
696: 名無しさん@HOME 2009/04/26(日) 15:36:16 0
長男教なウトメに、30代ニートな長男コウト。
テンプレ通りにいろいろやってきてましたが、子供が出来ないのは事実だし、旦那ががんばって〆てくれてるしとスルー。
先月、3日ほど家を空けてる最中にコウトが私の車を乗り回し、自爆事故。
「新車かって返してやんよ!」と騒ぐウトメ&コウトに「修理して新車同様にしてくれたら許す」と菩薩な私と旦那。
コウト&ウトメに「新車同様にして返す」との旨の書面を作らせ、直筆サイン&実印捺させる&その様子を録画。
速攻、知ってるショップに持ち込み、1ヶ月かけて修理してもらった。
「新車同様」にするため、13年前の車に現行型のエンジンを乗せたり(構造計算が面倒だったよ!あと、エンジンって高いね!)
外装を「新車同様」にするために全塗装(ドアの内側までやった!)、他のパーツも変えられるところはすべて替えてみた。
もちろん、内装も全部やった。
ぴかぴかの新車同様にして、請求書をウトメ&コウトにまわしてあげた。
修理合計額、私の車が新車の頃の価格の2倍。これでも激安。
着信がすごいが、知らん。
近々オーバーホールしなきゃなぁ~と考えてた矢先の出来事。



続きを読む

今妊娠中、お腹の子は女の子。トメが「亜璃詩亜」「亜瑠杜」「シセリア」「ファミリア」とか書いた紙を持って来て「これどう?」ってニコニコ言ってきた...

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
407: 名無しさん@HOME 2009/04/24(金) 10:38:14 0
今妊娠中、お腹の子は女の子。
トメが「亜璃詩亜」「亜瑠杜」「シセリア」「ファミリア」(漢字忘れた)とか書いた紙を持って来て
「これどう?」ってニコニコ言ってきた。
「あ…るしあ?ある…もり?」
「アルシアちゃんとアルトちゃんとシセリアちゃんとファミリアちゃん!どう?」
子供の名前の事ですかね。
そいや最近トメ友の娘が孫にエラいキラキラDQNネームつけて羨ましがってたっけな。

「う~~ん、何か頭悪そう!発音だけで選んで漢字に何の意味もない上に思い入れも無いね!
発音だけで選ぶならポッチャマかヒコザルがいいなーwかわいくってww
でもホントにこれ大昔の暴走族みたい!世露死苦!みたいな?wwww
何かほら、金髪で子供も金髪にして夜中居酒屋とか連れまわしてて、
すっごい非常識で、子供をペットみたいに扱って、
離婚して男と同棲して、虐待死とかさせる親が付けそうな感じ!
犬にでもつければいいのに、こんな変な名前ーアハハハハーー
ああーでも犬でもヤダなーwwwバカっぽくてーwwwwみっともなーーいwww
ファwミwリwアwwwwwねーーよwねーよwwありえねーーwwwww
子供の名前で親の教養や家柄が分かりますよねーー!
一流私立の子はこんな名前の子居ないんだってーーwww
当然だよねーーwwwバカみたいだしーww
家なんか大した家じゃないのに、これ以上落としたくないーーwwww
あ、てか何ですか、これ。
もしかしてトメさんの友達の孫とかの…名前…ですか?」

トメは「ううん、何でもないのよ」ってひきつった笑いで帰って行った。

実際にあるしあちゃんやあるとちゃんやしせりあちゃんやふぁみりあちゃんの親が居たらごめん。
でも悪気はないのよ~?
悪意だけなの~。



続きを読む

トメ「やだー間違って嫁子の海鮮丼温めちゃったわーwごめんねーw」夫「俺の弁当食え」トメ「まああ嫁子にはずいぶん優しいのねっ!私そんな優しくされた事ないわっ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
608: 名無しさん@HOME 2009/04/13(月) 17:35:30 0
トメがデパートの駅弁祭りに行って夕飯にお弁当を買ってきた。
トメとウトは釜めし、私と夫には海鮮丼。
さあ食べましょうか、と言う時触ったら海鮮丼が熱い。
わざわざ私のだけ、いくらやウニが乗っかった鮨弁当をレンチンしたトメ。
「うわっ何これ!!」と言うと、「やだー間違ってあっためちゃったーwごめんねーww」と。
一瞬で空気が凍り付き、ウトと夫と私の冷たい視線がトメに注がれたら
トメ焦って「何よ、間違っただけじゃない!」と逆切れ。
夫が「じゃあなんで俺のは冷たいんだ?あ?」というと
「だから間違ったの!!」とキレまくった。
ウトと夫が「俺の弁当食え」「いや、俺のを」と申し出てくれて、
それが又トメの逆鱗に触れ、
「まああ嫁子にはずいぶん優しいのねっ!私そんな優しくされた事ないわっ!」
と本気で半泣きになってた。
私は「まぁまぁ、それは夫君とウトさんが召し上がってください」と笑顔でいい、
「でも…」という二人に
「私はこれ食べますからー」とトメの釜めしとほかほか海鮮丼を交換し、
皆「そうだそうだ、それがいい」と和やかに食事。
トメは「ちょっと!!返しなさいよ!」と切れまくってたけど知らんぷりw
「釜めしおいしいですね、これ」
「カニがいっぱいのってるなぁ。嫁子、親父、ほらおすそわけ」
「おお、じゃあこっちの煮物をやる」
「タコやわらかーー!夫君食べてみてよ!」
結局トメは「私が若い頃は~」とか言いながら、食べずに部屋にこもったんだけど
お弁当、ふた開けたらいくらは真っ白。
で、よく見たら夫が食べたものよりもすっげーランクの低い弁当だったw
夫のは生うに、たっぷりいくらにサーモン、カニほぐし身の上にでかいカニ足2本だったけど、
こっちのはいくらがちょびっと、カニほぐし身、サケフレークのみw
トメ抜かりなし!!

続きを読む

コトメ「その服は我が家にふさわしくない!!私が着てやるからよこせ!!ついでに前に着てた(ブランド)の靴もよこせ!!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
47: 名無しさん@HOME 2009/04/07(火) 23:06:51 0
ウトメは良なんだけど、コトメがとにかく毒
何かと私に突っかかってきたり、お前は何処のクソトメだ。みたいな事をして
ウトメ&旦那に見つかって〆られ部屋に引きこもる。を繰り返すが懲りない
で、先日も良ウトメに実家から送られてきた食料品をおすそ分けに行ったら
コトメに、「ちょっと嫁子さん!!!なにその派手な服!!!」とフジコられた
言うだけ言わせ、翻訳してみると「その服は○○家にふさわしくない!!!!」
「私が着てやるからよこせ!!!」「ついでに前に着てた(ブランド)の靴もよこせ!!!」
と言うので、素で「え・・・コトメさん、本気でそんな事言ってるの?体重が倍以上違うのに?
それに、私そんな百貫デブが着れる服持ってません!!!」と言ってしまった。
コトメなんだかブヒーブヒー泣きながら部屋に走ってったけどシラネ
大体、体重3桁チャンが着れる服なんか持ってねーよ!!

続きを読む