このエントリーをはてなブックマークに追加
体験談募集中!
修羅ママ速報では、あなたが体験した義実家トラブルやスカッとした話を募集中!
ご提供頂ける方は、こちらからお願いします!!!
PickUp記事
最新コメント

GJ

義理家「子供はまだか!」旦那「あ、俺種なしだからw」私「あ、私も石女っすからw」義実家「ポカーン」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
159: 名無しさん@HOME 2007/05/09(水) 20:59:11
結婚以来8年、義理家からの「子供まだか」攻撃が強弱あれど
すごかったが、夫婦ともひたすらスルー。
うちは「できればOK、できなくてもOK、外野はスルー」のスタンス。
しかしあまりにうざく、果ては私に「調べてみたら」とまで言ったので
そろそろしっかしめとくかと口を開きかけたところ、
「あ、俺種なしだからw」と旦那が。

義理家ぽかーん。私もとっさの反応が出ずぽかーん。
しかし、一瞬の呆然の後、旦那だけ悪者にしちゃいけないと思い、
「あ、私も石女っすからw」と言った。

その後は夫婦で
「いやー新婚時代に仲良く風疹にかかったしねー」
「いやー毎年二人で仲良く40度だしてるしねー」
「いやーもう精子死んでるねーw」
「いやー畑も枯れてるさーw」
と夫婦漫才。以降、子供攻撃はなくなりましたw
私を守ろうとか?単に周囲がうざかっただけか?不明ですが、一応
助けてくれた旦那には感謝。
その1年後、子供が授かりました。

続きを読む

【前編】トメ「料理もろくに出来ないなんて~こんな人に老後の事なんて任せられるのかしら~?」私「お世話は絶対無理なんで、今のうちからお金貯めておいてくださいね☆ウフフ」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
24: 名無しさん@HOME 2007/04/27(金) 16:18:53
とりあえず昨日の出来事。
久しぶりに旦那実家へと出かけた。
私の実家からの旅行土産を持って、仕方なく行きましたよ。
お昼時だったのでトメの手伝いで台所に。
するとお決まりの「これはこうやるの!」オンパレード。
料理の腕はあくまで普通のトメ。しかし口調だけはプロw
いつもの事なので黙っていたら、いきなり怒鳴られた。
「聞いてるの!?本当にトロいわね!」
「料理くらい出来ないのかしら!!」
ここは軽く謝ろうと思ったら旦那がやってきて
「あのさ、嫁子は料理得意だから。言ったでしょ?
 調理の専門出てるって。ちなみに調理師免許も持ってるよ。」
と、真顔でトメに詰め寄ってくれた。
フン!ってな感じで黙ったトメ。
しかし旦那が庇ったのが気に入らなかったらしく、食事中にグチグチと…
一旦切ります。

続きを読む

実母「姑って嫌ですわよね~。気を使うし~」トメ「えっ?」実母「私はもう26年も一緒に住んでるんですけど、家でも全然気が休まらないんですよ~」トメ「え、ええ...え?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
302: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 21:29:53
自分が言った事じゃないんだけど、、、どこに書けばいいか迷ったのでここに。

3年間付き合って、この春に入籍しました。
付き合ってる当初から、トメはいきなり私を「嫁子!!ほら嫁子!!」って
呼び捨て。「その服、へんだね~」「臭いよ、あんたの香水!!」などなど結構けなされていました。
けなされれば旦那が少しですがフォローしてくれたりしてたので、
そんな落ち込まずにいれました。(イラッとはしましたが・・・)

そして、先々月に結納をしたんですが、その席でのトメはいつもの口の悪いトメとはうってかわり、
おしとやかな口調。あきらかに外面な表情でした。
美味しい料理を食べ、結納も終盤になってきたところに私の実母がいきなり

実母「姑って嫌ですわよね~。同居なんて気を使うし~」
トメ「えっ?」
実母「私はもう26年も一緒に住んでるんですけど、家でも全然気が休まらないんですよ~」
トメ「え、ええ、、、え?」
実母「同居って、本当大変ですよね~・・・姑なんていらないですよねえ・・・(しみじみ)」

私・旦那→ぼーぜん
ウト・実父→酔っぱらってて聞いてない。

その次の日から、トメの私に対する口調が大変よくなりました。
ちなみに、トメの年は63歳、私の母は51歳。そして私の実家には85歳の祖母がいる。
自分がトメ持ちで嫌な思いを沢山してきたから私を心配してくれたんだろうか?それとも天然か。
とてもスカッとしたのを未だに忘れられない。

続きを読む

偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに、毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に、嫌がるわたしを連れ出そうとした夫

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
270: 名無しさん@HOME 2007/04/19(木) 13:48:39
偽実家と確執が深まって絶縁寸前まできてしまったわたしに
毎年恒例だからと偽両親&コトメ家族たちと寿司屋での会食に
嫌がるわたしを連れ出そうとした夫。

「ウニでもイクラでも好きなもの好きなだけ
食べていいってとうさんも言ってるからさぁ、
おねがいだから形だけでも来てよ」

例年はわたしが率先してわが子とコトメ子たちの世話もしていたので、
食べるものは子どもたちが食べ残したシャリとかだけだった。
でも、もうそんな気遣いなんか誰がするか!
お言葉どおり、好きに食べてやる。

というわけで今年は自分の子どもの世話は夫に丸投げ、
コトメコの面倒だってまるで見ずに、
遠慮せずに思い切りあぶり中トロだのブリだの
ばかすか注文しまくって腹一杯ご馳走になった。

「嫁子さんって少食じゃなくなったんだね」とぼそりとつぶやくウト。
こころなしか顔面蒼白気味。

わたしが少食だったわけじゃなくて、今までは遠慮してたのと、他人の世話で
食べたくても食べられなかっただけなんだよ。

以来偽実家から会食のお誘いはない。

続きを読む

トメ「私の立場も考えてちょうだいよ」私「...この際だからはっきり言いますけど、トメさんの立場はどうでもいいです、私。」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
822: 名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 23:34:25
トメと完全同居してます。
自分達のついでなので一緒にトメの分も洗濯し
トメ向けのおかずも作り(旦那の酒のつまみにします)
自分達のついでにトメの用事もすませてあげてました。
(そんなことしてやらなくていいという意見もあるでしょうが
所詮「ついで」の雑用ごとき、私も苦ではないし無駄な諍いをしたくないので)

ところが「×日、買い物に行くから車だして」と。
「その日は友人の結婚式によばれてるから駄目です」
「だって××さんと○○さんに言っちゃったんだもの」
「(また勝手な約束を…) タクシーで行ってください」
「私の立場も考えてちょうだいよ」
「…この際だからはっきり言いますけど、トメさんの立場はどうでもいいです、私。
夫くんが大事だからトメさんのこともお世話してるし尊重してますけど、
私個人が率先して、好き好んでやってるわけじゃありません。
トメさんのことは嫌いじゃないですけど、
タクシー呼ぶ位でどうにかなる立場のことまで私に期待しないでください」

ふじこって帰宅した旦那に文句言ってたけど
「嫁に日頃の感謝が足りない」と逆に諌めてくれてました。
「母さんがわがままですまないな」と後で謝ってくれましたが
「言うのは勝手だから、聞かないのも私の勝手。平気だよ」と答えました。
旦那は私を冷静な奴だと思っているようですが
実際はどうでもいいと思ってる人が何か言っても腹が立たないんですよね…。

腹がたってないのでスカッとしたわけじゃありませんがカキコ

続きを読む

私「ここにある分とアレ(トメ)もお願いできるかしら?」回収業者「アレはちょっと困ります」トメ「嫁子!!あんたっ!」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
811: 名無しさん@HOME 2007/04/14(土) 22:46:48
今日の昼のこと。いつも、ちょっと人をバカにしたような態度のトメ。その矛先は私なわけで、ちょっと私が「ムカッ」って顔をすると決まって「あらやだ、冗談よ!嫁子は冗談もわからないの?」ニヤニヤ。と、くる。
そんなトメが「ちり紙交換が来るから、あんたんちの古新聞持ってきなさい!」と言うので持って義実家へ行った。
ちょうど到着の回収業者にトメが「あんた、遅いわよ!」とわめいていた。
「すいません。急だったので……」と言いながら業者のお兄さんに古新聞を渡しながら「ここにある分とアレもお願いできるかしら?」とトメを指差し言った。
業者のお兄さん「アレはちょっと困ります」(真顔)
トメ「嫁子!!あんたっ!」と顔を真っ赤にしながら「私がいないとこの家だって息子ちゃんだってさびし……ふじこふじこ」と真剣に自分の価値について語るので、「あら、やだわ。お義母さん。お義母さんの好きな冗談ですよ」

業者のトラックが走り去る中、トメ「あぁ……」

ちょっとドキュかもしれませんが、すっきりいたしました。

続きを読む

いつものように嫌みと自慢三昧のトメに、娘がスカッと一言

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
746: 名無しさん@HOME 2007/04/13(金) 10:10:17
いつものように嫌みと自慢三昧のトメに、娘(トメにとって孫)が抗議した。

「ばあちゃんはおかあさんひとりにお炊事もお洗濯もお掃除もやらせてるよね。
それなのにお母さんには優しくしてあげないんだね。
お母さんが泣きそうになってもいつもガミガミ言うよね。
わたしだってお手伝いしてるのに、ばあちゃん忙しいっていってテレビ見てるよね。
ばあちゃん、村でも評判の働き者だったんじゃないの?」

「あたしはもうたっぷり働いてきたからもういいんだよ。
『情けはひとのためならず』って言うんだ。
若い頃には苦労して働かないと、人間がダメになる」と偉そうに言うトメに、

「『情けは人のためならず』っていうのは、よその人に優しくしておくと
巡り巡って自分に返ってくるから、
他人には情けをかけておきなさいっていう意味なんだよ。
ばあちゃん、小学校でも中学校でもいつも一番だったんでしょ。
頭がいい人が、間違ったことを言っちゃダメだよ。」と、娘。

「情けはひとのためならず、巡り巡って自分のためなんだから、
お母さんのお手伝いしたらばあちゃんにもいいことあるよ。
ぼけないために体も手先も動かした方がいいっていうしさ、
さあ、ばあちゃん、いっしょに庭の草を引っ張ろう!」

と、娘はいやがるトメをコタツから引きずり出して、
庭の掃除に駆り出してくれた。

続きを読む

トメ「嫁は夫第一!夫の言う事に従え。嫁は慎ましく大人しく云々...」弟嫁「つーか、トメさんも基本嫁ですよね。なんでそんな態度デカいんですか?」

Share on Tumblr
このエントリーをはてなブックマークに追加
9: 名無しさん@HOME 2007/04/04(水) 18:45:35
旦那弟嫁のスカですが。

義弟嫁は歳も若くて(21歳)見た目ちょっとDQ風味だけど、
見た目とは別に、実に素直な子。
トメは若い嫁だから、いいなりになるとでも思ったのか
私と義妹ちゃん呼びつけて、料理講習やら「嫁のつとめ」(トメ作)やらを
披露するようになった。

今日も「○○家伝統の煮豆」講習に呼ばれて渋々義実家に行ってきた。
煮豆もほぼ完成して、煮えるのを待つ間、
新作の「嫁のつとめ」を聞かされてると
「嫁は夫第一!夫の言う事に従え。嫁は慎ましく大人しく云々…」
の話になったところで、弟嫁ちゃん
「え?じゃあ煮豆いりません、夫くん大嫌いだって言ってたから」
「つーか、トメさんも基本嫁ですよね。なんでそんな態度デカいんですか?」

私、笑いこらえきれずに爆笑。
トメ、煮豆鉄砲くらった鳩みたいな顔でした。

煮豆出来上がってなかったけど
「そろそろ子供のお迎えの時間なんで帰ります~」って言ったら
弟嫁ちゃんも
「夫君ハンバーグ食べたいって言ってたから、私も買い物行こうっと」
って一緒に帰ってきた。
次回の講習、あるのかな?

続きを読む